« 新アクセス解析に思う | トップページ | Mac Pro の発表 »

2006年8月 6日

PowerMac G5 RAID 記録

PowerMac G5 を RAID 化して一ヶ月少々利用しました。インストール記録を残しておきます。

まず始めに、RAID に関して下記のサイトを参考にしてください。

e-word
RAID
@IT
RAID (Redundant Arrays of Independent(Inexpensive) Disks)【レイド】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RAID

一言で言ってしまえば、複数のハードディスクを利用し、データ記録の高速化か、もしくはハードウェアの冗長性を上げる為に用いられる技術と理解して頂いて良いと思います。

今回、PowerMac G5 で RAID を構築しようと思った理由は、ハードディスクのクラッシュが原因です。主なデータに関しては、外付けハードディスクに記録されておりデータは無事でした。これは結果的にハードディスクの冗長性が有った為です。

このような経験をし、ハードディスクの大容量化、価格の低価格、Mac OS X 自身でソフトウェア的に RAID が構築出来る為、ハードディスクを2個用意して、RAID1(ミラーリング) を構築しました。

RAID を構築する際には、ハードディスクのフォーマット、もしくはパーティションの切り直しが必要になると思います。もし記事を読んで作業を行うと思った方は、作業を行う前にデータ及び環境をバックアップしてから、作業を行ってください。あくまでもリスクはご自身で。

今回の作業は、全てのデータのアップを行ってから作業を行いました。

用意する物は、同じ容量(300GB)のハードディスクを2個だけです。(ちなみに、RAID を構築する際に2個のハードディスクの容量は違っても問題は有りません)
作業に入る前に、ハードディスクの使い方を考えます。2個のハードディスク領域全てを RAID 領域にして利用するのか、パーティションを切って、一部の領域のみを RAID として利用するか事前の設計が必要です。
今回は300GBのハードディスクを、100GB,200GB と2個のパーティションに別ける事にしました。その結果2個のハードディスクは

HDA1;100GB: OS 領域
HDA2,HDB2;200GB(RAID1):データ領域
HDB1;100GB:予備

と別けるようにしました。これで 400GB の領域が利用出来るようになります。
300GB のハードディスクを2個丸々 RAID で利用するのが一番簡単ですが、OS の領域とデータ領域を別けたかったので、上記のように別ける事にしました。

上記のように、RAID 構築作業を行う前に、ハードディスクの使い方を設計しておきます。

以下に Mac OS X にて具体的な作業方法を記載します。
まず始めに、PowerMac G5 にハードディスクを2個、組み付けてから作業を行います。

  1. 付属の DVD で PowerMac G5 を起動します。
  2. インストーラーが起動後、言語を選択し「ディスクユーティリティ」を起動します。
  3. 2個のハードディスクが認識しているのを確認します。
  4. 個々のハードディスクを設計通り、2個のパーティションに別けフォーマットします。
  5. 200GB のパーティションを選択し、【RAID】タグを選択
  6. RAID セットには名前を付けますので、「RAID セット名」欄にセット名を入力します。この名前でデスクトップにマウントされます
  7. RAID のタイプを選択、ミラーリングを選びます
  8. 実際に、RAID を組むパーティションを[+]をクリックして選択します。個々のハードディスクの200GBの領域です
  9. 以上の作業で RAID セット構築は完了です

RAID セットの構築が完了したら、後は通常通りに OS のインストールを行います。

今回は、100GB の領域に Mac OS X のシステムをインストールし、RAID 領域の 200GB にデータをコピーしました。

今後、200GB の領域にデータを保存すると、2個のハードディスクに同時にデータが記録(保存)されるようになり、ハードディスクの冗長性が高まります。
仮に1個にハードディスクが故障しても、データはもう1個のハードディスクに残っており、故障したハードディスクを新規のハードディスクと交換する事で、データはコピーされて同じ環境が構築されます。

今回の RAID システムでは、OS 領域が RAID 化されていません。OS の入っているハードディスクがクラッシュした場合、復旧に時間は要しますが、データは残るので良しとしました。

後は、実際にハードディスクに障害が発生した際、どのような挙動を示すのか、また RAID はデータのバックアップでは無いので、バックアップに関しても検討したいと思います。

|

« 新アクセス解析に思う | トップページ | Mac Pro の発表 »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/11305208

この記事へのトラックバック一覧です: PowerMac G5 RAID 記録:

« 新アクセス解析に思う | トップページ | Mac Pro の発表 »