« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日

複合機への不満

先日、キヤノン、エプソンから秋の新型プリンタが発表になりました。
メインは複合機なんですが正直な所、今のキヤノン、エプソンの複合機には不満です。

不満の理由は、FAX が使えない事です。
コピーが出来ますので、FAX はモデム(今時モデムは1チップです)と簡単なプログラムを搭載して頂ければ、簡単に実装出来ると思います。

技術的な問題より、現在固定電話機と FAX は殆ど一体化して、多くのご家庭には FAX が有ります。このような状況で、複合機に FAX を搭載してコストを上げるより、本体単価を下げたいと言うのが、メーカーの本音ではないでしょうか。

ただ、印刷する機械と考えた場合、プリンタ、FAX、コピーはほぼ同じ機構を利用していますので、一体化出来るの有れば一体化した方が効率は良いと思っています。

現実的には、プリンタ、FAX、コピーでは、設置場所が変わってきます。FAX が付くと、電話のモジュラーの有る所に設置しなければなりません。またプリンタと考えた場合、パソコンから遠い所に有るのも面倒です。等々の理由が考えられます。もし、FAX が付けば設置場所は電話の有る所、多くはリビング等になると思います。その場合、他の部屋でパソコンを使っている方は不便だと思います。

このような利用シーンを考えた場合、複合機がネットワークに対応していると便利だと思います。無線 LAN で有れば複合機の設置場所に困る事が無いと思います。
個人的には、余り使わない FAX、コピー、プリンタは一つの装置にして、リンビグに置いて、プリンタの利用頻度の多い人は、安価なプリンタ単独機を別途購入した方が良いと思います。

このような利用方法を考えた場合、今のキヤノン、エプソンの機種では物足りません。是非とも FAX と有線/無線 LAN に対応した複合機が欲しいと思います。

現状、有線/無線 LAN に対応した複合機で FAX まで利用出来る複合機と言えば、ブラザーの製品になります。
ご家庭、SOHO の環境ではブラザーの MyMio シリーズは便利だと思います。
ただし、印字品質、特に写真画質ではキヤノン、エプソンと比べ物になりません。単にカラープリンタ、カラーコピー、FAX と割り切りが必要です。噂では10月に出る新型機では、写真品質は大幅にアップすると言う噂もあります。

B000EHRWD2BROTHER 薄型デジタル複合機MyMIO MFC-820CN MFC-820CN
ブラザー工業 2006-02-28

by G-Tools

上記の写真は現行機種です。
個人的にはお勧めなんですが、自分が使うかと考え場合、今の写真画質では満足出来ません。
またドライバー類がオールインワンタイプで、パソコンが起動した際にブラザーのユーティリティが読み込まれ、リソースを消費しているようで、余り好きなタイプではありません。ただ現状お客様から FAX 付き複合機のご要望が有れば、お勧めしています。実際利用してみれば便利だと思います。

他に、HP のビジネス・オールインワン・プリンタ(HP Officejet シリーズ)も良いと思いおますが、難点は店頭で購入する事が出来ない事です。

B0006FQFQCHP ビジネスオールインワン OfficeJet 7410
ヒューレット・パッカード 2004-10-27

by G-Tools

HP のプリンタは、写真印刷と通常の印刷ではインクを交換します。これはちょっと・・・・、
また、コピー等の印字スピードが遅く、少し枚数の多い場合は遅さが目立ちます。
後は日本の家庭で設置するにはサイズが大きすぎるのも難点です。
ただアメリカ生まれという事も有り、本体も頑丈だし、インクの目詰まりも無く黙々と仕事をこなすタイプで、個人的にはブラザーの MyMio シリーズより好感を持ちますが、日本のリビングにはなかなか置いてもらえないと思います(^^)。
SOHO 環境で、印字スピードと、写真画質に満足して出来るので有ればお勧めです。ただ、ドライバーとユーティリティが巨大で、リソースを消費するみたいで、少し古いパソコンでは厳しいと思います。

他にオフィス用途の複合機も有りますが、ご家庭、SOHO 用途には少し高価だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月27日

Google マップが進化した

Google マップは好きなんですが、実は地図が見辛いと思っていました。
その、Google マップが進化しました。今まで尺度の割に個別の建物まで記入されており、ごちゃごちゃしている感じがして見辛かったと思います。今回、進化して尺度も上がり、尺度の大きい時だけ、個別の建物まで判るようになり、とても見やすくなりました。また、一方通行の案内も有り重宝します。

詳細は、CNETJapan の記事を参考にしてください。
Googleマップがまた進化--“日本”に合わせて地図データを全面更新

Google マップ

他に、今まで無かった地下的の表記も追加され、日本語の表記も読みやすくなったと思います。
他の地図サービスも頑張らなければ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の新作プリンタ

毎年秋のなると新作のプリンタが発表になります。
今回も、キヤノン、エプソンから新作のプリンタが発売になりました。

キヤノン、PIXUSシリーズをフルモデルチェンジ──複合機は全5モデル

新型エンジンと新インクを搭載し勝負をかけるエプソン──複合機は全5モデル

雑感を、キヤノンは2006年は春にも新機種を出しており、ハイエンドと言うよりは、複合機をメインに操作性をを重視、デジタルカメラのデータを液晶画面で確認し、印刷サイズの変更等が簡単に行えるようななっています。正直な所画質品質に関しては、どの機種でも不満は無いと思います。後は印字スピードがアップされているみたいです。

プリンタ単体機は、基本的に価格は低下傾向で、ひたすらコストダウンしていると言う感じです。特にハイエンド機が発表されていない為、そのように思うのかも知れません。個人的には標準でネットワーク機能が有る機種が無くなってしまった事は誠に残念に思います。本体価格の低価格化と、ネットワーク機器専門メーカーのキヤノン イメージング システム テクノロジーズ社の関係もあり、外付けのプリントサーバNetHawk WP100の組合わせのみになってしまったのは少し残念に思います。
他に、小型のインクジェットプリンタも発売され、携帯電話のカメラで撮影した写真の印刷希望するユーザにアピールしていると思います。

エプソンも、ハイエンド機は発表になっていません。昨年から導入された画像処理機能(オートフォトファイン!EX)が充実していると思います。オートフォトファイン!EX機能は使った事が無いのですが、評判が良いのでしょうか。画像処理のルーチンが入っているだけ、エプソンのプリンタの方が高機能ですが、価格はキヤノンと同等の価格を保っているのは、頑張っていると思います。

他に今回のモデルでは、最上機種にて「TVプリンティング」に対応しており、デジタル放送で流されている情報を印刷出来るとの事です。プリンタメーカーとしては対応すべき事かとは思いますが、現時点で商品化は時期尚早なような気がしますが、メーカーとしての意気込みでしょうか、正直な所画質品質に関しては、どの機種でも不満は無いと思います。

プリンタ単体機は、キヤノン同様低価格化と、機種が整理(A4専用機種は2機種だけ)されている事は寂しいと思います。

またエプソンと言えば、「つよインク」の顔料インクが売りだったと思いますが、今回の新機種ではPX-A720を除き、他は染料インクを利用しています。顔料インクは染料インクに比べてどうしても、粘度が高く目詰まりの原因になりやすく、ハイエンド機では良いと思いますが、一般家庭用で有れば目詰まりの少ない染料インクの方が無難という判断でしょうか、「つよインク」のプリンタから、買換えの方は注意が必要だと思います。

その点、キヤノンは黒インクだけ、顔料インクを利用していますので、文章等の印刷では黒がくっきりと印字され良い印象を与えています。個人的にはキヤノンも早く全て顔料インクを望んでいましたが、何でも顔料インクが良いと言う事ではないと言う事でしょうか。

個人的には、今回は欲しいと思うような機種が有りませんねぇ〜、何だか寂しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日

勧める責任

お客様には、小売店さんや小規模な会社、事務所が有りますが、最近なぜ?と思う事が有ります。

小売店さんであれ、小規模な会社さんであれ、多くは税理士事務所さんとお付き合いが有ります。実はこの税理士事務所さんからの要望もしくはご紹介で、会計ソフトを購入されている方が多いのですが、実にいいかげん・無責任だと感じる事があります。

パソコンを買ったと知れば会計ソフトの導入を勧めます。今までの手書きで記帳していた事を、会計ソフトに移行させようとします。理由は会計ソフトをお客様に使って頂ければ、データ処理が楽になるからです。お客様も楽になれば良いのですが、パソコンの操作で四苦八苦されている方も多くいます。
今までも何十年も、記帳していた事を税理士事務所の要望で、パソコンを購入して会計ソフトを利用してデータを入力するようにしてと言われてもねぇ・・・。

パソコンを買換えたので、データの移管でお伺いすると会計ソフトが有り、会計ソフトのデータ移管も要望されます。多くの会計ソフトはデータのバックアップ、復元で元に戻せますが、ただそのソフトが税理士さんに勧められて購入されたとの事で、この場合責任の所在は?、税理士さんに勧められたという事で、単にソフトだけを購入されたのか、その税理士(税理士事務所)さんにサポートまで受けているのか実に曖昧な所が多いと思います。
もし、サポートまで受けていたので有れば、第三者の業者が勝手にデータのバックアップ行って良いのか?と思ってしまいます。問題は責任の所在です。

先日の案件で税理士事務所の担当方から会計ソフトを勧められて、会計ソフトを購入し担当の方が変わったら新しい担当の方は操作方法も良く知らないと・・・。どうもこの会計事務所は担当の人毎に見解が違いみたいです。

会計ソフトを利用するあたり、利用者自身が必要を感じ購入されたり、税理士事務所に相談して購入しているのであればまだ利用者として必要性を感じていますので、会計ソフトを使いこなせるように努力をすると思います。

それが単に税理士事務所さんの要望で、会計ソフトを導入しているような場合、ソフトの操作方法及び、パソコンの操作方法まで、会計事務所自身でサポートする責任が有るのではないでしょうか、ましては担当者毎に得意な会計会計ソフトが違うと言う事はどう言う事でしょうか、会計ソフトをお勧めするので有れば税理士事務所として利用するソフトを統一し、お勧めする際に利用者の環境を把握し、会計ソフトのデータバックアップ位までは、会計事務所自身でサポートすべきだと思います。

どうも税理士と言う職業は、こちらからお願いしているにも関わらず、税理士先生になってしまい、税理士先生の言う事は絶対的な権限が有るようで、何も知らない人が税理士先生にいわれるままに、会計ソフトを導入することが有るみたいです。
パソコンは利用されている環境が様々ですので、専用のパソコンは以外は安易に会計ソフトの導入を勧めるのは如何な物かと思います。

今後パソコンの普及に伴い、会計ソフトの需要はまだまだ伸びると思います。ただ単にお客様に会計ソフトの導入を勧めるのではなく、パソコンの基本操作、会計ソフトの操作、会計ソフトのデータのバックアップ等までサポート出来る体制を整えて欲しいと思います。

有名な会計ソフト会社では独自にサポート体制が整っていると思うのですが、どうも会計事務所とはまだうまく連携出来ない現状があると思います。会計ソフト会社のサポートうまく連携が取れるようになればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日

「そっくり」に拘る?

ITmedia の記事にて

「MS Officeにそっくり」が売り 中国から4980円のオフィスソフト

MS Office 互換ソフトはキングソフト(金山軟件)Kingsoft Office 2007 です。

個人的には、MS Office と互換性のあるソフトは歓迎しますが記事の中で

IT専門誌から「キングソフトのロゴを張ってある以外、見た目はほぼMS Officeと同じ」などと評され、オフィスソフト市場でのシェアも20.22%まで回復した。

「最初から似せようとしたのではないが、ここまで進んだ独占を打破するには互換路線しかない。MSの攻勢でシェアが激減した上での苦渋の策。独自機能を付けたところでMS Officeとの“違い”としか見てもらえず、ユーザーにとっても不便」——広沢社長は“Officeそっくり”にするしかなかった背景をこう説明する。特許や著作権については、弁理士に相談し、問題ないことを確認済みという。

との事で、インターフェースを真似るという事は理解出来なくもないのですが、まったく同じにすると言う考え方には同意出来ません。正直現在の MS Office のインターフェースが良い物とは思いませんし。

基本的には、OS に沿ったメニューと、1列位のメニュ−ボタンだけのシンプルなインターフェースにして、機能面では MS Office には劣らない。
店頭での販売価格も特別安価にする必要はなく、その分メーカーでバンドル出来るようにするとか、販売店でのキャンペーン、電話でのサポート充実、パソコンスクールへの売り込み等に力を注いだ方が良いと思います。

見た目(インターフェース)が同じで、価格が安ければ、機能とは別にただの「見た目が同じ安物」と言われても仕方がないと思います。

もしかしたら「見た目が同じ安物」を狙っているのでしょうか?。

また、

「価格はマイクロソフトOfficeの10分の1」(日本法人の広沢一郎社長)だが、MS Office製品の機能の約8割は利用できるという。

との事ですが、たとえ価格が 1/10 で 100% の機能を使っていなくとも、機能に関しては約 100% 近い状況にならなければ、普及は難しいのではないでしょうか。ところで互換性は 100% に近いのでしょうか?

販売方式に関しては

来年1月に製品版を4980円(税込み、以下同)ダウンロード方式のみで発売する。

と言うのはどうでしょうか、前のエントリーでも書きましたが、日本では検索エンジンのシェアは未だに、Yahoo!Jpan がシェアのトップです。

パソコンを使っている多くの方は、今の環境をそのまま使う傾向にあり、パソコンが変わっても同じ環境を求める傾向に有ると思います。ですので Kingsoft Office 2007 で見た目を MS Office と同じにしているのに関わらず、ダウンロード販売のみと言うには如何な物でしょうか、昨今ネットからのダウンロードは危険が伴うと言う認識も出来ていますので、単に価格を安価にしてダウンロード販売のみと言うには、普及の妨げにならないでしょうか。

やはり、量販店での販売経路を確保しなければと思います。
きっとソースネクストから販売されるようになるのではと思います。

さて、普及はするでしょうか、興味を持って様子を確認して行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

米国では、検索エンジンは Google はシェアトップ

ITmedia MEWS にて

米検索エンジンシェア、Googleが首位をキープ

個人的には、この数年ネット上での情報検索では、Google を使ってます。
Yhaoo!Jpan は殆ど使いません。昨年、Yahoo!Jpan の検索結果がディレクトリから、ロボットに変わりましたので、Google で欲しい情報を得れない時は、サブとして利用することはあります。

日本では未だに、Yahoo!Jpan の利用は多いと思います。
私自身お客様の所で、パソコンを設定させて頂いた時に、ブラウザのトップページを Yahoo!Jpan に変更して欲しいとご依頼を頂く事が多々あります。本当は Google を使って欲しいと思うのですが、余りにもシンプルすぎる標準の Google のトップページは慣れていない方は戸惑うと思います。

また、Yahoo!Jpan は他のコンテンツも充実しているのと、日本でインラーネットと言えば、Yhaoo と言われる程浸透しているのが要因かと思います。

ただ最近は会社でも、ご家庭でも少しパソコンにお詳しい方は、ブラウザのトップページとして、Google を登録されている方も多くなって来ています。じょじょにですが日本でも、Google はシェアを伸ばしていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日

「ひかり電話」の障害

この2、3日、NTT が提供している IP 電話「ひかり電話」に障害が発生しています。

IZA
NTT東のIP電話、3日連続で通話制限

正直情けないと思います。
この数ヶ月 NTT の「ひかり電話」はテレビ、新聞で大々的に宣伝しており、電話番号も変わらず移行出来るようになった為、多くの契約が成立し利用者が急激したのが原因かと思います。
インフラ事業の場合、始めに多くのユーザを確保する必要が有ると思いますが、設備の増強が伴わず、契約数だけ増えた結果だと思います。

一般の家庭ならまだしも、仕事で利用している場合、電話が不通ではお話になりません。
最近は IP 電話の品質も上がってきましたので、導入する企業も増えて来たと思いますが、信頼性の面では既存の電話回線の方が信頼性が高くないでしょうか。
企業の場合、インターネットの利用で光回線を導入するのは良いと思いますが、当面電話回線は既存の設備を利用した方が良いのではと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月20日

Googleカレンダー日本語対応

Google カレンダーが日本語化されました。

CNETJpan で記事が紹介されています。
Googleカレンダーも日本語版に--携帯電話へのアラート機能も搭載

Googleアカウントが持っていれば利用出来ます。

Google カレンダーへようこそ

個人的には、

グーグルではGoogleカレンダーのAPIも公開しており、ユーザーは自分のウェブサイトなどにGoogleカレンダーを組み込んで表示させることも可能となっている。
との事で、自分のホームページに組込めるのは嬉しいと思います。

参考リンク
「Google Calendar」の使い方
Google Calendarに新機能、ページにカレンダーを埋め込む
Google Calendar 公開開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日

mixi は何処に行く?

株の事は良く判らないのですが、mixi が上場しました。詳細は、下記のリンクを参考にしてください。

IZA
課題は乏しい収益源…ミクシィのマザーズ上場

例によって、IT 企業が上場し価格が沸騰し、公募価格の2倍以上の値が付き、売買が初日は成立しなったとのことです。
正直な所、mixi を利用しており、mixi の魅力が良く判らない者として、この価格は理解出来ません。

mixi の収益に関しては、広告が主な収益だと思いますが、記事では以下のように指摘がされています。

ひとつは現時点で広告収入以外の収益源が乏しいこと。ネット競売や音楽配信などの新規事業を積極展開する考えだが、それでもヤフーや楽天などといったネット企業を超える売り上げは見込めそうにない。

例え500万人の会員数がいるとしても、広告収入だけでは限界があるのでは思います。
確かに、mixi はコミニュティを形成していますので、コミニュティに向けて適切な広告を出す事がで来ます。不特定多数に向けて広告を出すより効果は有ると思います。

また、mixi 自身会員数が500万人をオーバーし、今後もっと会員数は増えると思います。このような状態で安心した招待制と言えるのでしょうか、SNS 本来の”Social”を求めるので有れば、mixi で会員の個人情報を把握し、入会審査を厳しくし、身分を隠すような人や、怪しい行動をとる会員を監視出来る体制を構築して欲しいと思います。

mixi が今後も招待制を続けるのであれば、身元確認を出来る体制の構築を望みます。
もしくは招待制は廃止しオープンな環境にして、ダレでも自由に個人でコミニュティを構築出来るようなサービスになって欲しいと思います。

または、有料の mixi プレミアムは完全な招待制にして身分を把握し、他のサービスは招待がなくとも利用出来るような運営方法もあるあも知れません。

今回の上場で得た潤沢な資金で、今後よりいっそう mixi のサービスが充実する事を願うばかりです。
mixi 本来のサービスを見極め、道を逸れる事なく真っすぐと突き進んで欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 9日

会社が“PC音痴”を見捨てる日

少し前の IT Pro の記事にて、上記タイトルの記事が紹介されいました。

会社が“PC音痴”を見捨てる日

会社サイドの良い分は良く判りますが、業者の立場もしくは、管理する立場としては正直困ります。
社員が好き勝手様々なメーカー・スペックのパソコンを持ち込まれては、実質管理は不可能になると思います。
記事では自分持ちのパソコンだから、自分でメンテナンスを行うだろうと書かれていますが、パソコンは道具として使えても、設定やメンテナンスなんて知らない、判らない人が多い事実に、業者として驚いています。

正直な所、メールの設定に関しても、メールアカウント、パスワード、POP、SMTP、等の情報を提示して、どの位の人が自分で設定が出来るのでしょうか、個人的は出来て当たり前の作業だと思いますが、設定出来ない人が多いのが現実ではないでしょうか。

もし、パソコンは社員個人の物となれば、会社と個人(社員)と契約をさせて頂きメンテナンスを行うようになるのではないでしょうか。仕事が増えて良いかも知れませんが、とても対処しきれないと思います。

現実的には、IT 系の企業では自分のパソコンの方が良いという人も出てくるとは思いますが、一般企業では自分持ちのパソコンは難しいのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年9月 8日

OpenMenu X

Openmenuxicon
OpenMenu X はコンテクストメニューを活用する為の、ユーティリティです。
Mac OS 9 の事は、FinderPop を愛用していましたが、Mac OS X に対応していなった為に、OpenMenu X のライセンスを購入しましたが、殆ど利用していませんでした。最近βテストが始まったのでまた利用しています。

今回のバージョンアップで、マウスのボタンの長押しの対応しました!、これが一番嬉しい機能です。
コンテクストメニューとは、キーボードの control キーを押しながら、マウスのボタンを押す事でメニューが出来てきます。イメージ的に Windows の右ボタンです。
実は、キーボードの control キーを押すのが結構めんどうで、Mac OS 9 の頃で有れば、FinderPop を利用する事で、マウスボタンの長押しでコンテクストメニューが出てきました。

Mac OS X になってから、FinderPop 開発が止まりに代わり、OpenMenuX が開発されたのですが、どうも FinderPop ライクな使い方が出来ず、余り利用しないままになっていました。

今回、マウスの長押しに対応する事で、とても快適になり、これで Dock の中も整理が出来ると思います。

また、FinderPop も Mac OS X に対応しました。今後は FinderPop にも注目していきたいと思います。
ちなみに、FinderPop はビルーウェアーで、OpenMenuX はシェアウェアの商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日

Virtual PC7 をインストールしてみた。

Office:mac2004 PROFESSIONAL EDITION WITH VIRTUAL PC FOR MAC に付いて来た、Virtual PC7 をインストールしてみました。
標準で、Windows XP Professional が付いて来ていますので、何も考えずに「OK」していけば、すんなりとインストールが完了します。
Vpc
インストール後は見慣れた Windows の初期設定画面が出て来て、無事にインストール完了、インストール完了後、問題無くネットにも接続出来ましたので、Windows UPdate を行いました。

その後、Virtual PC を起動させると、以下のメッセージが表示されます。

[バーチャル スイッチ] ネットワークを起動できませんでした。
サポート ファイルのアクセス許可は正しく設定されていますが、[バーチャル スイッチ] に読み込む事ができませんでした。この問題を Microsoft に報告してください (Code: A1004)。Virtual PC for Mac は、[バーチャル スイッチ] ネットワークを使用せずに起動します。

調べた所、マイクロソフトのサイトにて
[VPC7] Mac OS X 10.4 (Tiger) 上でバーチャル スイッチを使用する際の問題について

が有り、指示に従い"Virtual PC for Mac Version 7.0.2 更新プログラム"を入手してインストールする事で、エラーが表示されなくなりました。

動作スピードに関しては、思ったより快適に動いていると思います。web を見る程度であれば、まぁ我慢出来ると思います。普段使っている Windows マシンがペンティアム3の 600MHz ですから(^^)。
ちなみに、Gyao も Yahoo 動画も問題無く見る事が出来ます。スピードは紙芝居ですけどね。

今までは、ホームページを作成した際に動作確認の為に、席を立って、Windows マシンの所まで移動していましたので、席をたたなくなっただけ快適になりました。

また、Virtual PC7 を起動させても、Mac OS X の動作スピードに影響が出ることは有りません。

正直な話、Virtual PC に関しては、動作が遅いと聞いておりインストールしても直ぐに削除するかと思っていましたが、思っていたより快適に利用出来た事に驚いています。動作スピードに関しては個人で感覚は違うので何とも言えないのですが、自分の今の使い方で有れば十分かと思います。

最後に Virtual PC7 をインストールした環境を書いておきます。
PowerMac G5 2GHz/Dual 搭載メモリー1.5GB Mac OS X10.4.7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日

「ググる」子供と、「ググれない」子供

bp SPECIAL の IT マネジメントにて上記タイトルの記事が公開されていました。

「ググる」子供と、「ググれない」子供

ネットの活用に関して、Google を活用出来る親は、子供の質問に答える事が出来る。また種明しをすれば直ぐに、子供たちは「ググれる」ようになる。
こればかりは、親が Google を知らなければ、また自宅にパソコンとインターネットの環境が無ければ、知り得る事が出来ない事だと思います。今の学校教育では、Google の活用は教えていないと思います(一部の教師は教えているかも知れませんが、教程には無いと思う)。親のスキルの差が現れてしまうと思います。

確かに何でもかんでも、Google で調べる事は良いと思いますが、ネットの情報に関しては、検索結果を全て信じきらない。多角的に情報を検索する等の安全面もスキルも合わせて教えて欲しいと思います。
お手軽に調べられる事で身に付かない言う意見も有ると思いますが、昨今携帯電話でも「ググれる」時代です。活用出来る物は活用した方が良いと思います。

また、調べるとは人に聞く事ではない事も合わせて学んで頂ければと思います。
まずは、「ググって」下調べてをしてから、質問をするようにして頂ければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日

ブログの炎上

ブログの炎上に関して、参考になる記事が有りました。

ITmedia にて
なぜ起こる? 「炎上」の力学 (1/2)

がとても参考になると思います。
要は、「反社会的な行為を自慢する」「知ったかぶりはしない」「間違いは間違いと認識する」と言う事になると思います。
また、企業ブログ、SNS では自社の【良い所】だけをアピールするような事はしない。

「知ったかぶり」「悪口」は注意したいと思います(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日

良い SEO 対策とは?

japan.internet,com の記事にて

SEO の基本を忘れてはいけない

時々ホームページの制作をさせて頂く事が有りますが、時には独りよがりの要望が有ります。
私としては、ホームページは、クライアント様が自己満足するのでは無く、そのホームページを見て頂いた方に、如何に必要な情報を伝える事が出来るかを、念頭に考えて制作するように心掛けていますが、時にはご理解して頂けないクライアント様がおります。

多くのクライアント様は、私に任せて頂けますが、余りお付き合いが無い所とお仕事をさせて頂くと、厳しい場合が有ります。また、完成しているサイトのメンテナンス等で、検索エンジンにヒット出来るようにして欲しいと要望を頂きますが、無理な場合が殆どです。

上記の記事にて

さらに、「よいサイトって何ですか?」と聞かれたら、「伝えたい情報をしっかり伝え、伝えたい情報にユーザーが容易にたどり着けるようにし、新しい情報をどんどん更新するサイト」と答える。

と、言う事を依頼者側が理解して欲しいと思います。

要は、利用者側に適切な情報を伝達出来るように、心掛けて制作していれば、自ずと SEO 的にも良い結果が得られる事になると思います。

ある程度の規模の企業で有れば、社名だけで検索出来るので有れば、オール FLASH でも良いと思いますが、ホームページから集客を考えるいる場合、独りよがりでは無く、如何に必要な情報が伝達出来を一番に考え、その上でどのようにデザインするかが、デザイナーの腕では無いでしょうか。

私の場合は、最後のデザインの所が弱い為、中々 web デザイナーを名乗れません(^^:::。

最後に、最近はどうか知りませんが、お付き合いのある企業様に、SEO 対策に関して飛び込み営業や、FAX で売り込みに来る事が有るそうです。
SEO 対策なんてそんなに簡単な物では有りませんし、順位なんて保証出来ません。順位を保証すると言う業者は、信用しない方が無難かと思います。
また、正直な話 SEO 対策は1回行えば完了と言う物では無いと、理解して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日

マピオン

地図サービスのマピオンが変わっていました。

Google マップ のサービス始まってから、地図の利用は殆ど Google マップ ばかり利用していました。

ただしお客様の所にお伺いする等、地図を印刷する場合 Google マップでは不便です。その点 マピオンでは印刷する事が配慮されています。
Google マップを利用するになったのは、地図がドラック出来るのが便利なのと、とにかくシンプルな使い方が良く好んで利用するようになりました。

今回久しぶりに、地図を印刷する必要が有り、マピオンを開いた所、直接住所を入力して検索出来るようになっており、なおかつ地図がドラック出来るようになっていたのは驚きです。

Google マップのシンプルさも良いけど、マピオンの機能も魅力です。
ケースバイケースで使い分けたいと思います。

記事を公開してからなんですが、Google マップも印刷を配慮されていました。今気がつきました。
こでじゃ、マピオンは厳しいかも?マピオンでは、地下鉄の駅の表記が有る、地域毎の色分けてされており視覚的見やすい等でしょうか。Google マップでも、マピオンで良く利用されるサービスは取り入れてましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »