« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月17日

東芝 HD DVD から撤退ほぼ決まりか?

東芝が次世代 DVD として推進していた、HD DVD に関して新聞初め各メディアで撤退を伝えています。まだ、2月17日現在は正式な発表がありませんが、ほぼ撤退は決まりように思います。

正直な話、Blu-ray DVDと HD DVD の争いはユーザ無き争いのように感じ、多くのユーザは次世代 DVD に関しては様子見だったと思います。

個人的には、Blu-ray DVD と HD DVD に関しては、Blu-ray DVD が主導権を握り、HD DVD も生きながらえ、Blu-ray DVD のドライブで、HD DVD が再生出来るようになるかと思っていましたが、思ったよりあっさりと東芝が撤退を決めたなと言う感想です。

Blu-ray DVD を開発したソニーは、ビデオテープ時代ベータ方式で苦杯したことが有るため、早々と松下をもグループに招き入れ、映画会社を巻き込みグループを強くしてきたと思います。

また、HD DVD に関しては利用者よりは既存の生産設備が流用出来るという側面があり、ユーザより生産者側の仕様の為、どうしてもユーザへのアピールが弱かったと思います。

昨年末からデッキの価格も低価格化が進み、熾烈な消耗戦に突入したと思っていましたが、1月にワーナーブラザースが Blu-ray DVD に一本化を発表した事で、撤退が決定的になっただと思います。

これで次世代 DVD は Blu-ray DVD に一般化決定で当面は安心して、DVD が利用出来るようになると思います。

ただ、もう Blu-ray DVD の次世代の声も聞こえてきていると思います。いつまで、Blu-ray DVD の時代が続くかは興味が有る所です。

東芝さんには申し訳ないのですが、東芝が撤退を決めた事で一安心した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日

CANON LIPS4 プリンタ Mac OS X 10.5 Leopard に対応

新年早々、メインマシンの PowerMac G5 に Mac OS X 10.5 Leopard をインストールしていました。
基本的に困る事は無かったのですが、Canon LBP-1610 に対応しておらず、印刷する事が出来ませんでした。

Mac OS X では対応していないプリンタに対して、オープンソースの「Gutenprint」にて、何とかなる場合もあるのですが、ネットワークプリンタで利用している為に、単にドライバだけでなくプリンタのネットワークインターフェースの関係もあり少しだけ試しましたが、キヤノンの正規版が出来るのを待っていました。
予定では2月末との事でしたが、試しに本日確認した所最新版が有りダウンロードして試した所、無事に利用する事が出来ました。

今までは、PDF に変換して Windows マシンで印刷していましたが、これで Mac OS X 10.5 Leopard も一人前です。eye

参考リンク
Canon:ソフトウェアダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日

Internet Explorer7(IE7)が自動配信開始

本日2月13日に、Internet Explorer7(IE7)が自動配信されるようになりました。
先ほど Windows Update を確認した所、Internet Explorer7(IE7)が自動配信に含まれているのを確認しました。今後 Windows Update が実行されると、Internet Explorer7(IE7)がインストールされます。

Internet Explorer7(IE7)の情報に関しては、マイクロソフトのサイトが参考になります。
Windows Internet Explorer 7: ホーム

また2月13日以降に、Internet Explorer7(IE7)のインストールが促される画面が表示されます。詳細は下記のページを確認してみてください。
Windows Internet Explorer 7: 自動更新インストールのお知らせ

Install_cap左記の画像が表示した時点で、インストールするか、しないかを判断する事が出来ます。


もしくは、事前に自動アップロードを阻止したい場合は、下記のページを参考にしてみてください。
Internet Explorer 7 の自動更新による配布

にて、「自動更新による配布をブロックするオプション」の指示に従い、「自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit)」を入手し、自動配信を止めることが出来ます。

Blocker Toolkit に関して。
Blocker Toolkit の実行に関しては、コマンドラインから操作が必要になります。操作の流れはダウンロードしたプログラムを解凍し、コマンドライン上から、該当のディレクトリ(フォルダ)に入り、

C:¥IE7BlockerToolkit_0816>IE70Blocker.cmd /B

と、プログラムを実行します。

上記の例では、ダウンロードしたファイル、IE7BlockerToolkit_0816.exe をダブルクリックして解凍します。標準ではユーザの Temp フォルダ内に保存されますので、C ドライブ直下を指定して、解凍します。その後、コマンドプロントを起動し、C ドライブに移動、IE7BlockerToolkit_0816 ディレクトリに移動し、IE70Blocker.cmd を実行した例です。

コマンドの実行が成功すると、下記のメッセージが表示されます。

Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved
Blocking deployment of Internet Explorer 7.0 on the local machine
操作は正しく終了しました

と出れば成功です。
メッセージが出ない時は、間違いが無いか確認してみてください。

IE70Blocker.cmd /B で自動配信を停止
IE70Blocker.cmd /U で自動配信を開始

となります。

参考サイト
Internet Explorer 7.0 への自動更新を無効にする

個人的は、Internet Explorer7(IE7) に変更してトラブルは有りませんが、会社等では利用しているシステムの関係上、Internet Explorer7(IE7)が不可の所もあるかも知れません。またホームページの表示が乱れる所もあるかもしれません。基本的にシステム側の対応を待つしか有りません。

Internet Explorer7(IE7) をインストールして、問題が有った場合は、キャッシュとクッキーを削除する事で解決した経験が有ります。Internet Explorer7(IE7) の調子が悪いと思った時は、キャッシュとクッキーを削除してみるのをお勧めします。

インストールした Internet Explorer7(IE7) は「プログラムの追加と削除」より削除する事が出来ます。不具合が多い場合はアンインストールをお勧めします。ただしアンインストールしても、自動配信を止めなければ、再度自動配信でインストールされます。ご注意ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 3日

エントリーの覚書

平成19年の年末から、いろいろばたばたしておりましてエントリーが書けません。書く事を忘れないように覚書を。

  • EPSON Endeavor Pro4000 iTunes、QuickTime が起動しない。
  • Windows XP 用自作マシン組み立て
  • IE7 自動配信停止作業
  • Knoppix を利用してデータの救済
  • Mac OS X 10.5 Leopard のインストール
  • インターネットサーバ停止、レンタルサーバへの変更

等々の記事を書きたいと思っていますが、まずその前にお仕事を優先します(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »