« Apple PowerMacG5 に Bluetooth ユニット取付け | トップページ | Apple Worldwide Developers Conference »

2008年5月10日

SSL認証サイトログイン時、safari が落ちる

管理しているお客様のレンタルサーバにて管理画面の SSL サイトに入ろうとする、safari が落ちる問題が発生しました。

環境は以下の通りです。
Mac OS X 10.5.2
safari 3.1.1
レンタルサーバ会社:ファーストサーバ株式会社

経緯
サーバのシリーズ変更を行いました。シリーズ変更を行った事で、管理者の ID パスワードが変更になりました。その際管理画面のドメイン、URL は変更になっていません。

状況
サーバ管理画面コンフィグレータに、SSL で入ろうとすると、読み込みの状態で止まり数分後に safari が落ちます。
ちなみに、その際には ID とパスワードを求めるダイアログは表示されません。
また、同じく SSL で利用する WEB メールは問題なく利用出来る。

サポートへの相談
サポートに相談したところ、旧 ID パスワードで、アクセスしている記録が有るとの事、また、Mac の環境では、キーチェーンで問題が発生する事があるとアドバイスを頂きました。

問題点の確認
サポートと相談をしており気が付いたのが、SSL で入るコンフィグレータのドメインはシリーズ変更しただけですので、以前のドメイン(URL)と変わっていません。また以前コンフィグレータに入る際に、ID とパスワードはキーチェーンに登録していました。
サポートのお話だとシリーズ変更前の、ID とパスワードでアクセスしている記録が有るという事で、原因はキーチェーンに有りました。

問題解決
アドバイスを頂き、早速キーチェーンを管理している、キーチェーンアクセス(ユーティリティフォルダ内に有ります)を確認した所、旧の ID とパスワードが登録されており、コンフィグレータにアクセスした際に、キーチェーンが自動で登録されていた旧の ID とパスワードを送り、サーバから反応がなかったの為、何らかの原因で safari が落ちる現象が発生していたみたいです。

キーチェーンアクセスで、ID とパスワードを新しい物に変更した事で、safari も落ちる事も無く、コンフィグレータにログイン出来るようになりました。

キーチェーンは便利ですが、今回のような場合は注意が必要だと思います。
サポートに相談するまで、まったくキーチェーンに問題がある事に気が付きませんでした。

良いサポートをありがとうございました。

以上報告と覚書として記録しておきます。

|

« Apple PowerMacG5 に Bluetooth ユニット取付け | トップページ | Apple Worldwide Developers Conference »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/41160778

この記事へのトラックバック一覧です: SSL認証サイトログイン時、safari が落ちる:

« Apple PowerMacG5 に Bluetooth ユニット取付け | トップページ | Apple Worldwide Developers Conference »