« ことえり で全角英数の入力 | トップページ | Virtual PC Mac 版開発中止 »

2006年8月10日

番号ポータビリティ制度は10月24日から

CNET Japan の記事にて

携帯電話各社、番号ポータビリティを10月24日に開始--KDDIだけが料金を明らかに

との事で、10月24日から番号ポータビリティ制度(MNP)が導入されます。

番号ポータビリティ制度とはキャリアを変更しても、電話番号が変わらないというサービスです。

少し手数料が掛かるみたいですが、即日でキャリア変更が出来るみたいです。

個人的には、番号ポータビリティ制度が導入されても、キャリアを変更する事は有りません。一番の理由は今使っているドコモに不満がないし、ヘビーユーザでも無く、ドコモでもパケット定額料金が導入された事で、au への魅力が無くなってしまっています。また、今まで利用してきた長期割引が無効になるの事の方が、もったいないと思っています。

各キャリアは、番号ポータビリティ制度導入に向け、既存ユーザのつなぎ止めを必死に行って来たと思いますが、番号ポータビリティ制度が導入され、実際どの位のユーザがキャリアを変更するでしょうか。
一時期は、ドコモから、au へユーザの大量移動が有ると言われていた時期が有りますが、今はもうそんな事も無いのではないでしょうか。
また、番号ポータビリティ制度で電話番号は変わりませんが、メールアドレスは変わりますので注意が必要です。

電話番号が変わってもキャリアを変更している人は、結構多いのではないでぃょうか、携帯電話は、家に1台の共用電話でなく、個人の電話な為、電話番号が変わる事を余り気にしていない人も、多いのではと思っています。

一時期、番号ポータビリティ制度が導入されれば、キャリア間のユーザ移動で地殻変動が起きると言われる位、番号ポータビリティ制度は話題になりましたが、今はもうそれ程でもないと思います。
正直な所、番号ポータビリティ制度の実施日が決定しても余り話題になっていないと思います。

今後各キャリアは。転出、転入に伴う手数料で、ユーザをその気にさせるよなキャンペーンを、行ってくると思います。その結果どの位の人がキャリアを変更するのでしょうか、もしかしたらボーダフォン(ソフトバンク)が低価格を打ち出し、多くの顧客を獲得するかも知れません。

|

« ことえり で全角英数の入力 | トップページ | Virtual PC Mac 版開発中止 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

ナンバーポータビリティは企画倒れという感じもしますね。と言うのは、サービスの内容に大きな違いが無い現在、「魅力的な端末がある」というだけでキャリア変更をするユーザーは少ないのではと思うからです。手数料もかかりますし、何と言っても「変わらないのは電話番号だけ」であって、メールアドレスは変わってしまうわけですから。実際の所、「変わると困るのは電話番号よりメールアドレス」なのではと思います。私自身についても、携帯では音声通話よりメールの利用率のほうが高いですからね。長文メールも難なく打てる若者には「メールアドレスポータビリティ」でないと魅力は無いと思います。

投稿: straysheep | 2006年8月10日 21時41分

maru です。

straysheep 様
コメントありがとうございます。

確かに、企画倒れの感じがします。
番号ポータビリティ制度の話が出てから、実施までの期間中に各キャリアが足並みを添えてしまったという感じです。特に一番影響が有ると言われていたドコモが、新機種の導入、サービスの充実が進んだと思います。

番号ポータビリティ制度に関しては、コメントを頂いた通り「電話番号だけ」で、利用者に取っては魅力ある端末だけが、キャリアを乗り換えるポイントになると思います。
ただ実際は手数料等を考えると、キャリアを乗り換える人がどれ程いるのか疑問を感じます。

今後も manabiBlog をよろしくお願いいたします。

投稿: maru | 2006年8月11日 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/11371971

この記事へのトラックバック一覧です: 番号ポータビリティ制度は10月24日から:

« ことえり で全角英数の入力 | トップページ | Virtual PC Mac 版開発中止 »