« 仮想世界 Nicotto Town は流行るかも? | トップページ | 最近購入したリファレンス本 »

2008年10月 9日

ウィルコムの「どこでもWi-Fi」

ウィルコムとバッファロー、三洋電機共同で、ウィルコムの PHS 網を利用する Wi-Fi 機器が発売になるみたいです。

CNETJpan
ウィルコム、W-SIM内蔵の無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を発表


081009wifi_image_460

ゲーム機を対象にした Wi-Fi 機器みたいです。ウィルコムの月額通信費用が1,000円位だと嬉しいと思います。

この機器を利用すれば、iPhone 3G もソフトバンクの契約無しで利用出来るようになります。
気になる点は、ウィルコムの通信スピードです。通信スピードは契約のコース次第でしょうか?高速で安価なコースが有れば欲しいと思います。

関連リンク
無線LAN+PHSの小型AP「どこでもWi-Fi」、バッファローなど3社が発表

ITpro の記事によると、通信スピード 204kbps、電池の持ち時間は eneloop で約2時間程度、通信費は「新つなぎ放題(月額3880円)の価格以下、もしくはどこでもWi-Fi専用プランも考えられるが、現時点では未定」とのこと。
ちょっとガッカリ、「遅い」「短い」「高い」の三拍子揃ってしまっていると思います。

携帯可能な無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」発表


|

« 仮想世界 Nicotto Town は流行るかも? | トップページ | 最近購入したリファレンス本 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/42736987

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコムの「どこでもWi-Fi」:

« 仮想世界 Nicotto Town は流行るかも? | トップページ | 最近購入したリファレンス本 »