« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月28日

ロリポップと Yahoo!Japan の問題

お盆休みが明けた頃から、ロリポップでサイトを開いてホームページが、Yahoo!japan で検索した場合、検索出来なくなると言う現象が発生していたみたいです。ブログ等で話題になっています。

原因はロリポップで特定の IP アドレスを弾いていたのが原因との事、特定の IP アドレスとは、新クローラだったとの事です。

ロリポップのお知らせ

クローラーが頻繁に訪れたのが原因なんでしょうか、それでサーバが頻繁にダウンするって、Yahoo! 側の問題なの?それともロリポップ側なんでしょうか。
もしかしたらロリポップではサーバに多くサイトが設定されている為に、Yahoo のクローラーが頻繁に訪れると言う結果になったと言う事はないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月25日

カレンダーサービス

カレンダーサービスとは、自分のスケジュール、仕事のスケジュール、プロジェクトのスケジュール、サークル等のスケジュールを管理するサービスです。

個々のパソコンにプログラムを入れて、個人で管理する物から、サーバで公開して、複数の人で共有するまで様々なサービスが有り、仕事やサークル等でスケジュール情報を初め様々な情報をを共有するサービスを、グループウェアと呼ばれています。
グループウェアで有名な所では、ロータスノーツや、サイボーズが有名です。
他にも様々なサービスが有ると思います。

単に、web 上で情報を共有したいので有れば、CGI プログラムで、Web Calendar2 等も有ると思います、今は開発が止まっているようで少々残念に思います。
CGI プログの設置に関しては、少しスキルを必要をする為、今は余り現実的ではないと思います。

企業等で、スケジュール等を管理するので有れば、情報管理も必要になりますし、個人のスケジュール、会社のスケジュール、プロジェクトのスケジュール、プロジェクトメンバー各自のスケジュール等を、知りたいと思います。
このような場合は、本格的なグループウェアが必要になります。

少し前まで大企業で、情報の共有化という事になれば、ノーツが有名でしたが、ノーツは専用システムの開発が必要になり、中・小規模な企業では簡単に導入出来ません。そこで日本生まれのサイボウズが web ベースで利用出来るサービスを提供し、インターネット/イントラネットの普及に伴い、シェアを伸ばしてきました。
最近では、レンタルサーバにサイボウズの ASP 版が導入されており、簡単に利用出来る環境が整いつつあります。

その中で、最近フリーで使えるカレンダーサービスが、注目を浴びています。
グループウェアで様々な情報が共有出来ると言っても、一番使われているのはスケジュール管理なんだと思います。カレンダーサービスとは、グルプウェアからスケジュール管理のみを特化したサービスなんだと思います。

先日、Google のカレンダーサービス、Google Calendar が公開されました。
まだ日本語化されていないのが残念ですが、Gmail との連携が出来、グループで情報を共有出来るそうです。詳細は下記のサイトを参照して見てください。
Google Calenda は 無料の Google アカウントを取得すれば利用出来ます。個人で利用するので有れば Gmail のアカウントを取得した方が良いかもしれません。

CNET Japan
グーグル、噂の「Google Calendar」をついに公開

ITPro 最新テクノロジー
GoogleがAjaxを利用したカレンダー・サービスを公開

Google Calendar の良い所は、カレンダー情報を、RSS 公開出来る所が、今時のサービスだと思います。

また、最近は「c2talk」と言う、ソーシャルカレンダーサービスが発表になりました。

CNET Japan
インフォテリア、ソーシャルカレンダーソフト「c2talk」の提供を開始

IT media NEWS
WindowsとMacOSに両対応のソーシャルカレンダー「c2talk」

ASCII24
インフォテリア、ソーシャルカレンダーソフト『c2talk』を提供

BroadBand Watch
WindowsとMac OS対応のソーシャルカレンダーソフト「c2talk」

「c2talk」も無料で利用出来るサービスです。
「c2talk」が、「Google Calendar」と一番違うのは、「c2talk」は独自アプリケーションをパソコンに、インストールして利用します。必要に応じて情報を web 上に公開出来るとの事です。セキュリティの面を考えれば、安全性が高いかも知れません。
また、ユーザ間で利用出来るアプリケーションプログラムを追加出来る事は、単にカレンダーサービスでは無く、カスタマイズも出来るグループウェア的な要素も有ると思います。

「c2talk」と「Google Calendar」一番の違いは、一部のデータのみを公開する「c2talk」と。全てのデータをGoogle に預けてしまう「Google Calendar」の違いです。今時ローカルにデータを残す事に意味が有るのかと言う意見も有りますが、企業での情報をいち私企業に渡して良いのか?まして無料サービスですので業務では利用出来ません。
その点「c2talk」の方が、必要な情報だけ公開するので、企業での利用は安心です。ただ無料サービスには保証の面は安心出来ません。個人的には「c2talk」に業務で利用出来るようなサービスを提供して欲しいと思います。

「c2talk」を開発した、インフォテリア(株)代表取締役社長/CEO 平野 洋一郎氏のブログ

「c2talk」はなぜクライアントソフトなのか? - Beyond Web 2.0

から引用します。

「c2talk」はそんな時代のための「Webクライアント」を目指して開発しました。また、もう一つ大事な理由は、「こちら側」とWebをつなぐためにクライアントソフトをしているという点です。現実的には「こちら側」にあるリソース(データやアプリケーションなど)も多く、また「あちら側」には置けないデータも多くあります。それらのデータをつなぎ、しかもサーバーにデータを置くことなく必要な人とデータを共有できるそのためのソフトウェアなのです。

「こちら側」のデータと「あちら側」に置けないデータのへの橋渡しという概念は、企業で利用する上でとても大切な考え方だと思います。

正直な所、お客様にお勧めするにはサービス内容と、信頼面でまだお勧めする事は出来ないと思いますが、利用出来るサービスを色々利用して検討してみたいと思います。

他に、カレンダーサービスは、Yahoo!japan や、@niftyのマイニフティ にも有るのですが、個人やサークル程度の利用しかイメージが湧きませんでしたが、「c2talk」や、「Google Calendar」は業務でも利用も前提に開発されているように思います。

今後も新しいサービスが色々出てくると思います。サイボーズも進化するのではと思います。今後も注目しておきたいと思います。

最後に、「c2talk」も「Google Calendar」見た目、インターフェースは Apple の iCal に何となく似ていませんか?
また、「c2talk」のクライアントにデータを残し、公開するデータだけサーバアップロードすると言う考え方は、iCal のコンセプトに似てませんか?

個人的には、現時点では Windows 版の iCal と言う事で、「c2talk」に興味が傾いています(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日

Gmail が登録制に移行

Gmail とは、google が提供している Web メールサービスです。
今までは、招待制でしたが8月23日から、登録制に変わりました。

もうメールソフトはいらない? Googleの高機能ウェブメール「Gmail」が一般公開
グーグルのWebメール「Gmail」が招待なしで利用可能に

Gmail の特徴は、ディスクスペースが 2.7GB あり、Google の強力な検索機能を使ってメールを検索出来ます。
また、強力なスパムフィルターが有り、迷惑メールを判別する事が出来ます。

Gmail は招待して頂きアカウントは持っていますが、余り活用出来ておらず残念です。

Gmail は pop でも利用出来ますので、迷惑メールが多い人は、メールをいったん Gmail に送り、Gmail のメールを pop で受信する事で、迷惑メールの振り分けが出来ると思います。

他に Gmail を活用する為の Tips に関しては、下記のページが参考になると思います。

Gmail の TIPS,裏技,アクセスキー,活用方法,ソフトウェア等を URI 参照系でなるべく多くあげていってください。回答の重複 OK ですが,なるべく多くが原則でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日

ココログ謹製アクセスカウンター

今までココログにはアクセスカウンターが有りませんでした。多くの人は他のサービスを利用したり、@nifty ホームページサービスのアクセスカウンターを流用して設置していたと思いますが、ココログに純正のアクセスカウンターが用意されました。

お知らせココログに案内が出ています。
アクセスカウンターの機能を追加しました

具体的な設置方法は、

使い方ガイド:解析オプション〜アクセス解析応用編
に記載されています。
基本的には、アクセス解析内の「レポートメニュー」の一番下に、【カウンター設置】があります。
【カウンター設置】で基本設定を行ってから、「デザイン編集」から「表示項目を変更」で、チェックを入れる事で表示されます。

【カウンター設置】の項目で、数値を設定しなければアクセス解析で表示される「累計アクセス数」が表示されるとの事です。

うん!、「累計アクセス数」と数値が少し違うのですが・・・。

今まで、@nifty ホームページサービスのアクセスカウンターを流用していましたが、ココログ謹製に切り替え、設置場所を変更しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日

Windows Defender を試してみました。

Windows Defender とは、マイクロソフト謹製のスパイウェア監視ソフトで、リアルタイムで保護してくれます。

実は Windows Defender を試してみたと言うより、Windows 2000 の環境で、Windows Defender(ベータ2)のインストールを試みた所

"This software requires GDI+ Please load the Windows 2000 Security Software Prerequisite Pack"

とエラーが表示され少しなやみました。対策に関して google 先生に確認した所、

Windows Defender ベータ 2 : リリース ノート

とのことで、既知の問題として案内されており、サポートに対策が紹介されています。

Windows 2000 ベースのコンピュータに Windows Defender (ベータ 2) をインストールしようとすると、エラー メッセージ "This software requires GDI+ Please load the Windows 2000 Security Software Prerequisite Pack" が表示される

サポートの指示に従い、「Platform SDK Redistributable: GDI+」をダウンロードする事で、「Windows Defender」をインストールする事が出来ました。

Windows Defender 自身インストールしたばかりで、効果は何とも言えないですが、リアルタイムでスパイウェアをチェックをしてくれることは嬉しいと思います。インストールしても動作が重くなる事も無く、良い感じです。
先日ご紹介した「Windows Live OneCare PC セーフティ」と、組み合わせて出来るだけ、マイクロソフト謹製ソフトで対策が出来るようになればと思います。

でも、ウィルスはリアルタイムで見て頂けないのは少し残念です。今後に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日

夏休み企画番外編:ココログのカスタマイズその3

仕事が一区切り付いていますので、夏休み企画番外編です。

ココログで、少しだけ文字のサイズを大きくしたいと思います。

http://maru.cocolog-nifty.com/manabi/styles.css

上記のスタイルシート(CSS)を開いてみてみると、"font-size:" の項目が文字のサイズを指定しており、何カ所か表記が有ります。
個々に文字のサイズを指定しており、例えば ”#banner h1” と有る所は、HTML のソース確認してみると <div id="banner"> </div> に挟まれており、その中で <h1> から </h1> に挟まれた文字に対して指定した"文字のサイズ"が適用されます。

指定された文字のサイズは、”xx-large” となっています。
文字のサイズは、大きい順に

xx-large ・・・・ 超特大
x-large ・・・・・ 特大
large ・・・・・・・ 大
medium ・・・・ 普通
small ・・・・・・・ 小
x-small ・・・・・ 極小
xx-small ・・・・ 超極小

と指定します。
文字のサイズは、上記以外に % や、em,px 等で指定できますが、ココログでは上記の方法で指定されています。
個人的には、”xx-small” は文字が小さすぎると思います。

ココログ本文で利用している文字の大きさの指示は、HTML のソースを確認してみると、

<div id="center">
<div class="content-top"></div>
<div class="content">

から、記事の本文が始まっています。
スタイルシート(CSS)のソースを確認すると、

.content p {
color: #000000;
font-family: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif;
font-size: small;
font-weight: normal;
line-height: 150%;
text-align: left;
margin-bottom: 10px;
}

とあります。
”.content p” とは、<div class="content"> </div> に挟まれており、その中で <p> </p> に挟まれた文字の属性を指定しており、文字の大きさは ”small” と指定されています。
ここの記述を修正すれば文字の大きさを変える事が出来ます。

ちなみに上記の記述では

color: #000000;
文字の色を16進数で指定しています。文字の色は「黒」を指定しています。

font-family: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif;
フォントの種類を指定しています。Windows と、Macintosh の環境で、ゴシック系のフォントを指定しています。

font-size: small;
文字のサイズを指定しています。文字のサイズは「小」を指定しています。

font-weight: normal;
文字の太さを指定しています。文字の太さは「標準」を指定しています。

line-height: 150%;
行間を指定しています。行間を「150%」で指定しています。

text-align: left;
文字の位置を指定しています。文字の位置は「左寄せ」を指定しています。

margin-bottom: 10px;
余白を指定しています。余白は下方向に「10px」のスペースを指定しています。

と指定していることが確認出来ます。

記事の文字サイズを変更するには、変更点を

.content p {
color: #333333;
font-size: medium;
}

と、【カスタムCSSを編集】の「テキストボックス」内に記載します。
文字の色を「灰色」に、大きさ「標準」に変更しています。

ご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Live OneCare PC セーフティ 日本語版公開

ITmedia の記事にて。

マイクロソフトの、「Windows Live OneCare PC セーフティ」の日本語版が提供されたとの事です。

MS、無料のPCスキャンサービスに日本語版

Windows Live™ OneCare

他のメディアで、最近は GIGAZINE も時々読んでいます。
Windows Live OneCare PC セーフティ」でレジストリを最適化

早速試してみました。

マイクロソフト謹製で、ウィルス / スパイウェアの検出・削除、他にハードディスクの断片化(デフラグ)、不要なレジストリの削除、ポートのスキャンまで行って頂けるのは嬉しいサービスです。

チェックの結果、数個のスパイウェアと、ウィルスに感染しているかも知れないファイルを1個検知しました。
基本的には自動で削除してくれましたが、ウィルスに感染しているかも知れないファイルは、自動で削除してくれず手動で削除しました。

感想としては、マイクロソフト謹製と言う事で安心できます。
ただ、不要なファイルを溜め込んでいる場合と、ディスクの断片化が激しいと、フルスキャンすると結構時間(数時間)を要すると思います。
個人的には、レジストリのクリーンアップをしてくれる事は嬉しいと思います。ただレジストリは一歩間違うと起動しなくなってしまう可能性があり少し怖いと思います。

このようなサービスは3年位はスタートして欲しかったと思います。
また、出来る事であれば、「クリーンアップ」「チューンアップ」は、OS の標準機能として持って欲しいと思います。

最後に、
「Windows Live OneCare PC セーフティ」の「プロテクト」に関しては、事前の予防はしてくれません。ウィルスの予防に関しては、今まで通りなんらかのウィルス対策ソフトが必要です。何も既存のウィルスソフトが不要になった訳ではないので注意してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日

夏休み企画:ココログのカスタマイズその2

せっかく始めた夏休み企画ですが、本日で夏休みも終わり。あっと言う間の夏休み企画でした(^^)。
何とか纏めてみます。

前回は、ココログのデザインはスタイルシート(CSS)で行っており、スタイルシート(CSS)の在処まで確認しました。
スタイルシート(CSS)をカスタマイズすることで、ココログのデザインを変更することが出来ます。
以前はココログプロ以外は自由にカスタマイズを行うことが出来ませんでしたが、春のバージョンアップ後から以下の所で行えるようになりました。

スタイルシート(CSS)をカスタマイズするに
管理ページトップ > ブログ一覧 > 各人のブロブ名 > デザイン > カスタムCSSを編集

上記ページのテキストボックス内に、スタイルシート(CSS)の属性を記述する事で、デザインに反映されます。

スタイルシート(CSS)の特性として、指定されている属性を、後から再度指示して変更する事が出来ます。
現在、

http://maru.cocolog-nifty.com/manabi/styles.css

にて、指定されているスタイルシート(CSS)の属性を、上書きする事で属性を変更させることが出来ます。
http://maru.cocolog-nifty.com/manabi/styles.css

を開いてみると。

body {
margin: 0px 0px 20px 0px;
border: 0;
padding: 0;
background-color: #CCDEF0;
text-align: center;
}

と、有ります。
上記の内容は、html の タグに関して、属性を与えています。

margin: 0px 0px 20px 0px;
margin とは、左右天地の余白を示しており、上記の記述では、上、右、下、左 の余白を指定おり、上記の内容では、下だけ 20px の余白を与えています。

border: 0;
border とは、外枠を表します。0px ですので、外形線は無しを示しています。外形線が不要な場合、border 記述をしなくても可です。

padding: 0;
padding とは、左右天地の余白を示しており、上記の記述では余白無しを示しています。

margin と padding は同じ余白になりますが、margin は外側の余白になり、padding は内側の余白になります。使い分けは少し慣れが必要です。

background-color: #CCDEF0;
background-color とは、背景の色を示します。 #CCDEF0 が指定されて色を表しており、ホームページを制作する場合、色の指示は #CCDEF0 と16進数で表します。詳しくは下記のサイトを参考にしてください。

カラーチャート

text-align: center;
text-align: とは、文字の位置を示します。center にて真中寄せを指示しています。

上記は一例です。
このように、スタイルシート(CSS)は、 という HTML のタグに対して、様々な属性を指定しています。
ココログ(フリー、ベーシック、プラス)で、デザインのカスタマイズとは、上記で指定されている、スタイルシート(CSS)の属性を指定しなおす事で、カスタマイズを行います。

以下の内容を、【カスタムCSSを編集】の「テキストボックス」内に記載します。

body {
background-color: #99CCFF;
}

上記の内容を、【カスタムCSSを編集】の「テキストボックス」内に記載する事で、背景の色を変える事が出来ます。

スタイルシート(CSS)をカスタマイズする場合、HTML のタグに対してどのような属性を与えているかを確認し、そのタグに対して新規の属性を【カスタムCSSを編集】の「テキストボックス」に記述する事で、属性の上書きになり、カスタマイズを行うことが出来ます。

スタイルシート(CSS)の属性等に関しては、下記サイト、書籍等でご確認してください。

http://www.scollabo.com/banban/ref/css.html
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022006/css/index.html
http://dhr.at.infoseek.co.jp/simple_style1.htm
http://desperadoes.biz/style/base/index.php
http://hp.vector.co.jp/authors/VA013937/cssref/

HTML のソースと、スタイルシート(CSS)のソースを見比べて、カスタマイズするポイントを見極めてから、変更点を【カスタムCSSを編集】の「テキストボックス」に記載する事で、デザインをカスタマイズする事が出来ます。

慣れていない方には、少し敷居が高いかも知れませんが、少しづつカスタマイズして見てください。
ちなみに、新規の属性を【カスタムCSSを編集】の「テキストボックス」に記載した内容は、

http://maru.cocolog-nifty.com/manabi/styles.css

/* user css */
部分に、記載されます。

お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日

データは何処に??

本日、夏休み中では有りますが、事前の予約でしたのでお客様の所にお伺いしてきました。
本日8月14日は、東京で大停電が有り、お客様の所が該当地区で心配しましたが、問題無く作業は完了しました。作業内容は、フレッツADSL から、B フレッツへの変更です。マンションタイプという事も有り、屋内は VDSL で、思った程スピードが出ていませんでしたが、ADSL より早く安定しているので良いと思います。

帰り際に、お客様が以前交換したパソコンに、デジタルカメラのデータは無いのですがと言うお話になり、デジタルカメラのデータが移管されていない事が判明しました。正直私のミスでした。

経緯は2ヶ月程前、パソコン交換の為に古いパソコンからデータをバックアップし、新しいパソコンにデータを移管しました。その際に移管するデータはお客様と相談して、メール関連のデータ、マイドキュメント内、デスクトップに有ったファイル、を新しいパソコンに移管しました。その後1ヶ月位使って頂き、データの移管忘れが無いのを確認後、古いパソコンをリカバリしました。

お話を伺った所、オリンパスデジタルカメラに付いていた、ソフトをインストールした所、デジタルカメラのデータが無い事に気がついたとの事です。
確認した所付属のソフトとは、OLYMPUS Master と言うプログラムで、 このプログラムで写真データは標準では、

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\OLYMPUS\OLYMPUS Master\store

に保存されるそうです。
正直な所、"Application Data" の不可視の領域に保存されているとは・・・。
何も言わず、ユーザ領域を全てバックアップしておけば良かったと・・・。

お客様は、写真データもバックアップされていると思い、OLYMPUS Master を再度インストールすれば見れる物と思っていました。

時々、お客様とお話していると、データはこのアイコンの中にある言う方がいますが、その認識は間違いです。
アイコンとは、プグラム自身を表しデータ(写真)を閲覧しているだけで、写真データが何処に保存しているのか確認しておく必要があります。特に写真データの場合、他の方にお渡ししたい場合、Windows のファル単位でファイルを扱う事を要求されると思いますが、写真データが何処に保管されているのか、把握しておかなければ難しい作業になってしまうと思います。

特に今回の例のように、ユーザの"Application Data"領域に写真データが有っては、写真データ自身の存在が判りません。
デジタルカメラ付属のユーティリティソフトを使う事で、取込みから管理まで一括して行えるのは便利だと思いますが、ユーティリティソフトのマニュアルを読んで頂き、何処に写真データが保存されているのか、確認しておくのをお勧めしておきます。

思うに、ユーザの"Application Data"に保存するのは、ユーザ自身に写真を、直接触れるのを嫌っての事だと思います。また、判る人は設定を変えれば何処でも保存出来るという事なんだと思います。メーカーの気持ちは良く判ります。

あ〜、やっぱり"Application Data"もバックアップしておくべきでした。
悔やんでも悔やみきれません。最大の失敗です。
今後の教訓にさせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日

夏休み企画:ココログのカスタマイズその1

夏休み企画として、ココログをカスタマイズ方法を書いてみたいと思います。

ココログプロの場合、ホームページの骨格になる、HTML と見た目をコントールする、スタイルシート(CSS)は自由にカスタマイズが出来ます。今回は、ココログフリーを始め、ベーシック・プラズでの方法をご紹介いたします。

まず、理解して欲しいのは、ココログで見え方に関する部分は全て、スタイルシートにて指示されています。
見え方の部分とは、文字の色、文字の大きさ、フォント(字体)の指定から、背景(バックグランド)の色等、全てに及んでおり、スタイルシートをカスタマイズする事で、見え方をカスタマイズ出来ます。

スタイルシートだけでは、3カラム(3段組)を2カラム(2段組)に変更するような、骨格に関するレイアウトのカスタマイズは行えません。骨格に関するレイアウトは HTML もカスタマイズも必要になります。今回の説明では対象外になります。

ちなみに、ココログは春のバージョンアップで、プロ以外でもスタイルシートのカスタマズが出来るようになりました。
スタイルシートのカスタマイズは、

管理ページトップ > ブログ一覧 > 各人のブロブ名 > デザイン > カスタムCSSを編集

で、テキストボックが現れます。
テキストボックス内に、スタイルシートを記述する事で、スタイルシートが反映されます。

と、書いても何をどのように書けば良いのでしょうか正直な所、判らないと思います。
まずは、実際に今利用している、ココログのスタイルシートを確認してみたいと思います。

ココログのスタイルシートを確認するには、ココログのソースを見て、スタイルシートの在処を確認する事が必要です。
ココログを開いてソースを開いて確認します。ソースを開いて確認するには、Windows の IE で有れば、メニューの「表示」「ソース」から確認することが出来ます。

ソースを開いてみると、良く判らない文字列が出てきますが、

と言う、行を探してみてください。
"stylesheet"を検索して見ても良いと思います。10行目位までにあると思います。
上記の記述は、manabiBlog のスタイルシートを所存を示しており、

http://maru.cocolog-nifty.com/manabi/styles.css

の部分がスタイルシートの、所在(アドレス)を示しています。

上記のアドレスをブラウザで開いて見てください。
Windows の環境だと、ファイルのダウンロードが始まるかもしれません。その場合はファイルをダウンロードして見てください。
ダウンロードしたファイルは「メモ帳」(Notepad)もしくは「ワードパット」で、中身を確認する事が出来ます。
動作を確認した所「メモ帳」(Notepad)では、改行がおかしくなるみたいで、「ワードパット」なら問題無く開く事が出来ました。

スタイルシート開いて見てみると、また何だか良く判らない文字列の記述が表記されていますが、この文字列で、HTML ファイルの見え方をコントロールしていると理解してください。

まず、ココログの見え方をカスタマイズするには、スタイルシートと言う物をカスタマイズをするんだと理解して頂ければ、ココログのカスタマイズその1は終了です。

参考資料
ココログに限らず、ホームページ全般を制作したり、カスタマイズするには「メモ帳」が重宝しますが、今回のココログのスタイルシートは、「メモ帳」でちゃんと開く事が出来ませんでした。
出来る事であれば別途「メモ帳」より、高機能なエディターを入手しておくと便利だと思います。お勧めのエディターは Windows 環境で有れば【TeraPad】がお勧めです。

【TreaPad】に関して下記のサイトを参考にしてください。
ベクターソフトニュース - TeraPad
テキストエディタ「TeraPad」を使いこなそう!
TeraPad-FAQ
作者のホームページ

Windows 環境の方で、ホームページ、ブログの制作、カスタマイズを考える方は是非とも、入手しておいた方が便利だと思います。

Macintosh の環境で有れば、【mi】が便利です。
作者のホームページ

【TreaPad】、【mi】はフリーで提供されているツールです。作者の方に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休みモード

本日12日から本格的なお盆休みモードでしょうか。
都内の交通量は少なく街は静かです。お客様もお盆休みモードに入ったのか、問い合わせ、お客様の所へのご訪問、ヘルプの問い合わせ電話等が無く静かです。

交通情報では、東北自動車道が 100Km に及ぶ渋滞とか、お父さんご苦労様です。
自分は東京の人間ですので、帰るふるさとは東京です。このように短い休みの時期に帰省する必要がなく助かっています。

この休みは期間的に少しゆっくり出来ますので、たまっている制作作業等を全て完了してしまいたいと思います。
今日は、制作した新しいホームページに元々有った古いホームページから日記のデータをバックアップして、統合するための準備や、お客様自身が作られたファイルメーカーのデータベースを結局は、修正するなら作り替えに等しいので、ファイルメーカー8 に慣れる為にも新規に制作しています。

あ〜、なんと平和な一日なんでしょうか(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日

Virtual PC Mac 版開発中止

少し前のニュースですが、マイクロソフトが、Virtual PC Mac 版の開発を中止を発表しています。

CNET Japan の記事にて
マイクロソフト、「Virtual PC for Mac」の開発を中止

開発の中止理由として、Intel 版を開発するには、ほぼゼロかの開発に等しいのと、Intel Mac では、Windows も起動させる事が出来るからだと思います。
他に、最近話題の Parallels や、老舗の VMware が再度力を入れて来ていますので、マイクロソフトが無理して開発をする事はないと言う判断なんだと思います。
性能面では、Intel ネティブで動く Parallels の評価は高いようだし、老舗の VMware はもともと Virtual PC よりは評価が高かったと思います。今後 Intel ネティブの VMware には期待が高まってると思います。このような状況下で、マイクロソフトが今後、Virtual PC への開発に投資をするかと考えれば、仕方が無いと思います。

ちなみに、Mac 版以外の Virtual PC は無償化されて公開されています。

ITpro Windows の記事よると
マイクロソフトが「Virtual PC 2004」を無償化、日本語版もダウンロード可能に

Windows Vista に対応した、Virtual PC 2007もリリースするそうですが、Virtual PC に関してはほぼ開発中止に近い状態だと思います。

様々な理由がある訳で、開発を中止するのは仕方が無いと思いますが、そもそも Virtual PC はマイクロソフトがゼロから開発した物ではく、Connectix を買収して自社製品にした物です。

自社で開発した物ならまだしも、買収して手に入れた物の実質開発中止で、Virtual PC が世の中ら消えて無くなってしまう事を残念に思います。出来る事で有れば Virtual PC のソースをオープンソースとして公開して欲しいと思います。

その前に、Virtual PC の Mac 版も無償公開して欲しいと思います。
自分としては、先日 Office:mac 2004 の Professional Edition を購入したばかりなんですけどね。夏休みにでもインストールしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日

番号ポータビリティ制度は10月24日から

CNET Japan の記事にて

携帯電話各社、番号ポータビリティを10月24日に開始--KDDIだけが料金を明らかに

との事で、10月24日から番号ポータビリティ制度(MNP)が導入されます。

番号ポータビリティ制度とはキャリアを変更しても、電話番号が変わらないというサービスです。

少し手数料が掛かるみたいですが、即日でキャリア変更が出来るみたいです。

個人的には、番号ポータビリティ制度が導入されても、キャリアを変更する事は有りません。一番の理由は今使っているドコモに不満がないし、ヘビーユーザでも無く、ドコモでもパケット定額料金が導入された事で、au への魅力が無くなってしまっています。また、今まで利用してきた長期割引が無効になるの事の方が、もったいないと思っています。

各キャリアは、番号ポータビリティ制度導入に向け、既存ユーザのつなぎ止めを必死に行って来たと思いますが、番号ポータビリティ制度が導入され、実際どの位のユーザがキャリアを変更するでしょうか。
一時期は、ドコモから、au へユーザの大量移動が有ると言われていた時期が有りますが、今はもうそんな事も無いのではないでしょうか。
また、番号ポータビリティ制度で電話番号は変わりませんが、メールアドレスは変わりますので注意が必要です。

電話番号が変わってもキャリアを変更している人は、結構多いのではないでぃょうか、携帯電話は、家に1台の共用電話でなく、個人の電話な為、電話番号が変わる事を余り気にしていない人も、多いのではと思っています。

一時期、番号ポータビリティ制度が導入されれば、キャリア間のユーザ移動で地殻変動が起きると言われる位、番号ポータビリティ制度は話題になりましたが、今はもうそれ程でもないと思います。
正直な所、番号ポータビリティ制度の実施日が決定しても余り話題になっていないと思います。

今後各キャリアは。転出、転入に伴う手数料で、ユーザをその気にさせるよなキャンペーンを、行ってくると思います。その結果どの位の人がキャリアを変更するのでしょうか、もしかしたらボーダフォン(ソフトバンク)が低価格を打ち出し、多くの顧客を獲得するかも知れません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 9日

ことえり で全角英数の入力

基本的に、パソコンで全角英数を入力する事は殆ど無いのが、出来ない事が気になり調べてみました。
ことえり の入力モードは【英語】【ひらがな】【カタカナ】が選択出来ます。入力モードには【全角英数】がありません。
ことえり のメニューを見ると、「全角英数に変換」の項目が有ります。

「全角英数に変換」は、ひらがなを入力後、確定前に Control + L とする事で、全角英数に変換出来ます。ただこの場合全角整数小文字に変換されます。全角英数大文字に変換したい場合、caps lock を on にて入力し、その状態で Control + L とすると、全角英数大文字になります。

でもこれでは不便です。

ことえり のヘルプを調べてみると、”全角英字を入力する場合、「全角英字」の入力モードを指定します。”と記載されています。
と、言う事は全角英数の入力モードが有るとの事ですが、ことえり のメニュー内には有りません???。
ヘルプもこれじゃ判りません(^^;;;。

全角英数入力が出来ると言う事は判りましたので、他に確認すべきは、システム環境設定内の「言語環境」でしょうか、開いて確認した所「入力メニュー」内、ことえり の項目に、全角英数のチェック欄が有ります。ちなみに半角カタカナのチェック欄も有ります。

「言語環境」にで、全角英数にチェックを入れる事で、ことえり のメニュー内で全角英数が選択出来るようになりました。

全角英数が使えれば、文字のバリエーションも増えますし、ワード等で書類を作成する場合は、全角英数の方がバランスが良い場合も有ると思います。今後は利用しようと思います(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日

Windows 98,Me は危ない?

お客様からご Windows 98 と Me でインターネットを利用していると危ないの?とご連絡を頂きました。
お客様の所では、Windows 98SE 及び Windows Me のマシンが現役でまだ動いています。よくよくお話を聞かせて頂くと、テレビで Windows 98,Me のパソコンでインターネットを利用すると危ないと言っていたとの事で、ご連絡を頂きました。

思うに、Windows 98,Me は先日マイクロソフトのサポートが終了した為、テレビ番組での発言になっただとと思います。

以下に参考リンク
Windows 98、Windows 98 SE および Windows Me のサポートが 2006 年 7 月 11 日に終了します
Windows 98/98 SE/Meのサポート、今夏で打ち切りへ
■三浦優子のIT業界通信■Windows 98/Meのサポート終了の理由〜XP HomeもVista登場後2年で終了
マイクロソフト、「Windows 98」「Windows Me」の延長サポートを終了

マイクロソフトのサポートが終了したからと言って、急に危なくなる事は無いと思いますが、今後の事を考えれば確かに危ないと言う表現になるのだと思います。

本日お伺いして、まだ Windows アップデートが行えるので、行える所までアップデートして、TMP ファイルの削除、スキャンディスクとデフラクを行ってきました。
正直な所、この世代のパソコンは価格も高くハードウェアの作りはしっかりしてしており、利用目的が限定しており、メンテナンスを行えばまだまだ現役だと思います。

ただ出来る事であればセキュリティ面だけ無く Windows XP にした方がパソコン自体の安定性や、今時のサービスを受けれると思います。また、そろそろハードディスクが故障してもおかしく無い時期だと思います。ハードディスクが壊れてしまえば、データが損失する可能性があると理解して欲しいと思います。ハードディスクの故障が発生する前に Windows 98,Me からは卒業して欲しいと思います。

Windows 98,Me のサポート終了を機に、Windows Vista が出た際には買換えを検討して頂くのも良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac OS X - Leopard 先行プレビュー

Apple のページに、Leopard の紹介ページが有りました。

Mac OS X - Leopard 先行プレビュー

多くには語られていませんが、新規機能に関して紹介されています。

Time Machine
削除したデータの復元が出来るとの事です。うん〜、ディスクが大きいからいいのか?削除したデータも復元出来るという事は・・・、セキュリティ的にどうか?、要望は有ると思いますが・・・。

Mail 3
HTML メール化が進化しています(^^;;;、時代の要望でしょうか?標準はテキストですよね(^^;;;;。

iChat
Keynote と連携して、オンラインプレゼンが出来るとか・・・。

Spaces
仮想デスクトップだと思います。デスクトップをいくつも持つ事で、デスクトップを広くしたり、用途別に利用出来るようになると思います。特に新しい技術でありませんが便利だと思います。

Spaces
自分のマシンだけで無く、ネット上の他のマシンも検索が出来る。インターネット上も検索出来るようになるのは便利だと思います。

等が紹介されていました。
他に、「Dashboard」もバージョンアップするそうで楽しみです。

発売は来年の春との事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac Pro の発表

Apple より、PowerMac G5 の後継機種、Intel の CPU を搭載した、Mac Pro が発表になりました。

ITmedia の記事にて

最後のIntel Mac製品「Mac Pro」「Xserve」がついに登場——次期Mac OS X “Leopard”のプレビューも公開

この発表で、「Xserve」も Intel CPU に切り替わった事で、PowerPc を利用した機種が全て廃止され、全て Intel CPU に切り替わった事になります。個人的には、こんには早く Intel CPU に移行するとは思いませんでした。

個人的な感想としては、G5 の筐体デザインが大幅に変わると予想されていましたが、現行の PowerPc G5 のデザインを踏襲し、内部構成が大幅に変更になったみたいです。ハードディスクが4個搭載出来るのは少し羨ましいと思います。

ハードウェア的には、CPU や、グラフィックカードの話題も有りますが、Mac は Mac ですので、今後各種アプリケーション、Intel ネィテブに対応して頂ければなんら問題は無いと思います。

PowerPc G5 を利用して1年程度です。今後5年以上は Intel Mac を購入するチャンスが無いと思いますが、その間にさらなる進化を希望します。個人的にはハードウェアよりは、時期 OS Mac OS X Leopard の方が気になります。

参考リンク
アップル、クアッド64ビット Xeonプロセッサ搭載の新しいMac Proを発表
アップル、Mac OS X “Leopard”をプレビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日

PowerMac G5 RAID 記録

PowerMac G5 を RAID 化して一ヶ月少々利用しました。インストール記録を残しておきます。

まず始めに、RAID に関して下記のサイトを参考にしてください。

e-word
RAID
@IT
RAID (Redundant Arrays of Independent(Inexpensive) Disks)【レイド】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RAID

一言で言ってしまえば、複数のハードディスクを利用し、データ記録の高速化か、もしくはハードウェアの冗長性を上げる為に用いられる技術と理解して頂いて良いと思います。

今回、PowerMac G5 で RAID を構築しようと思った理由は、ハードディスクのクラッシュが原因です。主なデータに関しては、外付けハードディスクに記録されておりデータは無事でした。これは結果的にハードディスクの冗長性が有った為です。

このような経験をし、ハードディスクの大容量化、価格の低価格、Mac OS X 自身でソフトウェア的に RAID が構築出来る為、ハードディスクを2個用意して、RAID1(ミラーリング) を構築しました。

RAID を構築する際には、ハードディスクのフォーマット、もしくはパーティションの切り直しが必要になると思います。もし記事を読んで作業を行うと思った方は、作業を行う前にデータ及び環境をバックアップしてから、作業を行ってください。あくまでもリスクはご自身で。

今回の作業は、全てのデータのアップを行ってから作業を行いました。

用意する物は、同じ容量(300GB)のハードディスクを2個だけです。(ちなみに、RAID を構築する際に2個のハードディスクの容量は違っても問題は有りません)
作業に入る前に、ハードディスクの使い方を考えます。2個のハードディスク領域全てを RAID 領域にして利用するのか、パーティションを切って、一部の領域のみを RAID として利用するか事前の設計が必要です。
今回は300GBのハードディスクを、100GB,200GB と2個のパーティションに別ける事にしました。その結果2個のハードディスクは

HDA1;100GB: OS 領域
HDA2,HDB2;200GB(RAID1):データ領域
HDB1;100GB:予備

と別けるようにしました。これで 400GB の領域が利用出来るようになります。
300GB のハードディスクを2個丸々 RAID で利用するのが一番簡単ですが、OS の領域とデータ領域を別けたかったので、上記のように別ける事にしました。

上記のように、RAID 構築作業を行う前に、ハードディスクの使い方を設計しておきます。

以下に Mac OS X にて具体的な作業方法を記載します。
まず始めに、PowerMac G5 にハードディスクを2個、組み付けてから作業を行います。

  1. 付属の DVD で PowerMac G5 を起動します。
  2. インストーラーが起動後、言語を選択し「ディスクユーティリティ」を起動します。
  3. 2個のハードディスクが認識しているのを確認します。
  4. 個々のハードディスクを設計通り、2個のパーティションに別けフォーマットします。
  5. 200GB のパーティションを選択し、【RAID】タグを選択
  6. RAID セットには名前を付けますので、「RAID セット名」欄にセット名を入力します。この名前でデスクトップにマウントされます
  7. RAID のタイプを選択、ミラーリングを選びます
  8. 実際に、RAID を組むパーティションを[+]をクリックして選択します。個々のハードディスクの200GBの領域です
  9. 以上の作業で RAID セット構築は完了です

RAID セットの構築が完了したら、後は通常通りに OS のインストールを行います。

今回は、100GB の領域に Mac OS X のシステムをインストールし、RAID 領域の 200GB にデータをコピーしました。

今後、200GB の領域にデータを保存すると、2個のハードディスクに同時にデータが記録(保存)されるようになり、ハードディスクの冗長性が高まります。
仮に1個にハードディスクが故障しても、データはもう1個のハードディスクに残っており、故障したハードディスクを新規のハードディスクと交換する事で、データはコピーされて同じ環境が構築されます。

今回の RAID システムでは、OS 領域が RAID 化されていません。OS の入っているハードディスクがクラッシュした場合、復旧に時間は要しますが、データは残るので良しとしました。

後は、実際にハードディスクに障害が発生した際、どのような挙動を示すのか、また RAID はデータのバックアップでは無いので、バックアップに関しても検討したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日

新アクセス解析に思う

ココログで新アクセス解析が利用出来るようになり数日が経過しました。

新アクセス解析を見てみると、多くの情報を得れるようになりました。
このようなアクセス解析はココログだけで無く、ホームページを閲覧する記録されるデータです。このデータで個人を確実に特定する事は出来ないですが、知人で有ればある程度個人を特定出来るかも知れません。アクセスログの存在を知っているのと、知らないのではホームページの見かたも変わると思います。

また、仕事でホームページを運用しているので有れば、アクセスログをきんちと取得し解析を行い、ホームページを運用する参考にすべきでです。安価なレンタルサーバでは、アクセスログが取得出来ない所もあると思います。また運営者でアクセスログ(解析)を知らない人もまだまだ多いのではないでしょうか。

ココログのアクセス解析でもこれだけの情報を得る事が出来ます。是非とも多くの人にアクセスログ(解析)を知って頂き、活用して頂きたいと思います。

アクセス解析に関して、閲覧者のプラベートを侵害するのではと言う意見もあります。「技術系サラリーマンの交差点」様よりトラックバックを頂いたので、エントリーの一部を引用します。

ところが新サービスの内容を見て驚いた。IPアドレスをきっちり取るだけでない。クッキーを利用して訪問者にIDを付け、移動履歴が一目でわかるようになっている。何月何日何時にアクセスしたか、最初にどこのリンク元からやってきたか、どんな順序でページを移動したか、それぞれのページを何分何秒間読んでいたか。  しかも「○ページ以上移動した履歴」で検索でき、特に熱心に読んだ閲覧者を簡単に見つけられる。(ただし移動履歴の保存期間は7日間。)

 さらに、IDを名前に置き換えて表示することもできる。名前がわかっている相手(コメントやトラックバックを受信したことがあればIPアドレスがわかる)の訪問を見つけやすくなる。

上記引用の内容は、まさにその通りだと思います。
他に、新アクセス解析では地域と ISP まで特定出来ます。
アクセス数が少なく、地域と ISP まで特定出来れば知人で有れば、個人を特定出来てしまうかも知れません。

流石に不特定多数の個人を特定する事は出来ませんが、ココログの新アクセス解析ではダレ(訪問者ID)がどの記事に興味を持って閲覧したかが判り、運営者の立場ではとても参考になる情報になり、閲覧者の立場であれば余り気持ちが良い物ではないと思います。

再度、「技術系サラリーマンの交差点」様のエントリーから一部引用します。

 ソーシャルネットワークや楽天ブログには「足あと」機能があり、誰が訪問したか書き手にわかることが快感をもたらして「中毒者」まで生み出すらしい。ココログも遅まきながらこのメカニズムを利用する姿勢に転じたということか。

SNS の mixi では足跡と言う名のアクセス解析記録が残りますが、足跡が残る故に mixi では殆ど知人の所は見に行きません。何故ならば直接的に個人を特定出来てしまう為です。
この足跡の機能で知人の繋がりを感じる人も多く、中毒になる人もいると言う事は理解出来ますが、「mixi 疲れ」の要因になっていると思います。出来る事で有れば足跡は残さないというオプションも欲しいと所です。

話が少し横道にそれましたが、ココログの新アクセス解析では、SNS の足跡のように確実・簡単に個人を特定出来る訳ではないので、足跡のメカニズムを利用して、ココログで中毒者を生もうとしているのではないと思います。

知って欲しいのは、アクセス解析とは、何もココログ固有の物ではなく、世の中にあるホームページは全て同じようなアクセスログが収集出来ると言う事と、多くのホームページではアクセスログを取得し解析してホームページ運営の参考にしていると言う事実を知って頂き、ホームページを閲覧する方はその事実を意識して欲しい。
また運営者の立場であれば活用して頂きたいと思います。

アクセスログを収集して解析している事は、なにも今はじまった事では無くココログで詳細なアクセス解析出来る事の是非を問うのではなく、ココログベーシックでも詳細のアクセス解析が出来るようになったことで、一部技術者しか知らなかった事を、多くの方に知って欲しいと思います。

アクセスログに関しては興味を持った方は下記の書籍が参考になると思います。

アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書(有) いなかどっとコム 石井 研二

翔泳社 2004-09-17
売り上げランキング : 9002
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日

ネット TV

日経新聞のサイト、NIKKEI NET にて

「ネットTV」07年度に発売、松下など5社統一規格で

喜ばしい事なんだと思いますが、配信側の設備、受信側の設備に問題は無いのでしょうか、ネットに対応したテレビ技術的はなんら問題無いと思います。

ただ地上波デジタル放送の関係や、インフラ整備が気になります。

また上記の話題に関して、実はもう一つ気になる事が有ります。
この日経の記事に関して、他社のメディアで全く報道されていません。これは日経のスクープ?
どうも日経新聞はこの手の話題は先走る事が多く、今後の動向に注意したいと思います。

今の時代、ネットを利用して単にビデオを配信する技術的は何も問題は無いと思います。
ただしこれが大量のビデオデータ配信を行った場合、サーバの負荷、回線インフラの容量、視聴出来る範囲の制限、コンテンツの保護、各社の統一規格等が問題になるのではないでしょうか、簡単なようで難しい問題が山積みだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日

goo ブログを検索対象外に

ITmedia の記事にて

goo、検索からブログ対象排除の動き

との事、goo はもうブログ専用の検索エンジンを持っています。

goo ブログのページから、「goo ブログのみ」か「ブログすべて」が選択出来ます。

goo ブログ Search

一時期、検索結果にブログが多く検索結果の内容が薄くなってしまった時期が有ります。
Google 自身ある時期からブログの検索結果を避けるようになったと思います。

今回、goo も意識してブログの検索結果を避けるとのことですが、goo の検索エンジンは Google を利用しており、Google との差別化の為、goo では日本語の曖昧さを補正した検索結果を出します。

ちなみに、goo で「ラーメン 中野」で検索した結果と、Google で「ラーメン 中野」で検索した場合、同じ結果が返ってきます。
次に「らーめん 中野」で検索した場合、goo では「ラーメン 中野」と検索した時と同じ検索結果が返ってきますが、Google では違う検索結果が帰ってきます。同じ Google のエンジンを利用しても goo のフィルタを通す事で違いを出しています。

今回 goo では、検索結果にブログを排除する方向との事ですが、おおもとの Google ではある程度ブログは検索結果に反映されないようになっています。goo ではさらなる違いを出せるでしょうか。
また、今後企業サイトもブログ化が進むと思います。有意義なブログと情報が無いブログとはどのように判別し検索結果に反映するのでしょうか、とて興味があります。

普段検索する時は、Gggole ばかりですか、今後は今まで以上に goo も利用してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日

コダック デジカメから撤退

ITmedia と、Iza の記事にて

Kodak、デジカメ製造事業を売却

米コダック デジカメ生産から撤退

との事、少々寂しい思いがします。
デジタルカメラは、コダックの DC40DC50 Zoom を利用してきました。DC50 Zoom は今でも現役です。ただ流石に画素数が35万画素では、携帯電話の画素数にも負けており、今では殆ど出番が有りません。

コダックは、2年ほど前にチノンを完全子会社化し、デジタルカメラの生産拠点を日本に置き、開発を進めるとの事だったのですが、日本のカメラーメーカーの開発力、販売力、ブランド力に敵わなかったと言う事でしょうか。

正直な話、チノンを統合後に出てきた製品はユニークな製品でしたが、欲しいと思うような物は無かったと思います。結局はヒットを出せず、生産に関しては完全撤退との事、今後は開発のみを継続するとの事。

ちなみに、下記のサイトにてコダックのデジタルカメラを見る事が出来ます。
デジタルカメラ一覧
歴代のデジタルカメラも見る事が出来ます。

でも DC260 Zoom は欲しかったな・・・、最終的には DC290 Zoom まで進化したみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新アクセス解析活用術

ココログサポートに、新アクセス解析の使い方が紹介されています。

ココログ通信 -第9回-
目指せアクセス数アップ!
新アクセス解析活用術
http://www.cocolog-nifty.com/tsushin/index.htm

使い方ガイド
トラブルはここで解決!
10.アクセス解析
http://support.cocolog-nifty.com/howto/cat5664309/index.html

参考になります。
新アクセス解析に興味を持った方は一読をお勧めします。

流石に用意が良いと思います(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析が新しくなりました。

本日10時にアクセス解析が新しくなるとの事で、10時過ぎに確認した所アクセス解析が新しくなっていました。
今までのアクセス解析は一目でおおよその事が判りましたが、新アクセス解析では、そのつど項目を選択するのが少し面倒ですが、情報が細かく判ります。

  • ▼アクセスデータ
    アクセス数や、ページ別のアクセス数を確認出来る。
  • ▼リンクデータ
    リンク元や、検索エンジン、検索ワード / フレーズの詳細が確認出来る。
  • ▼行動パターン
    訪問者に任意の ID を付けてその訪問者がどの記事を閲覧したかの記録、サイト内滞在時間の確認、どの記事を読みに来て、どの記事からサイトを出た等が確認出来る。
  • ▼アクセス数統計データ
    曜日、時間別のアクセス数が確認出来る。manabiblog は割と昼の時間のアクセス数が多いのが確認出来ました。
  • ▼訪問者情報
    訪問回数(リピード数)、訪問頻度・周期、利用期間、閲覧ページ数が確認が出来る。訪問回数、頻度は参考になると思います。
  • ▼アクセス環境
    アクセス元のリモートホストを始め、OS・ブラウザ、ブラウザ環境設定(Java / JavaScript の ON/OFF 等が判ります),アクセス地域・国・言語が確認出来る。(地域はホスト名で判断しているのでしょうか?)
  • ▼表示環境
    閲覧者のモニター解像度・カラーを確認出来る。この結果を見るとモニターの横方向の解像度は、1024(48.3%) もしくは、1280(26.9%) を占めている事が判ります。この数値は過去4ヶ月分の数値です。

上記のデータを、月別、過去の4ヶ月分、過去30日分、過去7日分、今日、昨日 で確認出来ます。

ちなみに、このようなデータはココログだけで無く様々なホームページでホームページを閲覧すると、閲覧者が残してくるデータであり、そのデータを整理する事で、アクセスログとして見やすく加工した物です。
ちなみに大手のサイトでは当然収集されているデータであり、サイト閲覧者の動向、趣向を探り、サイトの構築やマーケティングの参考にされているとご理解ください。

ここまでのアクセスログを提供してくれる @nifty の心意気が感じ取れます。
ちなみに、今までココログのアクセス解析が余りにも貧弱だった為に、他のサービスを利用されていた方も多いと思いますが、今後はココログのアクセス解析で十分ではないでしょうか。

ココログフリーで同等のアクセスログを付けるのであれば、有料会員としては止めて欲しいとなぁと思います。

最後に
特にトラブルも無く良かったと思います(^^)。
スタッフに感謝します。
これからも頑張って頂きたいと思います。
あくまでもこの状態が普なんだと理解しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 1日

ココログに新アクセス解析導入!!

ココログは以前から、新アクセス解析が導入される予定でしたが、レスポンスの問題が有り延期されていました。
それが急遽8月2日に導入されるようになるとの事です。

ココログスタッフからのお知らせルーム
8月2日:新アクセス解析導入について

少し急な話で驚きです。
また、大丈夫なの?と少し疑心暗鬼にもなりますが、新アクセス解析は歓迎します(^^)。

実は最近、独自ドメインを割り当てて、企業や著名人のオフィシャルサイトを構築していますので、アクセス解析は大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »