« メンテナンスは終わったが | トップページ | 鉄鼠の檻 »

2006年12月 8日

メールが送信出来ません。

以前にも同じタイトルの記事を書いた記憶が有りますが、お客様の所でメールが送信出来ないという事でお伺いしました。

お客様の環境は、ISP は OCN を利用して、独自ドメインでメールをご利用しています。
メールが送信出来ないのは、独自ドメインのメールアドレスです。この場合原因は「Outbound Port 25 Blocking(OP25B)」です。

対策方法は、OCN 提供の SMTP を利用するか、独自ドメインを運用しているレンタルサーバの SMTP を利用するかになりますが、今回はレンタルサーバで提供して頂いている Submission Port(587番)を利用する対策を行いました。合わせて「SMTP-AUTH」(このサーバーは承認が必要)も ON にします。

SMTP の設定を変更する事で、独自ドメインのアカウントからメールが送信出来るようになりました。
始め、自分自身にメールを送信した場合、問題無く送受信が出来ました、次に他のメールアドレスにメールを送信しようとした場合、送信する事が出来ません。

ここでハマりました。
自分にはメールが送れる。同じドメイン内のメールアドレスにはメールが送信出来る。他のドメインにはメールが送れない・・・。問題はレンタルサーバに有ると思うのですが。
実は、このお客様が利用されているレンタルサーバは、私がお仕事をさせて頂く前から契約しており、レンタルサーバの仕様が良く把握出来ていません。お客様にお話を伺った所レンタルサーバのオプションとして、迷惑メールの判定と、ウィルスチェックのサービスを受けているとの事でした。

ウィルスチェックサービスを受けている場合、送信メールもウィルスチェックする場合があります。その際に、SMTP サーバが変更するか、ポートの番号を変更する場合が考えられます。

レンタルサーバの説明ページを確認した所、ウィルスチェックを利用する場合、ポート番号を変更する必要が有り、その際OP25Bの対策を行う場合、ポート番号を 587 に変更せず、ウィルスチェックで利用しているポートのままにしておく必要が有るとの事でした。

SMTP の設定を変更しようとした際、ポートは 25 番でしたので、何も疑わずに 587 に変更したのですが、587 だと同一ドメイン内しかメール送信出来ず、外部に送信するにはウィルスチェックで利用するポート番号にしなければなりませんでした。

不慣れなレンタルサーバは事前の確認をもっとしっかりしておくべきでした。
だいぶ手間取ってしまいました。

|

« メンテナンスは終わったが | トップページ | 鉄鼠の檻 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/13078824

この記事へのトラックバック一覧です: メールが送信出来ません。:

« メンテナンスは終わったが | トップページ | 鉄鼠の檻 »