« 微妙な iPod touch | トップページ | マイニフティーの横幅が広くなった! »

2007年9月 8日

iPod touch は iPhone ではない。

Apple は、iPod touch はあくまでも、iPod で有り、iPhone ではないと言う主張だそうです。
米国本国のトップページを見ると、iPod touch と iPhone が並んで掲載されています。iPod touch の写真を見た時は、iPhone と同じ筐体を利用していたのかと思いましたが、iPod touch の筐体は専用筐体なのが判ります。

Ipodtouch_iphonehttp://www.apple.com/
米国本国のトップページを一部キャプチャーしておきます。


ASCII.jp トレンドにて、林信行氏の記事が出ていました。林信行氏は Macintosh 関連の記事を多く書かれている Mac ライターさんです。

iPod touchは、機能限定のiPhoneじゃない
新ラインアップに“iPod”の真髄を見た(中編)

の記事にて、一部を引用しコメントを付けます。

iPod touch ≠ iPhone − 電話機能

 日本にいるほとんどの人は、iPod touchで初めてマルチタッチ液晶の操作に触れる。そのためiPod touchを、“iPhoneから通話機能を取ったもの”程度に思っている人もいるかもしれないが、これはまったくの誤解だ。

 iPod touchはあくまでも“iPod”。一方でiPhoneは、“そのiPodに、次世代の携帯電話機/モバイル情報端末を加えたもの”になる。

との事、この事は充分理解が出来ます。

iPod touchの物足りなさ、どう解消する!?

 ではもし、外出先で、メールを読み書きしたり、株価や天気をチェックしたり、メモを書いたり、カメラで写真を撮ったりしたい人はどうすればいいのだろう?

 答えはあなたのポケットが机の上にある。“携帯電話”だ。あなたの携帯電話には、iPodの物足りなさを補ってくれる機能が十分に備わっている。

の件も充分理解する事が出来ます。iPod touch の不足している部分は、携帯電話で補えばなんら問題無いと思います。

ただ、

 1つめはSafariでウェブコンテンツを楽しむため、2つめはYouTubeで動画を検索するため、そして3つめはiTunes Wi-Fi Music Storeで目的の音楽を探し出すため。4つ目として例外的に、飲み会で知りあった友達の名前と電話番号をメモする機能は用意されているが、基本的にiPod touchはエンターテイメントのための端末なのだ。

にて、コンテンツを消費する為に、safari を搭載したり、YouTube にアクセス出来るのは良いが、通信インフラが、Wi-Fi しかない点がとても弱いと思います。
あえて、iTunes Wi-Fi Music Store だけにするのも戦略なのかも知れませんが、現状の公共 Wi-Fi の普及率だと外では殆ど利用出来ないと思います。

確かに iPod touch は、iPod なんだと思います。
ただ、コンテンツを消費するには何処でも何時でも利用出来る、通信インフラが必要だと思います。
今、一番確実な通信インフラを持っているのは携帯電話会社なんです。だから通信機能が Wi-Fi しかない、iPod touch は、はがゆいです。

今の日本で、携帯電話の利用方法は、通話よりデータ通信の方が上回ったと報告されています。
携帯電話として見れば、携帯電話はやっぱり国産の携帯電話の方が、国内の事情に良く有っていると思います。
自分としては iPhone はネットに接続する為のポケットに入る Mac OS X として利用したい。
また、もし許されるなら他に、通話専用の安価な携帯電話が欲しい。

iPod touch は、iPhone と違うプロダクトだと言う事は理解出来ます。
ただ iPhone とは違った意味で通信インフラとして、携帯電話網を利用出来るようにして欲しかった。

|

« 微妙な iPod touch | トップページ | マイニフティーの横幅が広くなった! »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/16384503

この記事へのトラックバック一覧です: iPod touch は iPhone ではない。:

« 微妙な iPod touch | トップページ | マイニフティーの横幅が広くなった! »