« CATV でアナログ放送が延命になる?? | トップページ | ウィルコム:どこでもWi-Fiを発表 »

2009年1月10日

総務省、接続料算定見直し

asahi.com にて

携帯通話料値下げへ 総務省、接続料算定見直し

20090110携帯電話の接続料とは、一般の契約者が直接負担する料金では無く、携帯電話会社間の料金になります。

ドコモから au もしくはソフトバンクへ電話を掛けた際に、ドコモから au 及びソフトバンクへ支払われる料金になり、他社間通話の場合に発生する費用です。

接続料に関しては基本料金、通話代に含まれており通話毎に個別に請求される物ではありません。

ちなみに、同一携帯電話会社内の通話が無料に出来るのは接続料が発生しないからです。

詳細は、asahi.com の記事を参照してみてください。

接続料金は、電気通信事業法で「適正な原価に適正な利潤を加えた額」との事で、自由に設定が出来るとのことです。
固定電話は、接続料の算定方法が厳格に定められているそうですが、携帯電話の場合算定方法や根拠を公表する必要が無く、携帯電話の料金を高止まりにしている原因の一つと言われているそうです。

実は、この接続料金の設定に関して、色々意見が出ており興味が有る方は「鈴の音情報局blog」様の「携帯会社の接続料の見直しに総務省が乗り出す」の記事が参考になると思います。

世の中知らない所で、色々有るだな〜と思います。

|

« CATV でアナログ放送が延命になる?? | トップページ | ウィルコム:どこでもWi-Fiを発表 »

「ニュース」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/43694935

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省、接続料算定見直し:

« CATV でアナログ放送が延命になる?? | トップページ | ウィルコム:どこでもWi-Fiを発表 »