« IE 7 β2 日本語版を入れてみた。 | トップページ | MacBook »

2006年5月20日

PowerMac G5 HDD クラッシュ その後

PowerMac G5 でクラッシュしたハードディスクは、クラッシュした当日に買い出しにいきました。
時間はもう夕方でしたので新宿の量販店に駆け込みました。時間に余裕が有るのであれば秋葉原まで買い出しに行きたい所なんですが、時間に余裕が無いため新宿の量販店にいきました。

Mac 売り場にバルクのハードディスクが有るかと思いましたが、有ったのは。I/Oデータや、バッファローの箱に入っているパッケージ製品だけで、パーツ売り場に行けば少しバルク品もあるとアドバイスを頂きましたが、付属ソフトにも興味を持ったので、バッファローのパッケージ製品を購入しました。

この手のベンダ品で少し悩むのが、ハードディスクの製造メーカの特定です。ハードディスクの製造メーカに関しては、拘りを持つ方も多いのではないでしょうか、個人的には日立(IBM)や、Segate は好んで購入します。

購入したバッファローのパッケージ品は HD-H300FBS2/3G という製品です。
パッケージには、「流体軸受けドライブ」「7200rpm」「Serial ATA & Serial ATAII」「高速転送 3Gbps」「NCQ :Native Command Queuing」等々記載されていますが、私にはハードディスクの製造メーカを特定出来ません。お店の人に聞いてもその時々でハードディスクのメーカは変わる為、開けてみなければ分からないと・・・。

HD-H300FBS2/3G 3.5インチSERIALATAII 内蔵HDD
HD-H300FBS2/3G 3.5インチSERIALATAII 内蔵HDD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

付属ソフトは「データ保護」と「環境移行ツール」が付いていました。
「データ保護」

  • Secure Lock Ware
    データ暗号化
  • Acronis Drive Cleanser
    データ消去

「環境移行ツール」

  • Acronis MigrateEasy
    ハードディスク全体を丸ごとコピー
  • Acronis True Image LE
    ハードディスクのイメージバックアップ
  • Acronis PartitionExpert LE
    ハードディスクのパーティション移動・作成

等々のプログラムが付属しています。他に「ウイルスバスター2005 インターネット セキュリティ 90日版」トリワークス 蔵衛門2005デジブックPLUS」が付いています。全て Windows 用で Macintosh では利用出来ません。
ただ、この手のプログラムを持っていれば今後、仕事にも活用出来るかもと思い。パッケージ品を購入しました。
正直な所単に Macintosh で利用するには無駄なソフトになり、その分価格も上乗せされていますので、好んで選択をする事はありません。

箱を開けた所ハードディスクの製造メーカは、Seagate Barracuda 7200.9 でした。

購入後、PowerMac G5 にサックと装着してフォーマットして、システムをインストールして、無事に稼働出来るようになりました。

次回は、Mac OS X の環境設定に関して書きたいと思います。

|

« IE 7 β2 日本語版を入れてみた。 | トップページ | MacBook »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/10158469

この記事へのトラックバック一覧です: PowerMac G5 HDD クラッシュ その後:

« IE 7 β2 日本語版を入れてみた。 | トップページ | MacBook »