« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日

Windows Vista 用パソコン選び

Windows Vista が発売されて、そろそろお客様の所に導入が始まりそうです。
Windows XP は何とか手元のハードウェアで対処出来ましたが、ハードウェアスペックが ペンティアム III 600MHz 、メモリーは 384MB、ハードディスクは 40GB で殆ど残りなしの状態です。
Windows XP を削除で、Vista にアップグレードするには余りにも頼りないハードウェアです。
また Windows XP を削除する事も出来ません。ですので Vista 用にハードウェアを新調する事にしました。

では、Vista 用のハードウェアとはどの程度のスペックが必要になるのでしょうか、メーカ−から Vista がプレインストールされている機種を選択すれば間違いは無いと思うのですが、量販店で販売されている NEC や富士通のパソコンは、パソコンと言うよりテレビだと思います。

せっかく Windows 用にハードウェアを新調するので有れば、汎用性があり後々手を入れる事が出来るのが望ましいと思います。そうなると、量販店で販売しているパソコンでは厳しい物が有ると思います。
自作と言う選択もあるのですが、自作はパーツ選びが面倒だし、パーツ選びで欲が出てしまうと結果高価なパソコンになってしまう可能性があります。
パーツの選択・購入、組み立てが面倒で正直な所、自作はお金と時間の余裕が有ればというスタンスになります。

ともかく、Vista が快適に動き、後々拡張性があるハードウェアと言う事で、ハードウェアスペックを調べておきたいと思います。マイクロソフトのサイトにて

Windows Vista Capable PC および Premium Ready PC

というページがあり、Windows Vista を動作させるのに必要はハードウェアスペックが公開されています。

Capable PC とは、取りあえず Vista が動くハードウェアと言う事だと思います。

  • 最新のプロセッサ (800 MHz 以上¹)
  • 512 MB のシステム メモリ。
  • DirectX 9 対応のグラフィック プロセッサ。

上記スペックを見る限り、Windows XP が動いているハードウェアで有れば、メモリーだけ注意すれば動作出来ると思います。
ただ、Vista と言えば、Windows Aero です。Windows Aero を動かすには、Premium Ready PC となり、要求されるハードウェアスペックは以下の通りです。

  • 1 GHz 32 ビット (x86) または 64 ビット (x64) のプロセッサ¹
  • 1 GB のシステム メモリ。
  • WDDM ドライバ対応の DirectX 9 グラフィックのサポート、128 MB のグラフィック メモリ(最小)²、ピクセル シェーダ 2.0、1 ピクセルあたり 32 ビットの表示色。
  • 40 GB のハード ディスク容量と 15 GB の空き容量。
  • DVD-ROM ドライブ³
  • オーディオ出力機能。
  • インターネット アクセス機能。Windows Vista Capable に関する注意事項 をすべてお読みください。

との事で、Premium Ready PC のハードウェアスペックも思った程高くないと思います。Windows XP のハードウェアでもメモリーさえ増設すれば大丈夫かと思います。

ただここで注意したいのは、 Windows Vista Capable に関する注意事項 にて、2番目の項目にある

2.グラフィック アクセラレータで共有メモリを使用する場合は、1 GB のシステム メモリの他に、追加のグラフィック メモリは必要ありません。 グラフィック アクセラレータで専用メモリを使用する場合は、128 MB のグラフィック メモリが必要です。

との事ですが、Windows Aero を利用するには「グラフィック アクセラレータで専用メモリを使用する場合」なり、パソコンに専用のグラフィックカード(ビデオカード)が搭載されていない場合、マザーボード上のビデオチップを利用します。その際に利用されるメモリー(ビデオメモリー)はメインメモリーが利用されます。
その場合、パソコンにメモリーを 1GB 搭載しても、128MB はグラフィック(ビデオ)用に確保されますので、実際利用出来るメインメモリーは、872MB になります。
パソコン本体に、1GB のメモリーを搭載していても、専用のグラフィックカード(ビデオカード)が搭載されていない場合、実際システムが利用出来るメモリーは、872MB になり、Premium Ready PC になりません。

実は、安価なパソコンでは専用のグラフィックカード(ビデオカード)を搭載していない場合が多く、今 Windows XP が動いているパソコンでメモリーだけ増やしても、Windows Aero が動かない可能性が有ります。また動いても緩慢な動作になる可能性が高いと思います。

参考記事
このPCではWindows Vistaが動かない?
参考ページは、β版での評価ですので、正式版では改善されている可能性があると思います。

上記の記事によると、Windos Vista の敷居は高くないかも知れませんが、Windows Aero を利用するには敷居が高く、2、3年前のパソコンの場合、専用のグラフィックカード(ビデオカード)を搭載していない場合、Windows Aero が動作しない可能性があります。また、単に専用のグラフィックカード(ビデオカード)を増設すれば良いと言う問題ではなさそうです。

参考記事
>第2回 Windows Aeroの謎に迫る (1/2)
第3回 内蔵グラフィックスでWindows Aeroは動くのか!? (1/2)
参考ページは、β版での評価ですので、正式版では改善されている可能性があると思います。

等々の記事を確認すると、Vista 用のハードウェアを選択するには、現時点では専用のグラフィックカード(ビデオカード)を用意した方が無難なのが判ります。CPU は今時の物を選択、メモリーは1GB 有れば大丈夫でしようか、ブログとか読んでると、メモリーは 2GB 有った方が良いと記事も拝見しますが、メモリーは必要が有れば増設すれば良いと思います。

また最近 Vista が発売されて、Vista 搭載の安価なパソコンも発売されています。安価なパソコンの場合、Windows Vista Home Basic がプレインストールされている可能性を有り、Windows Vista Home Basic では、Windows Aero は利用出来ません。
Windows Vista Home Basic では Windows Aero が利用出来ないため、専用のグラフィックカード(ビデオカード)が不要になり、価格が安価になっている、Windows XP 用のハードウェアで十分な為、ハードウェアの価格が安価になり、Windows Vista Home Basic も安価ですので、全体として安価な価格設定のパソコンになります。Windows Aero はいらないという割り切りが出来るので有れば良い選択だと思います。

参考記事
Windows VistaはHome Basicを買ってはいけない!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日

Windows Vista はどう?

2007年1月30日に Windows Vista が発表されましたが、正直な所 Vista に関しては、XP で良いのでは言うと感触を持っていました。
世の中の多くの人も同じ感触を持っているようで、もう余り盛り上がっていないと思います。ただお客様の所にお伺いすれば話題にはなりますが・・・。

個人的に、Vista に興味が無くても、今は仕事でパソコンの設定等を行っており、今後嫌でも Vista を導入する所が増えてます。というよち一般量販店で販売される家庭向けのパソコンは、Vista になり、興味が無いでは済まれませんし、色々な所で話題になりますので、Vista は用意しなければりません。

Vista の導入はパッケージ版の Vista を購入すれば良いと言う問題では無く、今 Windows XP が動いているハードウェアが、ペンティアム III の 600Hz ですので、どう逆立ちしてもスペック不足です。この際に、新規にハードウェアから一新を検討しています。

Vista に関して、色々情報を収集していますが、Vista はつなぎの OS だ、Windows Me の二の舞になるのでは?という意見も有ります。

突破口独白 様のブログにて、Vistaに関する見解 はとても参考になり納得出来ます。

正直な所、「XP Home」と「XP Media Center」も、SP2 を適用していれば、Professional と同様に2014年までサポートが延長された時点で、マイクロソフトとしては、本当に Vista を普及させる気持ちが有るのか疑問に感じます。
また現時点で、メーカー直販では XP 搭載のパソコンが購入出来、XP の販売中止が告知されていないと思います。現実的に業務で利用するパソコンが今後、Vista だけと言う状況はまだ喜ばれない状況だと思います。個人的にはビジネス向けには、Vista Business で、Aero 無しと言う選択が有っても良いとは思いますが・・・。

Vista はハードウェアスペックの要求が厳しい(Vista Home Basic は眼中にありません(^^;;;)ので、普及の妨げになっているとは思いますが・・・、もう少し古いパソコンでも利用出来る配慮は欲しかったと思います。

今回は Vista を購入するのでは無く、将来に備え拡張性も配慮した Vista が快適に動くハードウェアを選択しておきたいと思います。

参考 URL
マイクロソフト、「XP Home」と「XP Media Center」のサポート延長
日本の要望を強く反映--MS、XP Homeのサポート延長について説明
噂は信じるな!Windows Vista10の誤解

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イー・モバイル定額通信サービス開始

ITpro の記事にて

イー・モバイルが携帯参入、3.6Mbpsの定額制データ通信を開始

月額基本料金5980円で使い放題、通信スピードが下り最大 3.6MB との事、通信スピード下り 3.6MB は魅力だと思います。実質 3MB 以上の通信スピードが有れば実用上問題無く、ブロードバンド環境が利用出来ると思います。また、パソコンを接続しても定額制で利用出来るとの事、定額制で利用出来るのは現在イー・モバイルのサービスのみです。

今回の発表では、シャープ制のスマートフォンも発表されており、今後スマートフォンも普及にも拍車がかかるのでは思います。

詳細は上記記事を参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月14日

xfy Blog Editer

ジャストシステムが公開した xfy Blog Editer をダウンロードして利用してみました。

xfy Blog Editer

上記のページよりダウンロードする事ができます。

xfy Blog Edite の特徴はローカルの環境で記事を編集し、ブログにアップロードできます。特徴を見てみると

  • ワープロ感覚で直感的にブログ作成
  • インターネットにつながなくてもゆったり編集
  • サーバにエラーが発生しても安心
  • 地図や動画を貼るのもカンタン
  • Windowsはもちろん、Macにも対応

との事です。

この記事は、 xfy Blog Editer を Mac OS X10.4.8 の環境で利用しています。

 xfy Blog Editer 自身 java プログラムですので環境に依存せず利用出来ますが、少し古いパソコンでは動作が厳しいかもしれません。

対応している、ブログシステムは

  • Movable Type 3.17x/3.2x/3.3x
  • TypePad
  • ジャストシステムブログサービス
  • FC2
  • Seesaaブログ
  • ココログ (フリー)

となっていますが、ココログ有料版でも利用出来ます。
ただ設定画面でココログ有料版の選択ありません。設定のポイントとして、メニューの「Blog」「Blogサービス管理...」から、追加ボタンを押し、種類の所で、Typepad(その他)を選択肢、ブログの URL を入力し指示に従えば、ココログ有料版でも利用出来ます。

個人的に今後も利用するかは少し微妙、生成されるソースが奇麗じゃないのが少し嫌です(^^)。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日

RSS リーダー で悩む・・・。

先日の記事で、RSS リーダーとして、Ensemble をご紹介しました。
Ensemble は基本的に便利なんですが、自宅と職場のパソコンでセットアップした場合、ブログの未読、既読の一元管理が出来ません。
自宅と、職場で登録するブログを別ければ良いのか知れませんが、別ける事が出来ませんでした(^^)。

自宅と職場でデータを共有したいと言う事になると、web ベースの RSS リーダーの利用になります。
正直な所、web ベースなら今回バージョンアップしたマイニフティのブログクリツプでも充分なんですが、せっかくですので色々試してみたいと思います。

RSS リーダーに関しては、Wikipedia の記事が参考になると思います。

フィードリーダー (Feed Reader)

今回、はてな の、はてなRSS をセットアップしてみました。
正直な所、はてな のサービスは良く理解出来ていません。
勉強も兼ねて利用してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日

@nifty WEBMAIL 2/9再公開

2月9日に、@nifty の WEBMAIL が再度公開されました。
開発ブログ Webメール2.0 ALIVE でも、最終検証バージョン公開となっています。色々あったと思いますが、開発者の皆様ご苦労様でした。

発表当初は、windows の ie にしか対応しておず、色々意見がで FireFox の対応から始まり、Mac OS X の safari まで正式に対応したり、動作がもっさりしている言う点もありましたが、今時のマシンで有れば実用上問題ない動作スピードに改善されたと思います。
思うに、技術面ではまだ、まだ、実装したかった事、試したかった事も有ると思いますが、何処かで区切りを付けなければいつまでも公開出来なかったと思います。

後は、@nifty の考え方なんですが、メールの保存に関してはメルキャビに保存するのでは無く、メールの保存容量を増やし、保存したいメールはマークを付け、他は自動で削除されるようにして欲しいと思います。
今の仕様では必要なメール(残したいメール)は、メルキャビに移動して保存すると言う考えです。
マークを付けるのと殆ど変わらないのも知れませんが、個人的にはメールをドラックして移動させるより、マークを付ける方が簡単だと思います。この辺の意見は別れる所かも知れません。慣れてしまえば同じなのかも知れませんが、どうしてもマイキャビを使わせたい意図が感じられます(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日

マイニフティのバージョンアップ

2月8日、マイニフティがバージョンアップしました。
昼間は外出しており、夕方事務所に戻って来てたらバージョンアップしていました。
タブの概念が導入され、複数のページを持てるようになり、掲載する内容を別ける事が出来るようになりました。
また、コンテンツを移動させたり、コンテンツをたたむ事が出来るようになり、便利になりました。
サポートタブは、@nifty との契約内容の確認出来たり、障害情報、トラブル報告が掲載されている事はとても良い思います。

自分の場合は1個目のタブにニュース関連を掲載し、2個目のタブにブログクリップを掲載しました。
今までは、ニュースとブログクリップが縦に並んでいる為、縦に長くなってしないスクロールが多くなっていましたが、ニュースとブログクリップを別ける事で、縦スクロールを短くする事が出来ました。

マイニフティのバージョンアップに関して、詳細は下記のサイトにてご確認ください。
マイニフティがもっと便利に、新しくなりました。

ただ、難点として Ajax を採用しているようで、利用するパソコンのスペックを要求するようになり、動作が重くなったと感じる方も多くなったのではないでしょうか、正直自宅の CRT iMac では表示するまで待たされます。
これも時代の流れなんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 6日

フラッシュあんざん、オバーフローエラー

珠算塾からのご依頼です。

珠算塾で利用されいるプログラムに不具合が有るとの事でお伺いしました。珠算塾で利用しているプログラムは「あんざん力開発システムⅡ V1.05」(以下、フラッシュあんざんと表記します)と言うプログラムです。環境は Windows XP Pro のノートパソコンです。

「フラッシュあんざん」を起動すると、オーバーフローエラーが表示されて終了してしまいます。
購入元に電話で確認した所、再インストールを勧められたので、プログラムの追加と削除で確認した所、「あんざん力開発システム」が3個インストールされていました。
まずは、全ての「あんざん力開発システム」をアンインストールして新規にインストールし、再起動しても症状は改善せず、本来であれば利用登録をしなければならないに利用出来てしまいます。

まだ何かファイルが残っているのかと思い、再度アンインストールして、Program Files フォルダ内を確認した所、「あんざん力開発システム」フォルダが残っています。このフォルダをリネームし、再度フラッシュあんざんをインストールした所、改めて利用者登録をする事が出来ました、その結果フラッシュあんざんが利用出来るようになりました。
リネームしたフォルダは削除しました。

今回の案件は一つづつ手順を追って行けば対処出来たのですが、発売元に相談しても再インストールを勧めるだけ、ネットを検索しても「フラッシュあんざん」に関しては、殆ど情報がなしに等しい状態でした。無事に問題解決出来ましたので、記録としてブログに掲載しておきます。

最後に、Windows Luve OneCare のクリーンアップをを実行して完了としました。

ちなみに、オーバーフローエラーは長時間利用していると発生する事があり、その際は再起動すれば問題無く利用出来るとアドバイスを頂きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 3日

RSS リーダー Ensemble

今まで RSS リーダーは何種類か試みてましたが、しっくりする物が無く利用していませんでした。
基本的には、マイニフティの「ブログクリップ」で困る事もなかったのですが、登録したブログが多くなると、「ブログクリップ」では読み辛くなります。

Macintosh(Mac OS X) で何か良い RSS リーダーが無いか、Apple のサイトを探した所。

Ensemble

を知りました。
開発は、Pyxis と言うグループで開発し、開発ポリシーも公開されておりとても良い印象を持ちましたので Ensemble をダウンロードしました。

Ensemble の特徴として、ブログの記事だけで無く、コメント、トラックバックも取得出来る所がとても嬉しい機能です。今まで試した RSS リーダーの多くは、コメント、トラックバックが取得出来ませんでした。

ただ、コメント、トラックバックの取得に関しては、取得出来ないブログシスデムも有るようで、ココログのコメント、トラックバックが取得出来ません。
ココログは、Typepad がベースになっていますので、是非とも取得出来るようになれば嬉しいと思います。
ちなみに、開発ブログでは、Typepad はコメント、トラックバックが取得可となっていますので、ほんの少し検証して頂ければ使えるのでは?と思っています。開発ブログ関連記事にトラックバックをお送りしておきますので、お手伝い出来る事が有ればお手伝いをしたいと思います。

使い勝手として、読みたいと思うブログを登録し、ジャンル別にフォルダで別ければ、フォルダ単位で未読の判別が出来るはとても便利だと思います。

あと個人的な要望として、もししかたら自分だけが判らないだけなのかも知れませんが、「既読の記事は一定期間で自動で削除してくれると嬉しい。」と思います。

追記
上記の記事にて、「既読の記事は一定期間で自動で削除してくれると嬉しい。」の件ですが、 Ensemble では既読をキャッシュと呼んでおり、キャッシュを削除指定が出来ます。Ensemble メニューから即座にクリアーする事も出来ますし、環境設定から、キャッシュをクリアーする日にちを指定出来る事が判りました。これで完璧だと思います(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日

どうしたんだろ〜最近の @nifty は。

@nifty 利用歴は16年なります。

パソコン通信の時代から、パソコンと NIFTY はペアで利用してきた。
パソコン通信時代からメンテナンス後はログが無くなる等、トラブルは有った。
人間がする事からミスは有ると思う、また予想外の事が起きる事も有ると思う。
ただ最近 @nifty の技術力、品質には疑問を感じます。

ココログの長時間メンテナンス後、不具合が有りその結果元に戻す。
今回の WEBMAIL に関して、半年間もβ運用をしておきながら、公開直後に障害が発生し公開を延期する。

通常では考えられない事だと思う。

いったい @nifty の中で何な起きているのでしょうか、昔からフォーラム運営等に関しては色々問題有りましたが、このような酷い技術障害は無かったと思います。
単に利用者が多く、サーバの負荷が高いのが原因なんでしょうか?。
@nifty は富士通の関連会社ですので、富士通の技術力がこのレベルなんでしょうか?。
そんな事は無いと思いますが、最近の技術的な障害はどうなっているのでしょうか。技術力どうのと言う事では無く、組織として問題が有るのではないでしょうか。

@nifty も上場して株を公開しています。
本来技術など表面に出て見える物では無いと思うのですが、技術的な不具合だけ表面に見て来たら、株価にも影響が有るのではないでしょうか。

一刻も早く現状の技術的不具合を打開して欲しいと思います。
個人的には、お客様に「常時安全セキュリティ24」や「ココログ」お勧めしたり、ISP として @nifty をお勧めしています。
是非とも、技術的不安を一掃して頂き、今後 WEBMAIL を始め、マイニフティ、ポータルとしての @nifty のトップページを充実して欲しいと思います。

@nifty の技術力向上、安定に切願します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »