« Flifboard 日本語化記念 | トップページ | メールが送信出来ない。 »

2012年7月 7日

WebARENA SuiteXへWordpressのインストール

今までお客様にレンタルサーバはファーストサーバ株式会社をお勧めしておりましたが、平成24年6月20日の大規模障害発生に伴い、被害に遭われたお客様がファーストサーバ株式会社との契約を打ち切り、改めてNTTコミュニケーションズの WebARENA 共有サーバ SuiteX を契約、Wordpress のインストールで少し手間取った為、覚え書きを記録しておきます。

ちなみに WebARENA は平成23年5月にクラウドサービスで障害を発生させています。
お客様が WebARENA を選択した理由はファーストサーバ株式会社とでは会社規模が違うとのこと。

WebARENA SuiteX のサイトを確認した所、Wordpress の利用は問題ないことは事前に確認していましたが、実際作業を行うといろいろ手間取りました。

WebARENA で Wordpress を設置する際の覚え書き

1,WebARENA 提供 WordPress をインストールすると、インストール先の階層が深い。
  WebARENA では、Wordpress は cgi プログラムの1種として扱われている。

2,平成24年7月現在、WebARENA で用意されている、Wordpress のバーションが古い。
  また、バージョンアップさせると起動させることが出来なくなる可能性がある。

3,平成24年7月現在、Wordpress を稼働させるスペックとして、Wordpress3.4.1 の場合
  PHP のバージョン 5.2.4 以上、MySQL バージョン 5.0 以上となっている。
  WebARENA SuiteX の機能ページを確認すると。
  http://web.arena.ne.jp/suitex/spec/index.html
  PHP のバーションは「Version 5」とだけ表記されている。
  MySQL のバーションは「5.1 データベース数3つまで」と表記されている。


Wordpress をインストールする為に
事前作業
WordPress にてサイトを構築する為深い階層にインストールされてしまうのは困る、トップディレクトリ直下に Wordpress を格納するディレクトリを作成しプログラム1式をアップロード。

MySQL の確認
SuiteX では標準で MySQL が3個まで利用出来る。
全て手作業でインストールを行う為、事前に MySQL を起動させておく必要がある。

サイトマネージャーから、「WEB & FTP 管理」「MySQLのON-OFF」より管理画面に入り、MySQLを「ON」にすることで設定完了、Wordpress を設定する上で必要になる「データベース名(DB名)」「データベースユーザ名(DBユーザ名)」は事前に用意されている。

Wprdpress のインストール
初めての作業になるため、wp-config.php の生成が必要になります。
現在のバージョンでは、wp-config.php はウィザードに沿って指示に従えば wp-config.php が生成されます。 Wordpress をインストールしたディレクトリにアクセスした所、以下のメッセージが



サーバーの PHP バージョンは 5.1.6 ですが WordPress 3.2.1 は 5.2.4 以上のみでご利用になれます。


PHP のバーションが低いとのこと・・・。
Wordpress は出来るだけ最新版が利用したいと思っています。
上記の件に関して、WebARENA SuiteX のオンラインマニュアルを確認した所、一番下にある「その他CMS/グループウエア」の項目に「WordPress3.2.X」の表記がありました。

オンラインマニュアル
http://web.arena.ne.jp/suitex/support/manual/index.html

「.htaccess」ファイルを作成する事で、PHP5.3が利用出来るようになり、上記のメッセージが出なく無くなりました。
他に wp-config.php にメモリの割り当ても記載するようにと有りました。

wp-config.php ファイルの生成(作成)
Wordpressを起動させた際、wp-config.php ファイルが無い場合ウィザードが立ち上がり、必要な情報を入力することで、wp-config.php が自動で生成させることが出来ます。
WebARENA SuiteX では自動生成させることが出来ず、wp-config-sample.php をベースに手書きで wp-config.php 作成しアップロードする必要があった。

まとめ
WebARENA SuiteX では WebARENA 側の用意した Wordpress をインストールすると、インストールされる階層が深くなる。

/app-def/S-***/(入力したディレクトリ)/

また、インストールされる Worpress は最新版では無く最新版にアップデートすると起動出来なくなる可能性がある。

Wordpress はトップディレクトリへインストールしたい。
Wordpress は平成24年7月現在の最新版を利用したい。

上記の希望を叶える為、WebARENA SuiteX のオンラインにマニュアルに沿って「.htaccess」ファイルを作成し PHP5.3 を利用出来るようにし、wp-config.php には割り当てもメモリーも記述する必要がある。

補足情報
Wordpress で構築するサイトはスマートフォン用サイトになる為、有料プラグイン「WPtouch pro」を購入しています。「WPtouch pro」を有効にすると、管理画面が真っ白になり動作が停止してしまいました。ちなみにフリー版の「WPtouch」は問題無く動作します。

画面が真っ白になってしまう件は、Wordpress のメモリ不足とのこと。
wp-config.php へのメモリ割り当てに関しては、オンラインマニュアルに沿って記述している為、問題ないと思っていましたが、ファイルの文末に記述していました。オンラインマニュアルでは「先頭付近」と書いてありましたので「先頭付近」に変更した事で、無事に「WPtouch pro」を起動させることが出来ました。少しお恥ずかしい話です。

|

« Flifboard 日本語化記念 | トップページ | メールが送信出来ない。 »

「web覚書き」カテゴリの記事

WordPress」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/55139695

この記事へのトラックバック一覧です: WebARENA SuiteXへWordpressのインストール:

« Flifboard 日本語化記念 | トップページ | メールが送信出来ない。 »