« jcode.pl と UTF-8 | トップページ | Excite Bit コネタ »

2006年7月24日

企業活動における、コミニュティの活用

普段余り見る事がないのですが、ライブドアニュースにて

ドコモPR用「SNS」 10日で「炎上」

の記事が出ていました。
オリジナルは、JINビジネスニュース です。正直 JINビジネスニュース も良く知りませんでした。

ドコモPR用「SNS」 10日で「炎上」

もう一ヶ月も前の話がなんで今とは思いますが。

一言で言ってしまえば、ドコモが mixi のコミニュティを利用して、プッシュトークを宣伝したかっが、mixi と言うコミニュティを理解出来ておらず、mixi の規約まで改訂して運用を始め、コメントを付けても返事を出さない、マイミクにも登録が出来ない等々が有り、あっけなく閉鎖との事です。

以前に、ソニーのウォークマンブログでも同様の事が有ったと思います。

ソニーの「沈黙」3――血祭りになったヤラセ「体験日記」

上記の記事は参考になると思います。

正直な所、ある「物」に対してのファンブログ(少し前までなら個人ホームページ)、mixi のコミニュティは存在すると思います。またそのようなコミニュティから、人気に火がつく事も多くあると思いますが、mixi の規約を強引に変更してまで、企業側からの一方的なコミニュティ(一方的ではコミニュティとは言わないと思います)、明らかに「嘘」と判るブログで成功する程、消費者は馬鹿ではないと思います。

正直な所、仕掛けている側が、mixi のコミニュティ、ブログの本質を理解していない、利用した事が無い人たちが、安易に利用すればいいんじゃないかと言う観点で利用しているだけのように思います。同じような意見が CNET Japan のブログ

「mixi 販促」はなぜ失敗したか

にて紹介されています。記事の一部を引用させて頂きます。

どうやら CGM を販促やマーケティングに利用しようと目論んでいる企業、梅田氏が言うところの“エスタブリッシュメント”のお歴々は、コミュニティから最も遠い位置に今いるのは間違いなさそうだ。そういう人たちが大上段に構えてスーパー・ローカル・ルールを振りかざしてもけして消費者は振り向いてはくれない。  企業が本格的に CGM を販促で使いたいのであれば SNS や blog に慣れ親しんだ人材を使うべきだ、という当たり前のことを認識するためにはもう少しの時間が掛かるのだろうか。

に尽きると思います。

要は、企業側自身が、コミニュティに参加した事が無く、単に宣伝の場と利用しようとした事に問題が有り、少なくともブロガーなり、その商品のファンなりをうまく活用すれば良かったと思うのですが、まだそこまで企業側では活用が出来ないのが現状何だと思います。

先日のテレビで、ブロガーにサンプルを提供して、意見をブログに掲載すると言うビジネスが有ると紹介していました。正直ブロガーにサンプルを渡し意見を頂く事は、時には企業に取ってマイナスな意見も出るかも知れませんが、mixi なり、ブログなり、コミニュティを活用するので有れば、マイナスな意見が有って当然であり、消費者の判断基準になるのではないでしょうか、全て良い意見だけでは、かえって不審に思うのは私だけでしょうか。

|

« jcode.pl と UTF-8 | トップページ | Excite Bit コネタ »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

携帯会社繋がりでは、こんな記事もあります。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/30241.html

アクセス解析の結果、mixiや個人サイトから来る人が相当数いるというデータです。
企業としてのWillcomは、コミニュティの影響をしっかりと認知し、
マーケティングに利用してるんでしょうね。

社長や社員たちと、
上記に載っている個人サイトの運営者達と飲みに行ったり、
発売前の機種を触らせたり、IT関係の記者とほぼ同等の扱いをしているのは、
ちと行き過ぎかとも思いますが(笑)。
(実際に、出版物などの媒体に記事も書いていたりするので、
対応はあながち間違いでは無いんです。)

家の近くに基地局建てたという事で、
わざわざ、「調子はどうですか?」なんて電話してくる程
昔からここは、ユーザーとの垣根が低かったので、
企業として、これらのコミニュティを認知していると公に表明したのは
ユーザーからのフィードバックを求めるよりも、
販促としての効果を重視してると取られかねないと、
古くからのユーザーである私は、微妙なんですが(笑)。

投稿: lainplus | 2006年7月24日 19時34分

maru です。

lainplus 様
コメント及び、記事のご紹介ありがとうございました。
Willcom は良くユーザの声を良く聞いている事が判りますね。

Willcom はシェアが少ない分、ユーザの声を良く聞いて、ユーザが何を望んでいるのか、マーケティングの一つにうまく web の世界を利用しているだなと言う事が判りました。

出来る事であれば、発売前の機種を特定のブロガーなりに、貸し出し雑誌と同じように、インプレッションして頂くのも良いと思います。

雑誌と違い、広告代とか入らない一般ブロガーの方が、実ユーザに近い視点で、インプレッションを書いて頂けると思います。間違い等が有ればメーカーから指摘をして、後日修正すればいいし、必ずしとも全て良い評価で無くても、それが生の声ではないでしょうか。

ドコモ等は、企業として大きくなり過ぎてしまい、ユーザが見えていないのか知れませんね。

今後も manabiblog をよろしくお願いします。

投稿: maru | 2006年7月24日 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/11080442

この記事へのトラックバック一覧です: 企業活動における、コミニュティの活用:

« jcode.pl と UTF-8 | トップページ | Excite Bit コネタ »