« 番号ポータビリティ制度は10月24日から | トップページ | お盆休みモード »

2006年8月11日

Virtual PC Mac 版開発中止

少し前のニュースですが、マイクロソフトが、Virtual PC Mac 版の開発を中止を発表しています。

CNET Japan の記事にて
マイクロソフト、「Virtual PC for Mac」の開発を中止

開発の中止理由として、Intel 版を開発するには、ほぼゼロかの開発に等しいのと、Intel Mac では、Windows も起動させる事が出来るからだと思います。
他に、最近話題の Parallels や、老舗の VMware が再度力を入れて来ていますので、マイクロソフトが無理して開発をする事はないと言う判断なんだと思います。
性能面では、Intel ネティブで動く Parallels の評価は高いようだし、老舗の VMware はもともと Virtual PC よりは評価が高かったと思います。今後 Intel ネティブの VMware には期待が高まってると思います。このような状況下で、マイクロソフトが今後、Virtual PC への開発に投資をするかと考えれば、仕方が無いと思います。

ちなみに、Mac 版以外の Virtual PC は無償化されて公開されています。

ITpro Windows の記事よると
マイクロソフトが「Virtual PC 2004」を無償化、日本語版もダウンロード可能に

Windows Vista に対応した、Virtual PC 2007もリリースするそうですが、Virtual PC に関してはほぼ開発中止に近い状態だと思います。

様々な理由がある訳で、開発を中止するのは仕方が無いと思いますが、そもそも Virtual PC はマイクロソフトがゼロから開発した物ではく、Connectix を買収して自社製品にした物です。

自社で開発した物ならまだしも、買収して手に入れた物の実質開発中止で、Virtual PC が世の中ら消えて無くなってしまう事を残念に思います。出来る事で有れば Virtual PC のソースをオープンソースとして公開して欲しいと思います。

その前に、Virtual PC の Mac 版も無償公開して欲しいと思います。
自分としては、先日 Office:mac 2004 の Professional Edition を購入したばかりなんですけどね。夏休みにでもインストールしてみたいと思います。

|

« 番号ポータビリティ制度は10月24日から | トップページ | お盆休みモード »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/11383712

この記事へのトラックバック一覧です: Virtual PC Mac 版開発中止:

« 番号ポータビリティ制度は10月24日から | トップページ | お盆休みモード »