« 会社が“PC音痴”を見捨てる日 | トップページ | Googleカレンダー日本語対応 »

2006年9月15日

mixi は何処に行く?

株の事は良く判らないのですが、mixi が上場しました。詳細は、下記のリンクを参考にしてください。

IZA
課題は乏しい収益源…ミクシィのマザーズ上場

例によって、IT 企業が上場し価格が沸騰し、公募価格の2倍以上の値が付き、売買が初日は成立しなったとのことです。
正直な所、mixi を利用しており、mixi の魅力が良く判らない者として、この価格は理解出来ません。

mixi の収益に関しては、広告が主な収益だと思いますが、記事では以下のように指摘がされています。

ひとつは現時点で広告収入以外の収益源が乏しいこと。ネット競売や音楽配信などの新規事業を積極展開する考えだが、それでもヤフーや楽天などといったネット企業を超える売り上げは見込めそうにない。

例え500万人の会員数がいるとしても、広告収入だけでは限界があるのでは思います。
確かに、mixi はコミニュティを形成していますので、コミニュティに向けて適切な広告を出す事がで来ます。不特定多数に向けて広告を出すより効果は有ると思います。

また、mixi 自身会員数が500万人をオーバーし、今後もっと会員数は増えると思います。このような状態で安心した招待制と言えるのでしょうか、SNS 本来の”Social”を求めるので有れば、mixi で会員の個人情報を把握し、入会審査を厳しくし、身分を隠すような人や、怪しい行動をとる会員を監視出来る体制を構築して欲しいと思います。

mixi が今後も招待制を続けるのであれば、身元確認を出来る体制の構築を望みます。
もしくは招待制は廃止しオープンな環境にして、ダレでも自由に個人でコミニュティを構築出来るようなサービスになって欲しいと思います。

または、有料の mixi プレミアムは完全な招待制にして身分を把握し、他のサービスは招待がなくとも利用出来るような運営方法もあるあも知れません。

今回の上場で得た潤沢な資金で、今後よりいっそう mixi のサービスが充実する事を願うばかりです。
mixi 本来のサービスを見極め、道を逸れる事なく真っすぐと突き進んで欲しいと思います。

|

« 会社が“PC音痴”を見捨てる日 | トップページ | Googleカレンダー日本語対応 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/11905947

この記事へのトラックバック一覧です: mixi は何処に行く?:

» 小阪由佳 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
初値は公募価格の約1.9倍にあたる295万円。 上場2日目にして取引が成立した。 ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 16時02分

» <ミクシィ上場>買い注文殺到、初値つかず…東証マザーズ [mixi ミクシィ みぃ ミクシーって何?]
東証マザーズに14日上場したミクシィ株は、買い注文が殺到し、公募売り出し価格(155万円)の2倍を超える315万円まで買い気配値を上げたものの、売り注文が少なく、取引が成立しない過熱ぶりだった。上場でミクシィは約70億円を調達。買い気配値で計算すると同日の時価総額は2220億円にもなった。14日の最終気配値の2倍となる630万円が、15日の取引では気配値の上限となる。 最近のインタ�... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 22時08分

« 会社が“PC音痴”を見捨てる日 | トップページ | Googleカレンダー日本語対応 »