« 消せるメール | トップページ | みるみるプログラミングがわかる本『改訂版』 »

2007年7月22日

ノートン360 を購入してみた。

お客様の所で、ウィルスソフトのライセンスが6個必要になり、任せて頂いたのでノートンインターネットセキュリティ2007の3ライセンスパッケージを2個購入する事を検討していました。

購入しによった量販店の売場に、ノートンインターネットセキュリティ2007、3ライセンスパッケージの在庫が無かった為、ノートン360なら1パッケージで3台のパソコンまで利用できるとの事と、価格も安かったので購入しました。

ノートン360は利用した事が無かったので、帰りに事務所用にも購入しました。
ノートン360は製品構成を見ても、ノートンインターネットセキュリティ2007と、ノートンユーティリティを統合したような製品で、今後ノートンインターネットセキュリティは、ノートン360に統合されるのではないでしょうか。

ノートン360とは、基本的にノートンインターネットセキュリティ2007に、セキュリティ以外にも、データのバックアップを始め、パソコンのメンテナンスの基本になる、ハードディスクのデフラグ、不要ファイルの削除等の機能が追加になっています。
また Windows Updata も監視するようになり、機能てんこ盛り状態です。
動作が緩慢になっているのではと思い、売場の方に相談した所、インターネットセキュリティより、新しいエンジンを採用している為、動作は軽い位ですとの事でした。

インストールした感想として、ノートン360は何も設定しないと言うか、何も出来ないと言う感じです。
今までノートンインターネットセキュリティでは、社内ネットワークで構成が変わったり、ネットワークを経由して稼働するソフトウェアの場合、信頼できるネットワークとて設定が必要なりますが、ノートン360ではそのような設定項目は有りません。ある意味にファイヤーウォールに関して寛大になったと思います。
また、必要な機能のオン/オフ出来ないのは残念に思います。

またノートン360は機能としてデータのバックアップ機能がありますが、バックアップ機能を利用ない場合、警告が出ます。正直な所インターネット上に2G程度のスペースを提供されても、余り実用的ではないと思います。
設定を確認した所、DVD とか、内蔵ハードディスクにバックアップ出来ますが、あまり実用的では無いと思います。出来る事であればノートンゴーストの機能を搭載して欲しかったと思います。

正直な感想として、インターフェース(見た目だけ、設定項目は残して欲しい)はノートン360に変更し、機能は追加せずノートンインターネットセキュリティの機能まま、価格を下げて頂いた方が喜ばれるのでないでしょうか。
Vista なら、データのバックアップ、デフラグ等の機能は標準で持っていますの現実的不要な機能なります。
XP なら有用だと思いますが・・・。

ちなみに、Windows XP Pro、Pentium III、600Mhz、メモリー384MB のマシンでは流石に厳しく、インストール後メモリーの消費はそんなに多くは有りませんが、CPUの稼働率が 100% 状態になり、何も出来なくなってしまいました。
また、web の閲覧でもサイトを都度確認する為、ページを移動するだけでも数十秒かかるようになり、全く使えません。残念ながらアンインストールしました。

Vista のパソコンでは快適に稼働しています。スペックは以下の通りです。
Endeavor Pro4000

  • Windows Vista™ Ultimate 正規版
  • インテル(R) Core(TM) 2 Duo プロセッサ E4300(1.80GHz)
  • メモリー1.0GB (512MB×2) PC2-5300 デュアルチャネル DDR2 SDRAM

ノートン360は、思ったよりメモリーは消費せず、CPUのリソースを消費するようです。
アマゾンのレビュ−でも厳しい意見が書かれていますが、他に Pentium M 2.0MHz メモリー 768MB のノートパソコンにもインストールしてみましたが CPU に余裕が有る為か、快適に利用出来ています。


ノートン360

ノートン360 (その場で500円割引き)
ノートン360 (その場で500円割引き)
おすすめ平均
stars重すぎ。。。
stars重いです。
starsやっぱり重い
starsXPでもさくさく動く
stars購入しても良いのでは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正直ノートン360の評価は厳しい物になってしまうと思いますが、今後製品構成が見直される可能性があるのでないでしょうか、現状では単にノートンインターネットセキュリティに、商品価値が低くなった、ノートンユーティリティとの統合製品のように思えてなりません。
今後 Vista が普及すれば、ノートンユーティリティは存在価値は無くなってしまうと思いますので、ノートン360はシマンテック社に取って、次世代のへの繋ぎの製品のように思えてなりません。

|

« 消せるメール | トップページ | みるみるプログラミングがわかる本『改訂版』 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/15842954

この記事へのトラックバック一覧です: ノートン360 を購入してみた。:

« 消せるメール | トップページ | みるみるプログラミングがわかる本『改訂版』 »