« IE7 降臨か? | トップページ | ユーザスタイルシート »

2007年10月 6日

ノートン360は何処に行く?

ノートン・インターネットセキュリティ 2008 が発表されています。

シマンテック、標準でPC3台まで使える「ノートン・インターネットセキュリティ 2008」発売

正直な所、ノートン・インターネットセキュリティシリーズは、ノートン360に切り替わるのかと思っていましたが、ノートン・インターネットセキュリティ 2008 が発表になり、ライセンスも3台になり、実売価格が6,400円前後、ノートン360が3台ライセンスで 8,000円前後、ノートン・インターネットセキュリティ 2007 までなら、3台ライセンスで比べた場合ノートン360の方が安価でしたが、今回ノートン・インターネットセキュリティ 2008 の実売価格が6,400円前後であれば、ノートン360の魅力が有りません。

正直な所、ノートン360のバックアップ容量だって今になってはたったの 2GB しかないし、ノートン・インターネットセキュリティに無い機能も正直余り魅力に感じません。
今回ノートン360を選択・購入したのは、ノートン・インターネットセキュリティの代替えになる製品と思って購入しましたがどうも違ったみたいです。

今後ノートン360と、ノートン・インターネットセキュリティは共存するのでしょうか、何だかノートン360はこのままディスコンになってしまうのではないでしょうか、正直ハズレを引いた気分です。

パソコンのメンテナンス面で考えると、テンプファイルのチェック・削除、Windows Update、デフラグ等々の確認は確かに便利は便利かも知れませんが・・・、ノートン360で無くとも出来ます。
ノートン360は製品として、是非ともこれはと言うような目玉の機能が欲しいと思います。

|

« IE7 降臨か? | トップページ | ユーザスタイルシート »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

蒼と言います、
足跡返しに参りました

360は販売政策から登場したあだ花です
今年限りでEOL(End Of Life)だそうです
(@シマンテックの営業さん情報)

ウイルスバスタ2007(以下VB07)が全てのSKUで3ライセンスなのは、
発表前から周知の事実でしたが、

「3ライセンスに魅力を感じるエンドユーザーは少ない」

との分析からノートンインターネットセキュリティ2007(以下NIS07)は
06と同じラインナップで発売しました

しかし、実際のコンシューマと言うか、
一般ユーザでも複数台所有家庭が増加したこともあり、
発売数ヶ月でVB07の勝ち濃厚となりました

更に、ソースネクストの例の
「ウイルスセキュリティ」が
【更新料0円】で販売を伸ばし、
NIS07はまさにジリ貧となりました

慌ててリリースしたのが360です
NIS07のSKUに全て3ライセンスを与える事は、
シーズン半ばではユーザーに対する背信行為ですので出来ません

その為の苦肉の策がNorton System Works(以下NSW)の一部機能を付加し、
お買い得感を煽る360のデビューです

ぶっちゃけ360が売れると、
NSWが売れなくなっちゃいます

セキュソフト系については、
いずれ一般ユーザから見た立場での様子を自分のブログに書こうと思っています

投稿: 蒼@珊瑚礁 | 2007年10月 6日 18時59分

ノートンを買ったのですが、パッケージを見て驚きました。360との機能の比較が書いてあり、一部機能が無いと明記されていて、まるでノートンが下位バージョンのよう
そんな新しいバージョンですが、起動時間がやや早くなっているのを感じます

投稿: shannon | 2007年10月 6日 21時33分

蒼@珊瑚礁 様

コメントをありがとうございます。
ノートン360はやっぱりディスコンであだ花でしたか(^^;;。
業界の話とても参考になりました。
自分の記憶ではちょうど1年位前に、次期のノートンシリーズはセキュリティだけでは無く、パソコン全般に対応するなんてアナウンスが有った記憶も有り、価格がリーズナブルな為に購入しましたが、ハズレ引いちゃいましたね。
購入の際はお店の人と、ノートン・インターネットセキュリティ 2007 との違いも相談したですが残念でした。個人的にはノートン・インターネットセキュリティは 2007 で終わりなのかと思っていました。
来年は、「カスペルスキー」ですかね(^^)。
今後の記事を楽しみにしています。

shannon 様

コメントをありがとうございます。
そうですね、単純に機能を比べてしまうと機能は少ない思いますが、十分だと思います。
ただ、気になるのがインターフェースです。ノートン360 のインターフェースはとても簡便になり、初心者には良いかも知れませんが、何も設定が出来ないなと言う印象です。実際は十分なんだとは思うのですが、 ノートン・インターネットセキュリティ 2008 のインターファースは 2007 と同じなんでしょうか、それとも360ライクになったのでしょうか。
また、動作は軽くなったとメーカーも公言していますが、やっぱり軽くなったですね。

今後も、manabiBlog を宜しくお願いいたします。

投稿: maru | 2007年10月 7日 00時15分

リンク、ありがとうございます
私の所にもリンクさせていただきました

カスペってかなりいいですよ
現在7を使用中です

投稿: 蒼@珊瑚礁 | 2007年10月 8日 01時26分

蒼@珊瑚礁 様

コメントをありがとうございます。
また、リンクもありがとうございます。

>カスペってかなりいいですよ

個人的にはとても、気になっています。
ただ、仕事がらお客様に勧める立場に有り、知名度も含め操作性等で、「カスペルスキー」は躊躇してしまっている所が有ります。
でも、始めに自分でじっくり使ってみないとですね。

投稿: maru | 2007年10月 8日 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/16676412

この記事へのトラックバック一覧です: ノートン360は何処に行く?:

« IE7 降臨か? | トップページ | ユーザスタイルシート »