« Google Mapsで建物名まで判る | トップページ | Perfumeもいいけど、オバメタル・ライジング!! »

2008年7月26日

コンピューター用語表記変更のニュースに関して

コンピューター用語に関して、雑誌などでは長音記号を付けず「コンピューター」は「コンピュータ」「プリンター」は「プリンタ」と表現されており、自分なども文章にする際は、長音記号を付けず表記してきました。7月25日のニュースで。

ITmedia

「コンピュータ」→「コンピューター」に MSが表記ルール変更

との事で、今後マイクロソフトでは一般的に長音希望を付けて表記し、今後業界も表記を統一して行くとの事です。

この記事を読んで、なぜ今まで長音記号を付けずに表記していたのか疑問が湧きましたが、上記の記事で長音記号を付けなかった背景が紹介されていました。

長音記号を付けなかった理由は、コンピュータのスペックに関係が有ったそうです。記事の一部を引用します。

 従来の同社の外来語カタカナ表記ルールは、JIS規格の表記ガイドライン(JIS Z 8301)に沿っており、JISに規定されていないものは「2音の用語は長音符号を付け、3音以上は省く」ことを原則としていた。長音符号を極力省いて文字数を減らすことでテキスト容量を削減したり、文字面積を減らして画面を広く使うことができることもあり、工業界ではこういった表記が一般的だった。

今まで何も意識しないで、「コンピュータ」「プリンタ」等と表記してきました。何か業界のルールなのかなと思っていましたが JIS 規格で有り、コンピューター上で表記する際、少しでもテキスト容量を押さえる為の配慮だったとは知りませんでした。

今後は、「er」「or」「ar」などで終わる単語は原則、末尾に長音符号を表記するそうです。

|

« Google Mapsで建物名まで判る | トップページ | Perfumeもいいけど、オバメタル・ライジング!! »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/41973088

この記事へのトラックバック一覧です: コンピューター用語表記変更のニュースに関して:

« Google Mapsで建物名まで判る | トップページ | Perfumeもいいけど、オバメタル・ライジング!! »