« 夏休み企画:ココログのカスタマイズその1 | トップページ | 夏休み企画:ココログのカスタマイズその2 »

2006年8月14日

データは何処に??

本日、夏休み中では有りますが、事前の予約でしたのでお客様の所にお伺いしてきました。
本日8月14日は、東京で大停電が有り、お客様の所が該当地区で心配しましたが、問題無く作業は完了しました。作業内容は、フレッツADSL から、B フレッツへの変更です。マンションタイプという事も有り、屋内は VDSL で、思った程スピードが出ていませんでしたが、ADSL より早く安定しているので良いと思います。

帰り際に、お客様が以前交換したパソコンに、デジタルカメラのデータは無いのですがと言うお話になり、デジタルカメラのデータが移管されていない事が判明しました。正直私のミスでした。

経緯は2ヶ月程前、パソコン交換の為に古いパソコンからデータをバックアップし、新しいパソコンにデータを移管しました。その際に移管するデータはお客様と相談して、メール関連のデータ、マイドキュメント内、デスクトップに有ったファイル、を新しいパソコンに移管しました。その後1ヶ月位使って頂き、データの移管忘れが無いのを確認後、古いパソコンをリカバリしました。

お話を伺った所、オリンパスデジタルカメラに付いていた、ソフトをインストールした所、デジタルカメラのデータが無い事に気がついたとの事です。
確認した所付属のソフトとは、OLYMPUS Master と言うプログラムで、 このプログラムで写真データは標準では、

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\OLYMPUS\OLYMPUS Master\store

に保存されるそうです。
正直な所、"Application Data" の不可視の領域に保存されているとは・・・。
何も言わず、ユーザ領域を全てバックアップしておけば良かったと・・・。

お客様は、写真データもバックアップされていると思い、OLYMPUS Master を再度インストールすれば見れる物と思っていました。

時々、お客様とお話していると、データはこのアイコンの中にある言う方がいますが、その認識は間違いです。
アイコンとは、プグラム自身を表しデータ(写真)を閲覧しているだけで、写真データが何処に保存しているのか確認しておく必要があります。特に写真データの場合、他の方にお渡ししたい場合、Windows のファル単位でファイルを扱う事を要求されると思いますが、写真データが何処に保管されているのか、把握しておかなければ難しい作業になってしまうと思います。

特に今回の例のように、ユーザの"Application Data"領域に写真データが有っては、写真データ自身の存在が判りません。
デジタルカメラ付属のユーティリティソフトを使う事で、取込みから管理まで一括して行えるのは便利だと思いますが、ユーティリティソフトのマニュアルを読んで頂き、何処に写真データが保存されているのか、確認しておくのをお勧めしておきます。

思うに、ユーザの"Application Data"に保存するのは、ユーザ自身に写真を、直接触れるのを嫌っての事だと思います。また、判る人は設定を変えれば何処でも保存出来るという事なんだと思います。メーカーの気持ちは良く判ります。

あ〜、やっぱり"Application Data"もバックアップしておくべきでした。
悔やんでも悔やみきれません。最大の失敗です。
今後の教訓にさせて頂きます。

|

« 夏休み企画:ココログのカスタマイズその1 | トップページ | 夏休み企画:ココログのカスタマイズその2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/11434031

この記事へのトラックバック一覧です: データは何処に??:

« 夏休み企画:ココログのカスタマイズその1 | トップページ | 夏休み企画:ココログのカスタマイズその2 »