FileMaker

2009年1月 6日

FileMaker Pro 10 新発売

FileMaker Pro 10 が1月6日に発売になりました。
最近、FileMaker の動向をウォッチしていなかったため少し驚きです。

詳細はプレスリリースを参考にしてみてください。

FileMaker Pro 10 新発売
スマートな新インターフェース、レポーティングと自動化の画期的な新機能

20090106詳細に関しては、製品概要のページを参考にしてください。
FileMaker のデータベース アプリケーション | FileMaker Pro 10

続きを読む "FileMaker Pro 10 新発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日

ファイルメーカー株式会社 Bento 2 を発表

Callout_bot_bento2ちまたでは、新型 MacBook で話題が持ちきりですが、個人的にはファイルメーカー社から発表になった、Bento 2 に興味があります。

プレスリリースをご紹介します。
人気の Mac 用パーソナルデータベースが、Apple Mail とリンク
Excel、Numbers、AppleWorks と連動
スプレッドシートスタイルの機能を数多く追加

詳細に関しては、製品概要のページを参考にしてみてください。

Bento の基本コンセプトは、Mac の中に有る全てのデータを有意義に利用する為、データベースを意識せずにデータベース化するソフトです。

続きを読む "ファイルメーカー株式会社 Bento 2 を発表"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月14日

FileMaker, Inc. の Bento

ファイルメーカー株式会社の インフォメーションメールにて、パーソナルデータベース「Bento」の案内が来ました。

FileMaker, Inc. が、Bento をプレビュー開始
Leopard 対応の、スタイリッシュな パーソナルデータベース

インフォメーションによると、Mac OS X 10.5 Leopard 専用との事で、OS に近い機能を利用しているのでしょうか。
基本的には、iCal のデータとか、アドレス帳等のパーソナルデータを自動で取込み一元管理出来るような雰囲気です。

インフォメーションの一部を引用します。

  • 連絡先の詳細情報を大量に管理
  • イベント、パーティー、募金活動などのコーディネート
  • プロジェクト,担当業務、締め切りのトラッキング
  • 関連情報の結びつけ
  • やるべきことの優先順位の管理
  • 在庫目録、寄付目録、商品カタログの作成
  • 就業時間や給与支払いの記録
  • サービスのプロバイダや売り手のランク付け
  • 音楽、映画、各種メディアのライブラリ作成
  • プロジェクト/イベント関連のファイルや写真の保管

Mac OS X 10.5 Leopard を利用しており、興味が有る方はプレビュー版をダウンロードする事が出来ます。

はじめまして。Bento — 詳細

基本的に、ファイルメーカーのソリューションと言うよりは、別ソリューションの製品のように思います。個人的にとても興味が有ります。ただまだ Mac OS X 10.5 Leopard をインストールしていませんのでもう少し様子見です。正直な所、Mac OS X 10.5 Leopard も様子見なんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日

ファイルメーカーのサンプル

mixi で話題になったので、やっつけ仕事で作ってみました。

mixi にて、歌謡コンクールの結果上位30件を抽出、住所ラベルを作成したいとトピックが有り、エクセルで作れるという話も有りましたが、エクセルよりはファイルメーカーの方が向いていると思いますので、サンプルを作った次第です。

サンプルですので、見栄えは気にしていません。機能をご確認ください(^^;;;。
また、上位抽出機能は単に、レコードメニューの「複数レコードを対象外に...」の機能を使っているだけでスマートでは有りません。基本的にやっつけ仕事ですので作りは雑です(^^)。
また、動作やスクリプトは判り易くする為に、自動化、不可視化は行っていません。

上位抽出方法

  1. 結果一覧ページにて
  2. 「上位抽出」ボタンをクリック
  3. 【番号で指定】とダイアログが出ますので、抽出したい件数より1件多い数字を入れてください。その際に右に出ている総件数を覚えておいてください。
  4. 例としてサンプルファイルで、上位 3 件を抽出するとします。その場合 4 と入れてください。
  5. 複数レコード除外のダイアログが出ますので、総枚数から抽出したい件数を引いた数を入れてください。サンプルでは12件有りますので、12-3 で 9 になります。
  6. 除外ボタンをクリックすれば、上位 3 件以外が除外されます。
  7. 除外され状態で、ラベル印刷を実行すれば上位 3 件のみのラベルが作成できます。
  8. カード入力に戻れば、除外は解除されます。

ファイルは、Mac OS X 用の FileMaker8.0 で作成しています。
基本的に、Windows の FileMaker でも利用できます。但しレイアウトが崩れるかも知れません。
サンプルファイルを開くには、FileMeker が必要になります。評価版をファイルメーカー社のホームページよりダウンロードする事が出来ます。

FileMaker 評価版のダウンロード

改ざんは自由とします。
色々試して見てください。もっとスマートな物になればフィードバックして公開して頂けると嬉しく思います。

やっつけ仕事で制作した事をご理解して頂き、以下のリンクよりダウンロードしてください。

「コンクール結果上位抽出」(ファイル名 competition.fp7.zip)をダウンロードする。

ファイル直接のダウンロードするには問題があるみたいですので、zip にて圧縮しました。
Mac OS X の環境で有ればダウンロードが完了すれば自動で解凍されると思います。
ファイルのダウンロードが出来なかった方、ファイルが開けなった方は、コメントを残してください。
Mac OS X の環境でファイルをダウンロード後、ファイル名が「competition.fp7.txt」となっていたら「competition.fp7」と修正してください。ファイル名を修正する事でファイルを開く事が出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日

FileMaker Pro 8.5

ファイルメーカープロが、8.5 にバージョンアップしました。
実は先日(6月末に)、ファイルメーカープロ8.0 にバージョンアップしたばかりで少々ショックです。6月末にバージョンアップしたのは、バージョンアップの有効期限が6月末だった為、ギリギリにバージョンアップしたのですが・・・。

バージョンアップの主なの理由は、Intel Mac への対応だと思いますが、他に「FileMaker Webビューア」(Web Viewer Control)の機能が目を引きます。何でも web 上のホームページデータをファイルメーカー自身でブックマークするように、データを取込み、保存、検索が出来るようになるとの事です。

以下に参考リンク
新製品 FileMaker Pro 8.5ライブのWebデータをオンデマンドで利用可能
Intel Mac対応のFileMaker Pro新版リリース
子育てSOHOオヤジ量産プロジェクト[112]FileMaker 8.5登場!!〜その1:概要〜
子育てSOHOオヤジ量産プロジェクト[113] FileMaker 8.5登場!! 〜その2:Webからテキストを抜き出す/茂田カツノリ

#日刊デジタルクリエイターズ さんのサイトは見づらいと思います(^^;;。茂田さんの記事をなかなか見つけられませんでした。メルマガを単にブログにしているから読み辛いのかな??

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年9月25日

FileMaker Pro 8

FileMaker Pro 8 はアメリカ本国では、少し前に発表になっていましたが、日本でも正式に発表になりました。

新製品 FileMaker Pro 8 を販売開始

基本的に FileMkaer Pro 7 と互換になり、拡張子も .fp7 との事です。
正直な所、FileMaker Pro 7 から、Pro 8 へのメジャーアップデートは早いと思います。憶測になるのですが、FileMaker Pro 7 での色々な不具合を修正し、予定より早くのバージョンアップのように思えます。
機能も大幅に追加になっているみたいです。

アメリカ本国のサイトですが、FileMaker Pro 8 の評価版がダウンロードで来ます。

free 30-day trial of FileMaker Pro 8

ご興味が有る方は試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月16日

画像の共有

FileMaker Pro7 を利用して画像データベースを構築しました。

作成した物は、扱っている商品のデータベースになり画像を2枚パスで表示させています。
要望として1階と2階のパソコンでデータベースを共有させたいとのこと、FileMaker ではインスタント web という機能が有りますが、今回は2台のパソコンに個別に FileMaker を準備して頂き、共有ファイルでデータベースを共有するようにしました。基本的な LAN 環境及び、画像ファイルは共有ファイルで見ることが出来るようになっています。

問題発生
基本的には問題なく画像データベースは構築できましたが、2台目パソコンから共有ファイルを開くと、画像が表示されませんでした。

原因
色々確認した所、1台目パソコンから見た画像のパスと、共有ファイルを開いている2台目のパソコンからでは画像のパスが違うため、画像が表示出来なくなっていました。
原因が解るまでは悩みました。画像は1台目のパソコンに保存されています。1台目パソコンでは問題なくパス指示で表示出来ており、2台目パソコンも1台目のファイルを開いているため、画像へのパスは同じだと思っていましたが、結果違っていいました。

解決策
一番理想なのは、サーバを準備して FileMaker も画像もサーバに置く。この案は予算的に無理。
現実的には、画像の入っているフォルダを共有フォルダにして、1台目のパソコンで直接パスを指示せず、マイコンキュータ経由で、画像を指定します。マイコンピュータを経由させることで、2台目でも同じパスになり画像が表示できるようになりました。

また、画像の入ってフォルダをネットワークドライブに指定し、画像を指定します。この場合もパスが同じに2台目のパソコンでも画像を表示させることが出来ました。

他に LAN に対応したハードディスクを利用する方法も有ると思います。

データベース自体それ程凝ったことはしていませんが、画像をパスで指定し、2台目のパソコンで表示がさせるのに苦労しました。

参考になればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 7日

FileMaker 練習サンプル

ファイルメーカーのサンプルファイルとして仮想の請求書を作成してみました。

ファイルメーカーの機能で、リレーション、ルックアップ、値一致、ボタンの設置、簡単なスクリプト等を含んでいます。
ファイルメーカーのバージョンは、FileMaker Pro7.0 用です。

FileMaker Pro7.0 の評価版は、ファイルメーカー社のサイトよりダウンロードすることが出来ます。
評価版ダウンロード

「fm7.lzh」をダウンロード

アップロードしたファイルは lha 圧縮してあります。
ファイル構成は、あえて複数のファイルで構成してあります。
後日、FileMaker Pro7で1ファイルに纏めたものと、FileMaker Pro6 用のファイルも用意出来ればと・・・。
開発は Windows で行いましたが、Macintosh でも利用できると思います。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年3月18日

Data Base

Data Base(データベース)と言うと何を思い浮かべますか。
余りピンと来ないと思いますが、身近なものとして住所録が有ると思います。多くの人は年賀状作成ソフトを利用しいると思いますが、年賀状作成ソフトの住所録はデータベースになります。
また、エクセルで住所管理していれば、これもりっぱなデータベース。
他に紙のノートに書いて管理している住所録もデータベースだし、家計簿を付けていればこれもデータベースです。
余り気に留めてもなくとも、身の回りに多くのデータベースが有ると思います。

今回久し振りに、FileMaker で簡単なデータベースを作成してみました。
商品の管理用データベースと、顧客住所録、取引先の住所録です。アクセスで作られていた物なんですが、商品の管理用データベースで画像が使われているのでファイルの容量が肥大化しているのと、使い勝手が良くないとのことで FileMaker で新規に作成しました。アクセスでも画像を直接読込まずに、画像へリンクするように改造すればファイルの肥大化は避けることは出来ると思いますが、FileMaker で作成してみました。

FileMaker に興味を持って頂ければ、アマゾンでレビューを書きましたので、参考にしてください。

アマゾンの個別リンクがインラインフレームになっています。これ何とかならないでしょうか?数字を変更しても反映しないみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月21日

FileMaker

データベースソフトって使っていますか?データベースソフトといえば、Microsoft Access だと思いますが、最近はFileMaker を積極的に勧めています。
理由としてはやっぱり、扱いやすいと思います。住所録や、FAX送信記録、請求書、見積等等は全て FileMaker で運用しています。

Access の場合、始めにテーブルのデザイン(設計)を行ってから、データ入力、閲覧のフォームの作成が必要になりますが、FikeMaker の場合はファームを作りながら、テーブルが作成出来ます。また出来たフォームは、FileMaker はカードをイメージしますので、カード型データベースと呼ばれていました。

ただ、手軽に作成が出来てしまう為に、データベースの基本が疎かになってしまう事が有ります。
単に住所録程度なら問題は少ないと思いますが、リレーションとか考えた時は、データベースの基本的な概念を理解していないと難しくなってしまうと思います。その点 Access だと始めからデータベースとは構え、制作に入りますので、データベースの概念を少しは意識しますが、FileMaker はデータベースの概念を意識しないで制作出来てしまうのが利点でも有り、欠点でも有ると思います。

Access でも FileMaker でもデータベースの概念が必要になります。最近読んだ本で参考になる書籍を紹介しておきます。



データベース村へ,ようこそ


データベース村へ,ようこそStandard Technology Books

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧