« Outlook のハイパーリンクが有効にならない。 | トップページ | PogoPlug内蔵 Link Station cloudEdition »

2011年9月11日

Mac OS X 10.5.8 Leopard から Mac OS X 10.7 Lion へ

メインマシンの PowerMac G5 が起動しなくなりました。
普通に利用していたら、レインボーカーソルが出てフリーズ。
嫌な予感がしましたが電源ボタン長押しで終了させ、再度起動させたら起動音の後グレー画面でリンゴのマーク、ギアが回る画面でフリーズ先に進まず。

今の時期、MacPro を購入するには抵抗が有った為、取りあえずつなぎ目的で Mac mini を購入しました。Mac mini Server にも心引かれる物が有りましたが、Lion Server は別途購入出来る為、価格優先で一番安価な Mac min を選択、メモリーは別途購入増設予定です。

以下に覚え書きを記録します。

業務で利用しているマシンになる為、Mac OS X 10.7 Lion へは来年以降を考えていました。

PowerMac G5は 2005年の Early 2005 Dual 2.0GHz, 512MB PC3200, M9747J/A でした。

故障箇所は HDD ではなくマザーボードか CPU 周りだと予想します。
DVD から起動させることも出来ませんでした。
Apple のサポートを確認した所、シリアルNo を入れた時点でビンテージ製品とのこと、サポートに電話しても修理は扱っていないとのこと。

都内で Mac のハードウェア修理をしているショップのサイトを確認した所、マザーボード交換でパーツ代及び技術料で5万円程度は掛かりそうです。
修理用のパーツも中古パーツになる為、修理に5万円かけてまた直ぐに壊れるのでは?と思い5万円なら Mac mini が購入出来るため、Mac OS X 10.7 Lion と IntelMac の Mac min を購入しました。

「移行アシスタント」の利用
バックアップデータは、外付け HDD に Time Machine データが有るので安心していました。

Time Machine を利用する際の注意
Mac mini を初めて起動させ、ユーザーアカウントを作成した後に「移行アシスタント」で Time Machine のデータ移行を考えた場合、移行前のユーザーアカウント名と同じユーザーアカウント名だと、アカウント情報を移行出来ません。
移行用に捨ても良いユーザーアカウントを用意した方が良い。

移行用のユーザーアカウントを作成し、「移行アシスタント」を利用してユーザーアカウントと、データを移行しました。アプリケーションは不安の為移行はしませんでした。

2時間程度でアカウントとデータの移行が完了しました。
移行されたアカウントを確認した所、最新のデータがない。
Time Machine のデータを確認した所、2010年の5月までのデータしかないことを確認。
多分、何らかの理由で Time Machine のスイッチを切っていただと思います。

この時点で Time Machine のデータは諦めました。

そこで何事も経験と気持ちを改めて Mac OS X 10.7 Lion のリカバリ(再インストール)を実行しました。

Mac mini を起動させる際に、[Command] +[R] キー で Mac OS X のユーティリティが起動し、オンラインでリカバリが行えます。オンラインでリカバリが出来るのが良いのですが、ダウンロードだけでも2時間以上かかりました。やはり事前に DVD のメディアを作成しておければと少しだけ後悔。

リカバリ完了後、初期設定で新規ユーザーアカウントを作成しました。
Time Machine のデータは古い為 PowerMac G5 本体に入っていた HDD を取り出しました。
PowerMac G5 では、300GB の HDD を2個搭載し RAID1 の環境でしたが、HDD を1個取り出し外付けHDDケースに入れ、USB で Mac mini に接続した所、HDD を認識しデータを確認することが出来ました。
これでデータは安心。

必要なデータは「デスクトップ」と「書類」フォルダ内にあるファイルと、「Mail」のデータが必要です。
他に可能で有れば優先順位として「キーチェーン」「iCal」「アドレスブック」「safari のブックマーク」のデータが救済出来ればと思います。結果全て救済して現状復帰が出来ました。

データは全て個人ユーザーアカウント内にある「ライブラリ」フォルダ内にあります。

情報が少し古いですが、下記のサポートページが参考になります。
http://support.apple.com/kb/HT2980?viewlocale=ja_JP

「Mail」
データ本体
~/ライブラリ/Mailフォルダ
メールアカウント情報(このファイルを移管しないとメールアカウントが移行出来ません)
~/ライブラリ/Preferences/com.apple.mail.plist


「キーチェーン」
~/ライブラリ/Keychains フォルダ


「iCal」
~/ライブラリ/Calendarsフォルダ


「アドレスブック」
~/ライブラリ/ApplicationSupport/AddressBookフォルダ


「safari のブックマーク」
~/ライブラリ/Safari/Bookmarks.plist


以上、フォルダ及びファイルを Mac mini の~/ライブラリ内、所定の所にコピーすることで環境を現状復帰出来ました。
後は、必要なアプリケーションとフォントのインストールです。

FTP ソフト:「Transmit 4」を利用しています。
Transmit 4 の FTP 情報は以下のファイルになります。
~/ライブラリ/Preferences/com.panic.Transmit.plist

パスワードはキーチェーンが管理しています。

以上。

今、上記の状態です。

|

« Outlook のハイパーリンクが有効にならない。 | トップページ | PogoPlug内蔵 Link Station cloudEdition »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/52704147

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X 10.5.8 Leopard から Mac OS X 10.7 Lion へ:

« Outlook のハイパーリンクが有効にならない。 | トップページ | PogoPlug内蔵 Link Station cloudEdition »