« 絡新婦の理 | トップページ | PLC 関連機器売れいき好調 »

2006年12月14日

メガネを作った

001初めてメガネを作りました。
そう、老眼鏡です。

購入に関しては、色々悩みましたが、地元の眼鏡屋(東京都中野区のマリコ眼鏡店)さんで購入しました。
眼鏡の処方箋は、眼科で作っていましたので、処方箋を確認し再度店内でテストレンズで確認しました。
レンズは、お店のお勧めで、度数もそんなに必要無く室内用という事で、HOYA の TACT(タクト)1.5 になりました。価格も予想していたより安価でした。正直な話数年後には、メガネの作り替えは必須ですので、今は安価に出来る物で有れば、安価な方が嬉しく思います。またお勧めでレンズを薄くする加工を追加でお願いしました。

002次にフレームの選択になります。今までフレームに関しては、遠近、特に中近の場合累進部分が必要になる為、どうしても大きめのフレームになると言う事で、レンズの高さは30mm以上は欲しいとの事でした。ただ要は使い方次第で、利用者がどのような使い方をするかで、レンズの大きさは変わるという事で、絶対何ミリ以上は必要だと言う事では無いとの事でした。
自分の場合は、デスクワーク、主にパソコンの利用と、顔を上げた時余り回りがぼけない(遠くはぼけても仕方が無い)と言う要望で、何種類か選んで頂く事なりました。

自分の要望としては、初めての眼鏡ですので、眼鏡を意識出来る物と言う事と、形は四角い物が欲しいと思っており、色々試した所、増永(増永眼鏡株式会社)のフレームになりました。ブランドは KOOKI で写真の物です。
増永とは国産眼鏡フレームメーカーで福井県にある老舗です。作りには信頼があり、多くのブランドフレームを生産しています。ただメーカーと言うより、工場と言われるような所も余り表立った活動はされていないようで、ホームページの情報も古いままのようで、少し残念に思います。

購入したフレームの詳細も不明ですが、右のテンプルは、140、TITAN と入っており、左のテンプルには、KOOKL、L 454、140 と入っています。テンプルには結構弾力が有る素材だと思います。

フレームはレンズの高さ33mm位は有り、如何にも老眼鏡という大きさでなく、また今時のフレームのように小さくもなく、とても気にいってます。

003レンズ、フレームが決まりました。後はレンズを加工してフレームに装着で完成になるのですが、その前にフレームを顔に合わせるフィッティングを行って頂きます。

眼鏡をかけた状態で、鼻パットを加工して目の位置を調整、テンプルは顔(頭)の側面形状に合わせて加工しています。写真を見て頂けると判りますがテンプルは結構曲がっています。ここまで加工しているんだという感想です。流石にセルフレームではここまで加工するのは難しいのかも知れません?もしくはプラスチックの方が加工はしやすいのでしょうか?

004また、モダンの部分が内側に、クッ と曲がっており、頭を包み込むような感じです。モダンは単に耳に掛けるのではなく、モダンの先端は耳の後ろで頭を囲み込むように加工されているのがメガネを掛けて実感します。

今回メガネを購入するにあたり、レンズ、フレームにも拘りを持ちましたが、良いレンズ、カッコいいフレームを選択しても、フィッテングがちゃんと出来なければ、メガネとして意味がないと思います。
今回マリコ眼鏡店さんでメガネを作ろうと思ったのは、ホームページを拝見して、フィッティングへの拘りと、知人の勧め、何時でも気楽に行ける地元と言う事で、初めてのメガネを作りましたが、とても満足出来るメガネが出来ました。

始めは 999.9 だとか言っていましたが、地元で安価なチェーンではなく、信頼と技術が有るお店という選択も有りではないでしょうか。

マリコ眼鏡店さんは長年、お店の前を通っていましたが、今までメガネを必要ようとしていなった自分には関係無いお店という印象でしたが、自分がメガネを必要となった時、馴染みのあるお店が技術力を感じれるホームページを公開されている事で、安心してお伺いすることができました。

メガネの使用感は後日記事にします。

|

« 絡新婦の理 | トップページ | PLC 関連機器売れいき好調 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/13069772

この記事へのトラックバック一覧です: メガネを作った:

« 絡新婦の理 | トップページ | PLC 関連機器売れいき好調 »