« Mac OS X 10.5.8 Leopard から Mac OS X 10.7 Lion へ | トップページ | jimdo(みんなのビジネスオンライン)カスタマイズ覚書 »

2011年11月23日

PogoPlug内蔵 Link Station cloudEdition

インターネットを計由してローカルハードディスクのようにファイル共有、編集が出来る。
PogoPlug内蔵 Link Station cloudEdition

ネットワーク対応のハードディスクを利用していると、複数のパソコンでファイル共有が簡単に行えます。ファイル共有に関してローカルの環境で有れば簡単なんですが、インターネットを経由して遠隔地とファイル共有を望んだ場合、技術的、セキュリティ的にとても難しくなります。

Lsceバッファローから、PogoPlug内蔵のLink Station cloudEditionが発売になりました。

今までのLink Stationでもハードディスク内のデータを「Webアクセス機能」で共有することが出来ました。「Webアクセス機能」とはインターネットを経由して、離れた場所にてファイル共有が簡単に行えます。

「Webアクセス機能」は写真、ビデオ等の共有は便利なんですが、ワードやエクセルのファイルを編集するには自分のパソコンにダウンロードし編集して、再度アップロードする必要がありファイルを編集したい場合は使い辛い製品です。

PogoPlugを利用することで、インターネットを経由しPogoPlugに接続されているUSBハードを公開し簡単に共有・編集することが出来るようになります。
PogoPlugにUSBハードディスクを接続し、専用のソフトをパソコンにインストールすれば、あたかもローカルネットワーク内のハードディスク感覚で利用出来る機器です。

PogoPlugを利用する場合、PogoPlug本体とUSBのハードディスクを個別に用意する必要があり、設置場所、配線、電源等が面倒です。またローカルの利用でもPogoPlug経由での利用になり、ハードディスクを有効活用出来ません。

PogoPlug単品はガジェット好きには良いと思いますが、一般利用での導入には躊躇してしまうかも知れません。

バッファローのLink Station cloudEditionは、製品本体にPogoPlugの機能が組み込まれており、機材も1個、電源も1個で済みます。ローカルの環境ではネットワーク対応のハードディスクとしても利用出来Mac OS Xでは「Time Machine」にも対応しています。

価格はネットワーク対応ハードディスクとしては少し高価かと思いますが、PogoPlugのライセンスが含まれていると思えば高い製品ではないと思います。
Link Station cloudEditionは今後普及するのではないでしょうか。

PogoPlugの機能を利用するには、PogoPlugのアカウントを取得(無償)し利用します。
PogoPlugのサーバを経由しますが利用金は発生しません。PogoPlugの場合は機材購入の費用のみで利用出来るのも魅力です。

【1ドライブモデル 2TB/1TB CS-Xシリーズ】

【2ドライブモデル 4TB/2TB CS-WV/R1シリーズ】

1.6GHz高速CPU、RAID1対応、外付けHDD増設


|

« Mac OS X 10.5.8 Leopard から Mac OS X 10.7 Lion へ | トップページ | jimdo(みんなのビジネスオンライン)カスタマイズ覚書 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/53314163

この記事へのトラックバック一覧です: PogoPlug内蔵 Link Station cloudEdition:

« Mac OS X 10.5.8 Leopard から Mac OS X 10.7 Lion へ | トップページ | jimdo(みんなのビジネスオンライン)カスタマイズ覚書 »