« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日

パソコン付きAQUOS

CNETJapan の記事にて

シャープ、ネットも楽しめるテレビ「インターネットAQUOS」を発表

パソコンにテレビで無く、テレビにパソコンですか。
出来る事で有ればパソコンの部分は、別筐体にするので無くパソコン本体に組込んで頂ければと思います。きっとパソコンは調子が悪くなると言う認識が有るので、本体と別筐体になったのだと思います。

テレビのニュースでは、この製品でパソコン売り場から、家電売り場に進出する事で、今までとは違うユーザにアピール出来販売の拡大とコメントしていました。

実機はまだ見ていませんが、テレビを見てる最中に小窓が開き Windows を起動しブラウジングしたり、メールをしたり、チャットが出来ると嬉しいかも?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月25日

Vodafone の新ブランドは?

ITmedia の記事にて

神尾寿の時事日想:
「ソフトバンクの名前いらない」を真剣に受け止めるべき

の記事にて、ボーダーフォンを買収したソフトバンクで、今後新たなブランドを発表する予定ですが

 ITmediaモバイルが3月に行ったアンケートの結果でも、ソフトバンク系のブランド名はアレルギーに近い反応を受けている。ユーザーの声は「新ブランドに“BB・Softbank・Yahoo!”を入れないで!」という方向性を示しており、記事では「この3つはNGワード」と評される有様だ(3月30日の記事参照)。

とのことで何だか、ソフトバンクとか、BB とか、Yahoo! のブランドを入れない欲しいという事です。ずいぶんと嫌われてしまっています。

個人的には、Yhaoo! は好きなブランドでしたが、YahooBB でイメージを悪くしたと思います。また検索エンジンとしても余り魅力を感じず、今ではオークションのイメージだけですね。またオークションも色々問題が有ると思っています。

さて、どのような新ブランドを出してくるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日

SNS の今後に思う

今年の1月から、mixi を利用しています。mixi を利用してみて現在の mixi は単に、Q&A の場のように利用されている事に少しがっかりしています。利用しているコミニュティが主に、パソコン関連、web 制作関連、地域情報関連ですので、少し片寄りが有るとは思いますが。

スラッシュドットの記事にて
SNSは今後どう発展する?

上記の記事にて

「実名性の回復により、現代社会の希薄な人間関係が、濃い関係に転化する可能性がある」とも述べています。

とのことですが、個人的な感想としては、個人が特定できても、情報の信頼性は増さないと思います。理由として意図して嘘の情報を流さなくとも、個人の思い、勘違い等もあり、うっかりすると悪い情報ばかり広まってしまう可能性有るのではないでしょうか。記事では千代田区の例が紹介されていますが、以前から行政の SNS に関しては疑問視しています。

SNS では個人を特定出来る事で、有意義な意見が出る、利用者が安全に利用出来ることが良いと点と言われていますが、個人が特定できるがゆえに、建設的な意見が発言出来なくなる可能性も有ると思います。

また、実際利用させて頂いている、最大規模の mixi では、mixi の管理者側で個人を特定出来るとのことですが、今の mixi のシステムでは管理者に対しても個人を隠す事が出来ます。
現実的に本名を出していない人も多いのではないでしょうか、これでは SNS の意味が無いと思います。現状では SNS であれ実名を出したくないと言うのが多くの人の本心ではないでしょうか。

mixi も当初、顔の見える友人を中心に広まったのだと思いますが、会員数が 300 万人以上になった現在、当初のコンセプトはもう崩れてしまっていると思います。

今後の mixi の運営に対して以下の提案をしてみたいと思います。

  • mixi に利用に関しては、各コミュニティを読むこ所まで一般公開し、検索も出来るようにする。
  • 今登録している会員は、無償で個人を特定出来ることを前提に無償で「プレミアムサービス」を受けれるようにする。
  • プレミアム会員のみ、個人の日記、コミニュティの制作を許可する
  • mixi で書き込みを行う場合には、登録をしないと書き込めない。登録は自由(メールアドレスの登録程度)

イメージとしては「教えてgoo」と、個人を特定できる「プレミアムサービス」を組み合わせたような形態にすることは出来ないでしょうか。

「教えてgoo」に関しては、どとらかと言うと批判的な立場でしたが、情報が溜まって来てる現在とても有意義な情報源になっていると思います。
有る事柄を google で検索した場合「教えてgoo」の情報が役に立つことが多くなってきていると思います。

mixi もその場限りの書き込みだけで無く、書き込みの有効利用も検討して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日

KNOPPIX NTFS をサポート

IT Pro の記事にて

産総研がKNOPPIX 5.0 日本語版を公開,NTFS書き込みやEUC/UTF-8切り替えが可能に

今まで何度か、KNOPPIX を利用してデータの救済を行った事が有ります。
KNOPPIX は今まで FAT32 までしかサポートされておらず、NT,2000,XP でサポートしている、NTFS フォーマットをサポートしていませんでした。
今までの作業は FAT32 でフォーマットした USB の外付け HDD にバックアップを取っていました。
また以前の記事でも、KNOPPIX では、NTFS 領域に記録が出来ない書いていましたが、KNOPPIX 5.0 で NTFS 領域に記録が出来るようになりました。

試しに、イメージをダウンロードしてみて、KNOPPIX5.0 の DVD を作成してみました。
ちなみに、容量は 3.6GB 有りますので、私の環境だとダウンロードだけでも、約6時間近く掛かりました(^^)。

ダウンロードした、ISO イメージを DVD-R に焼いて起動させてみました。起動時間も短くなり起動したマシンの、C,D ドライブにファイルを保存することが出来ました。C,D ドライブは、NTFS でフォーマットしています。

これで、KNOPPIX を利用して、ファイルを作成した場合、Windows XP をインストールしているマシンで、ハードディスクが NTFS でフォーマットされていても問題無くファイルが保存が出来るようになりました。

ちなみに、KNOPPIX には、マイクロソフト Offic との互換ソフト、OpenOffice もインストールされています。ハードディスク内に保存されている、ワードやエクセルのファイルを開き編集して保存することが出来ました。マクロの互換は難しいと思いますが、簡単な物であれば問題なく、編集する事が出来ると思います。

KNOPPIX に関しては下記のリンクを参考にしてください。
独立行政法人 産業技術総合研究所 KNOPPIX
Wikipedia KNOPPIX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日

ドコモ PHS の切換え

お客様ところで、2005年の1月にドコモの PHS を5台法人契約をして頂きました。
契約直後にドコモが PHS の廃止を発表・・・、契約したばかりと言うのに、ちょっとショックでした。

その後も問題無く利用しており、利用者も3人に減り3個の契約になっていました。
最近になり新たに1個の欲しいという事になったのですが、もう新規に PHS の契約はできませんし、ドコモの PHS は、2007年度第3四半期を目途にサービスを終了との事です。

ならばとの事、PHS を全部解約して、FOMA カードに乗換を検討しました。
現在 PHS の利用者で有れば、移行優遇施策にて無償でハードウェアを入手することが出来ます。ただネックになったのが料金です。今まで @FreeD を利用していた為、月額定額料金でしたが、現在の FOMA の契約では、定額サービスが無く定量制になってしまいます。

今までが定額だった為、実際のどの位通信はどの位掛かっていたのか詳細は不明です。
また PHS は通信時間での課金、FOMA の場合はパケット代になり、一概に料金を検討する事が出来ません。

要望としては今まで同じ定額制を希望しています。
実際には、契約して月々の使用料金を確認して、契約コースを決めれば良いのですが・・・。

などと相談していた所、ドコモが今年の夏に、HSDPA(Speed Downlink Packet Access)サービスを開始、来年の夏頃には、PHS の定額制に変わるサービスが始めるかも知れない。との情報が・・・・。
もしそうで有れば、今回 FOMA カードに切り替えても、定額サービスが HDSPA で始まれば、現行の FOMA カードでは利用出来なくなります。
ドコモの営業さん自身、今 PHS で困っていないので有れば、来年まで待った方が良いとアドバイスを頂き、今回 FOMA カードへの乗換を見合わせる事にしました。新規に必要になる FOMA カードを1個だけ追加で契約になりました。

今度、HSDPA のサービスに注意していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日

goo でウィキペディア

goo から、ウィキペディアが検索出来るようになりました。
今まで、「goo辞書」の国語辞書、英和・和英辞書は良く利用させて頂きましたが、ウィキペディアまで利用出来るようになるとは少し驚きです。

CNET Jpan の記事にて
goo、ウィキペディアのデータを利用した検索サービス「フリー百科事典」を開始

ウィキペディアに関しては、私自身良く利用しますし、色々な人にも紹介しています。
最近では Yahoo!NEWSトピックスから関連した情報として、ウィキペディアにリンクされている事が多く、最近はウィキペディアがとても重いと思っています。
今回 goo より検索出来るようになって拍車が掛かってしまうのでしょうか。
利用して見た所。ウィキペディア本体とは切り離されているようで、ウィキペディア本体の負荷を下げる事が出来るかも知れません。ただデータの更新がどうなるのか少し気になります。

「ウィキペディア」の訪問者は1年で3倍に拡大し700万人に -ネットレイティングス調べ

また、ウィキペディアに関しては、利用者増えれば増える程、情報の信頼性に疑問を持つようになりました。
ウィキペディアは基本的に登録さえすれば、誰でも記事を投稿する事が出来、多くの人に利用されると言う事は、それだけ多くの人が登録をして、投稿するようになると言う事です。悪意を持っている人、持っていない人でも間違い、思違い、勘違い等が有ると想います。

goo辞書の
辞書 > 使い方 > フリー百科事典から検索する
には、以下の通りに記載されています。

ウィキペディアは、ユーザーが自由に編集できるフリー百科事典です。すべての解説は、誰もが自由に編集できます。内容の正確性、合法性、安全性についてなどは、gooまたはNTTレゾナント、またウィキペディアが、いかなる保証もするものでもありません。

ウィキペディアに関しては閲覧者の94%が「信頼できる」、オンライン百科事典ウィキペディア は少し怖いと想います。

拡大するフリー百科事典『ウィキペディア』の課題

等々の記事も有り、「ウィキペディア」の記事を信じきるには注意をした方が良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日

Windows が起動しない。

パソコンの使用中に電源ケーブルが抜けてしまい、それ以降起動しなくなったとのことで呼んで頂きました。

パソコンは、エプソンダイレクトの EDiCube MR1500 で、OS は Windows XP HOME です。

症状
電源を入れると、エプソンのロゴが出で、Windows のロゴが出た時点で再起動します。延々この繰り返しです。

起動しなくなった原因が起動中の電源ケーブル抜けですので、ハードディスクに障害が有る可能性が高いと思います。

ちなみにバイオスレベルでは認識出来ています。ハードディスクはシリアルATAのハードディスクです。

ハードディスクの障害を確認する為に、専用ツールを利用することもありますが、今回は他の OS で起動させてディスクが認識出来るかを確認しました。

通常用意している、KNOPPIX を利用してみました。CD を入れた状態でマシンを起動させると問題無く KNOPPIX の CD から起動しました。

通常 KNOPPIX が起動後、ディスクトップ(KDE)上にハードディスクのアイコンが表示されますが、ハードディスクのアイコンが表示されません。df コマンドで確認しても、ハードディスクがマウントされていません。

結論として、バイオスレベルで認識が出来ていても Windows でも Linux でも認識出来ませんでした、ハードディスクになんらかの障害が有るのは確実と判断しました。

マシンを預かり同等のディスクに交換すれば、復活は問題ないと思いますが、購入してまだ1年程度ですので、メーカー修理をご提案させて頂きました。エプソンダイレクトなら1週間程度でしょうか、ハードディスクの内容は諦めて頂くことになりました。
お話として、ハードディスクの内容を救済をして頂く業者さんのことも説明させて頂きましたが、予算面でそこまで費用を掛けてもと言うことで諦めて頂くことになりました。

駄目元で作業をしても良かったのですが、自分のメンテナンス環境に【シリアルATA】が無い為、ご提案出来ませんでした。残念(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日

電話機を買換え

1年程前から、コードレスフォンのボタンが押せなくなり、ついにベルも鳴らなくなったので電話機を買換えました。ちなみに電話機本体は何も問題は有りません。ただ仕事で使っている為、コードレスが使えないと不便な物で。

要望はデジタルコードレスで、子機が2個付です。
本来であれば事務所ですのでビジネスフォンの選択になると思いますが、ビジネスフォンは高価ですし、回線も ISDN 回線で、電話と FAX の番号が個々に有るだけですので、一般の量販店で電話機を購入しました。

量販店に出かけてみると、固定電話はもう殆ど選択の余地がなく、主流は FAX 電話機になっています。
FAX はいちよう専用回線で FAX 専用機を利用していますので FAX は不要です。あくまでもコードレスの電話機が欲しいと言うことで。

購入したのは、パナニックの VE-SV06DW です。
Tel

この電話は写真でも判るように、基本的には子機が2台のみで、本体は単に充電器と留守電の機能が有るだけで、とてもシンプルです。デザイン的にも携帯電話を一回り大きくした感じです。

使っていていい感じなんですが、一つだけ難点が何だか音が「籠って」聞こえます。デジタルコードレスはこんな物なんでしょうか?

もう一つの候補でパイオニアも有ったのですが、どうしても電話機でパイオニアというイメージが無く、パナソニック(松下)製品を選択しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日

SEO 対策定番本

少し古い本になるのですが、SEO(Search Engine Optimization) 対策を意識した際に参考になる書籍があります。
内容的には時代遅れの部分も有るとは思いますが、SEO の基礎は何をしなければならないのかを、判りやすく解説されています。
SEO に興味を持ったら始めに読むには判りやすい本だと思います。SEO 対策に興味を持ったら是非とも一読をお勧めします。

SEO 対策はココログでも十分応用が出来ます。今まで何気なく付けていたタイトルにも、SEO 的にはとても大切なんだと言うことが判ると思います。

検索にガンガンヒットするホームページの作り方―SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にPRしよう
検索にガンガンヒットするホームページの作り方―SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にPRしよう渡辺 隆広

おすすめ平均
stars入門書としてはコンパクトにまとまっています
stars基本を知るには
starsとても参考になりました。
starsまだ読み終えてはいませんが
stars役に立った部分は1割程度

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月15日

Boot Camp インパクト

Apple の、IntelMac で Windows を起動させる Boot Camp が発表になり各所で話題になっており、インストールしたレポートが数多く報告されています。また Boot Camp とは違い、Mac OS X 内で Windows を起動させる「Parallels Workstation」の話題も熱くなっています。Parallels Workstation は Intelの仮想化技術「VT-x」に対応していることです。

ちなみに、Intelの仮想化技術「VT-x」とは
Intelの仮想化技術「Vanderpool Technology」とは
との事。

Boot Camp に関する話題

Parallels Workstation に関して下記のブログで詳しく紹介されています。


メディア紹介

個人的には、Boot Camp よりは、Parallels Workstation に興味が有ります。
また他の OS を仮想で動かすのであれば、Microsoft の Virtual PC や、VMWare も目が離せないと思います。今後 Intel の 「VT-x」にどのように対応してくるのか興味が有ります。

Intel Mac を持っていませんので、直ぐに試す事は出来ません。まだまだこれからの話ですが、今後も積極的に情報を収集して行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日

いいかも?ペン3/600MHz

以前の記事、「CPU 交換」にて、CPU を高速の物に交換しても余り差がないですね〜、投資額なりではないでしょうかとコメントを頂いておりましたが、1ヶ月位使ってみて何だかいい感じです。特に特別早いという感じは無いですが、操作が軽快になったように感じます。web の閲覧も早くなったり、ファイルメーカーや、ワード等の起動も速くなっています。

些細な投資で、効果も正直疑問を持っていましたが、少し使ってみて投資の効果がじわじわ感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日

ほぼ日手帳のその後

突発的に購入したほぼ日手帳ですが、約4ヶ月利用してきました。
基本的に、日々の外出予定を書いています。基本になるスケジュールは、iCal で管理しており、必要な項目は手書きで書き写しています。

実際使ってみてスケジュールの管理は問題ないのですが、日付に関係なくちょっとした記録や、メモを書くスペースが少ないように思います。元々日々のスケジュール管理がメインだから仕方がないのかも知れません。
同じような要望は有るようで、「ほぼ日のメモパッド」と言う商品が有ります。来年は「ほぼ日のメモパッド」も購入したいと思います。

今まで手帳を利用することが有りませんが、使ってみてとても便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日

データ消去ソフト

パソコンのデータの破棄に関して時々質問を受けることが有ります。パソコンのデータ消去に関しては、社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)より、「パソコン破棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関するガイドライン」という文章が公開されています。

単にリカバリ程度ではデータ残っている可能性が有るとの事です。
基本的に、ハードディスクの記録面は磁性体ですので、新たなデータが上書きされなければデータは残っている可能性が有るのは理解出来ます。

個人的には、インターコムの「Super ディスク抹消2 」を利用しています。この手のソフトは正直な所も同じような物と理解しています。基本的には削除したデータの上にランダムなデータを上書きを何度か行い、データの抹消を行います。
ハードディスク全体を抹消するなら、CD か FD から起動させプログラムを実行すればデータは全て抹消されます。
Super ディスク抹消2 」を選択のは、安価だったのとインターコム社の製品だったからです。

Super ディスク抹消 2 キャンペーン版
Super ディスク抹消 2 キャンペーン版
インターコム 2003-11-21
売り上げランキング : 4,038


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近は量販店に出向くとデータ多くの抹消ソフト有ります。
基本的には好きな物を選択して頂ければと思います。動作権利として削除したデータ領域にランダムなデータを書込みだけですので。

実は、データ抹消ソフトを色々調べており気になった事があります。
メールのデータは抹消出来るのでしょうか?例えば機密が書かれたワードのファイルを、抹消ソフトで削除しても、もしこのメールがメールに添付されて来ていたら、ワードのデータはメールデータ内にエンコードされて残っています。出来る事で有ればメール内のデータを抹消出来るソフトの方が安心だと思います。

ここで疑問が、ワードやエクセルのデータならファイル単独で独立していますので、データを削除しランダムなデータを書込み事が出来ます。
多くの人が利用しているメールソフト Outlook、Outlook Express は「受信」「送信済み」「削除」等のファイルは1個のファイルにデータが書込まれており、メール1通単位で削除したデータ上にランダムな情報を上書きをする事が出来ないではと思います。
「受信」ファイルを抹消ソフトを利用して削除すれば安心ですが、メール1通単位でデータの抹消は難しいのでは?と思います。

量販店等でお話を聞いて、メール1通単位で削除が可能との事で、AOSテクノロジーズ、ターミネータ4.0 特別抹消セット版 Win を購入しました。ただ対応しているメールソフトは Outlook だけで、Outlook Express には対応しておらず少し残念です。

実際の使い方は、Outlook 上でメールデータを削除します。
その後にターミネータ4.0を起動し「削除メッセージ抹消」をクリックすると、Outlook の pts ファイルを見つけてきますので。選択して「開く」のボタンを押せば完了です。ただデータの上書きが1回しか行わないのは少し不安です。1回上書きをすれば十分なのか、技術的に難しいのは判りません。

ちなみに、ターミネータ4.0には、【選択】と【完全】が有ります。【選択】はファイル個別。【完全】はハードディスク全体のデータを抹消します。個別のパッケージになっていますが、今はキャンペーンで同根のパッケージが販売されています。乗り換え・アップグレード版ですが、他のソフトをお持ちの方はお買い得だと思います。

ターミネータ4.0 特別抹消セット版乗換・アップグレード版
ターミネータ4.0 特別抹消セット版乗換・アップグレード版
AOSテクノロジーズ 2005-07-07
売り上げランキング : 3,579


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日

やっと安定してきたかな?

ココログが3月28日のバージョンアップしてから、とても不安定な状態が続いてきました。

また、夜の時間がサーバが重くとても更新が出来る状態ではりませんが、この数日23時過ぎでも安定サーバが重い感じがしません。

お知らせココログ
3月28日メンテナンス後の状況について(第六報)

とアナウンスが出ており、やっとかなと思います。正直な所何とかして欲しいと思います。
まぁ、Nifty-Serve の頃も、メンテナンス後接続出来ない。フォーラムのログが無くなる等の障害が発生しました。

作業を行うのは人間ですのでミスを無くす事は出来ないと思いますが、ココログ位のサービスになると、パソコン通信時代より多くの人が利用しています。最新の注意をして欲しいですね。

個人的には、アクセス解析の導入が遅れているのが残念です。

新アクセス解析導入スケジュールに関しまして

今の障害を完全に解決しないでアクセス解析を導入するのは、確かに無謀だと思いますが、楽しみに待っています。早く現状をクリアーして、アクセス解析を導入して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日

無料でホームページはできない。

時々ホームページを無料で作成しますと言うセールスが有ります。
自分の所には殆どありませんが、お客様の所に時々セールスが有るようです。

良くお話を聞いてみると、ホームページは無料で作成しますが、ドメインを取得して頂き、ドメイン管理及びホームページ管理で毎月管理費用を請求され、ホームページの修正ば別途とのことです。
ちなみに、最近有った話では月額管理費用が15,000円で60ヶ月の契約、他にレンタルサーバ費用も月額3,000円程度かかるとか、またホームページの修正は別途との事です。

もう、お気づきの方もいると思いますが、ドメイン管理、ホームページ管理とはレンタルサーバの事です。レンタルサーバはこの数年値下げが激しく、ドメイン管理とホームページ領域を借りて、月額1,500円程度から借りられます。独自 CGI の利用やメールアドレス数が無制限なら月額3,000円程度を見て頂ければと思います。

ホームページは無料で作成して頂いても、月額15,000円+3,000円も掛かってしまうのは、とても高価な契約をする事になります。実際の話月額15,000円は、ホームページ制作費用を分割したような物だと思います。

セールス的に、ドメイン取得、レンタルサーバの契約及びメンテナンス契約をして頂ければ、ホームページ制作費用は無料と言うことは有りだと思いますが、ホームページ制作費用が無料を強調しその気にさせてから、ホームページ管理の名目で、高額なメンテナンス費用及びレンタルサーバを契約させようとする、セールストークは頂けないと思います。

甘い言葉、美味しいセールストークには注意してください。
「安いには意味が有る」「ただより高い物は無い」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 9日

パソコン入れ替え作業2

昨日の続きの作業です。

11時頃にお伺いして作業を始めました。
まず、最初に古いパソコンの移動です。データは昨日移動していますので、古いパソコンを移動させ新しいパソコンを設置します。

無線 LAN が繋がるのを確認。

次にプリンタの設定です。プリンタはキヤノンの PIXUS iP7500PIXUS iP5200R です。iP5200R は私からの推薦です。業務の関係でパソコン1台に約1台プリンタが必要なんですが、現状パソコン6台にプリンタ3台です。良く使う人はプリンタを専有していますが、使用頻度の低い人はプリンタ共有で利用していました。

今回導入した iP 5200R は、有線/無線 LAN に対応しており、プリンタ共有が必要なくなり、依存するパソコンが無くなります。

プリンタ2台を箱から出して設置まで完了しています。 iP7500 には大きな用紙が入っており、用紙の指示に従って、ドライバーのインストール、USB ケーブルを接続してプリンタを電源を入れれば完了。

次に、iP 5200R の設定ですが、大きな用紙が入っていません。
iP 5200R を利用するのは、USB、有線 LAN、無線 LAN と有る為、大きな用紙1枚に簡単に説明が出来ないのだと思います。マニュアルを見て設定します。

LAN に対応したプリンタを設定する際は、事前にネットワークを確認してプリンタに割当てる固定 IP アドレスを決めておくと戸惑う事が無いと思います。社内ネットワークは私が設定させて頂いておりますので、プリンタの固定 IP アドレスは事前に決めて作業に入りました。

利用は、無線 LAN 環境で利用出来るように設定を行います。初めて設定する際は USB ケーブルで接続して設定を行います。
まず始めに iP 5200R とパソコンを USB ケーブルで接続します。この時点ではプリンタの電源は入れません。

この時点でルータの設定を変更しておきます。

付属の CD からインストール作業を行う際に、LAN 環境を設定するユーティリティを一緒にインストールするのを忘れないでください。後日プリンタの設定を変更する際に必要になります。2台目以降のパソコンではユーティリティは不要です。管理用のパソコンに入っていれば良いと思います。

実際インストールが始まると、USB、有線 LAN、無線 LAN の選択が有り、無線 LAN を選択すると、「初めてインストール」するのか、「2台目」のインストールかを選択する事が出来ます。初めてですので「初めて」を選択します。この時点でプリンタの電源を入れます。しばらく待つとルータとの通信を試みますので、「ネットワークキー」を聞いてきますので、WEP キーを入れてます。もうしばらく待つと DHCP か固定 IP アドレスか聞いてきますので、固定 IP アドレスを選択し、IP アドレスを指定します。後は電波状況を確認し利用出来るようになります。

この時点で、USB ケーブルを外して印刷が行えるかテストします。ちなみに設定を行ったパソコンは、有線で無線ルータに繋がっているパソコンですが、問題無くテストプリントか出来ました。

この時点で12時を少し過ぎています。

次に、無線 LAN 環境のノートパソコンにインストール CD を入れてインストールを行います。2台目になりますので、無線 LAN を選択し「2台目」を選択してインストールを行います。プリンタを認識してドライバーがインストールされとても簡単です。

iP 5200R のドライバを全てのパソコンにインストールを行いますが、1台10分も有れば完了です。

これで何とか新しい機材の環境が整いました。
再度ルータの設定を変更して、iP 5200R の MAC アドレスも登録して、通信出来る機材の限定を行います。

この時点で13時半

次にネットワーク環境を整えます。新しいデスクトップパソコンをファイルサーバとして利用する為。ファイル共有を許可をします。全てのパソコンからアクセス出来るのを確認、必要なファイルを全て新しいパソコンで公開出来るようにします。各パソコンのデスクトップに共有先のショートカットを作成します。
ちなみに、個々のパソコンではファイル共有はオフにしています。

動作確認して14時

ファイルサーバマシンに、ファイルメーカーで作成したデータをデータベースが有りますが、今回このデータベースをバージョンアップした物と差替え動作確認します。特に問題は無さそうです。後は実際に運用して頂き確認して頂きます。
ちなみにファイルメーカ−を利用しているのは、標準パッケージで5台までネットワーク経由で利用出来る為です。

ここまでの作業で15時です。

これで作業は全て完了です。話を頂いた際に1日では無理と判断していたのですが、やっぱり2日間掛かってしまいました。アシストでもいればとも思いましたが、作業は平行して行っている為余り時間短縮にならいと思いますし、自身で作業を行えば作業内容の確認出来安心です。悔やまれるのはやっぱりノートンかな?

ただこれ以上の台数を1人で扱うには現実的に難しいとも実感しました。
今回の作業は週末2日間使っての作業でした、お世話になっている会社様でしたので週末両日を使わせて頂き、ありがとうございました。他の会社様では1日で完了させなければと思います。

今後はこのような作業は余り無いとは思います。
ただこのような法人需要は確実に有ると思うのですが・・・、どうにかビジネスとして行う事が出来ればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日

パソコン入れ替え作業1

この週末はハードな週末です。

お得意様の所で、パソコン4台入れ替え、プリンタ2台の入れ替えの作業を行います。パソコンは入れ替えになりますので、データの移管、無線LANの設定、データベースの移管、データベースの動作確認等々の作業を行います。作業は11時から初めて17時までです。翌日日曜日は予備日としています。

11時にお客様の所にお伺いして、少し雑談をしながら新しいパソコン4台を箱から出して設置、ノートパソコン3台、デスクトップ1台(17インチ液晶一体型、重いです)。箱からパソコンを出すとそのパソコンは、量販店で販売されているモデルでした。本来であれば業務で利用するパソコンは、業務用のパソコンを選択して欲しいと思うのですが、仕事で関係ある問屋さんより購入した為、量販店で販売しているモデルとのことでした。

パソコンは富士通でした。富士通のパソコンは初めて起動した際に必ず実行するプログラムが有ります。この「必ず実行してください」を実行すると時間が掛かります。
「必ず実行してください」の最中にノートンまで起動してディスクをスキャンします。流石に4台有ると同時に作業をしないと大変な事になります。

パソコンの電源を入れて、Windows の初期設定が完了したら、もう12時、「必ず実行してください」を実行させて4台のパソコンで、「次へ」ボタンを押していきます。ノートンのスキャンが始まったので、この間にプリンタを箱から出して設置をします。プリンタは電源を入れてインクまで付けました。

まだノートンのスキャンが終わりません。
この間に無線ルータの設定を変更して、全てのパソコンがルータに接続出来るようにします。

次に、古いパソコンからバックアップするデータの確認、マイドキュメント、Outlook Express のデータ、IE のお気に入り等が新しいパソコンに移動するデータです。

やっとノートンが終わりもう14時、約2時間近く掛かっていました。
無線LANの動作確認を行い繋がるを確認し、Windows UPdate のページを開き Microsoft Update に変更、Microsoft Update を実行します。Office 2003 のアップデートも有り、少し時間が掛かり全て終わったら15時、ノートンのスキャンをキャンセルすれば良かったかと少し後悔。

3時のお茶を頂きながら、古いパソコンから新しいパソコンにデータのコピー作業を行います。全てのパソコンがネットワークに接続出来るようになっていますので、新しいパソコンでファイル共有を許可して、古いパソコンで新しいパソコンに接続しデータをコピーをします。思ったよりデータが多く全てパソコンで、データのコピーが完了したら、16時ふぅ〜。

新しいパソコンで、Outlook Express のデータを移管して、メールの動作確認、IE のお気に入りを移動させて16時半。

ここまで作業を行って本日の作業は終了にしました。
翌日に予備日を取っておりましたが、本当に予備日を使うことになるとは・・・、やっぱりノートンのスキャンはキャンセルすればよかったと・・・。

無線ルータの設定で、MAC アドレスの登録を行い利用出来るパソコンを制限して、本日の作業は完了にしました。もう17時。

明日も11時にお伺いして残りの作業を行います。
残作業は2台のプリンタの設定、データベースの移管、データベースのバージョンアップ動作確認です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日

ココログのカスタマイズ

ココログをカスタマイズ出来るようになったら、是非ともしたかったのが引用です。

左側に線を引いて、引用文の背後に色を入れました。
引用のタグは「blockquote」ですの、スタイルシートを確認した所、本文のコメントは「.content blockquote」にて指示をしています。以下の指示を追加しました。

.content blockquote {
background-color: #EEEEEE;
border-left: 1px double #003366;
margin-left: 20px;
padding: 10px;
}


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日

モブログのテスト

モブログのテスト

モブログからの投稿です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 5日

Apple が Windows をサポート!!

Apple 自身が、Windows を起動させるツールを発表しました。

CNET Japan の記事にて
アップル、「Boot Camp」を公開--Intel MacでWindows XPが利用可能に

遂に Apple が自社のハードウェアで Windows を起動出来るツールを公開しました。次期 10.5 Leopard に搭載予定との事。

Boot Camp をインストールすると、マシン起動に Mac OS X もしくは Windows XP が選択出来るようになるとのことです。Apple の狙いとしては、Windows と一緒に Mac OS X を起動出来るようにする頃で、Mac OS X の良さをアピールするのが狙いでしょうか、このまま Apple が単にハードウェアメーカーになんかにならない事を願うばかりです。

Apple 自身が Windows を起動出来るハードウェアを作る事で、確実に Apple のハードウェアも売れるようになり、プリインストールされている Mac OS X を触る環境が増えることは喜ばしいことだと思います。

少し嬉しいかも!

参考リンク
アップル、Boot Campを発表
Boot Camp/まとめ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月 4日

Capable PC とは?

最近、Capable PC と言う単語を良く見かけます。

Windows Vista が発表された際に、動作を保証しているパソコンだそうです。詳細はマイクロソフトのサイトを参考にしてください。

Windows Vista Capable PC

Capable PC にはまたシールが張られるそうで、気になるスペックは

Q: Windows Vista Capable PC で規定されている条件は何でしょうか?
A: Windows Vista Capable PC の要件は下記となります。
メモリ 512 MB 以上搭載
DirectX 9.0 対応のグラフィックスハードウェア搭載
最新の CPU 搭載
Windows Vista 発売後順次必要なハードウェアドライバの提供

との事で、個人的には今後発売の機種有れば、あえて"Capable PC"と付けなくても思いますが、まぁ"Capable PC"と付いていれば安心と言えば安心ですね。

参考リンク
Windows Vista Capable PCって何?
エプソン、EndeavorシリーズにWindows Vista Capable PCを追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日

印刷が出来ません。

以前呼んで頂いたお客様から、再度呼んで頂きました。

プリンタは、キヤノンの BJ S500 です。
環境は、Winodws Me で NEC のノートパソコンです。

プリンタのプロパティから、テスト印字をすると Windwos のロゴ以外印刷されません。
どうやら黒インクに問題が有りです。黒インクの残量を確認した所、満タンでしたのお話をお伺いした所、交換したばかりとの事です。

プリンタのプロパティから、ヘッドのクリーニングを数回実行するがまったく改善無し、インクが減ったのも見受けられません。
ノズルチェックパターンを印刷してみると、CMY のカラーインクで作られた黒は出ていますが、黒インクは出ていません。

ヘッドを取り外して確認した所、黒インクのノズルの周りに固着した黒インクがべったり付いていました。出来るだけ掃除をしましたが、ヘッド面は触れませんので殆ど効果なし。ここまで頑固に固着したインクは初めてです。

こうなるともう、キヤノン場合はヘッドユニットの交換です。
お客様に状況をご説明して、判断して頂くしかありません、この機種のヘッドユニットは約4,000円程度です。
でも今時の安価なプリンタは1万円程度で購入出来ます。

ご家族とご相談して頂くという事で、今日は終了です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 2日

Biglobe 分社化決定

少し前の記事ですが、Biglobe の分社化が決定しました。

ITmedeia
NEC、BIGLOBE分社化を正式発表

PCWEB
NEC、BIGLOBE事業を7月に分社化 - 企業向けインフラサービス強化も

Google ニュース

今のまま、NEC だけではサービス、コンテンツの広がりに限界を感じてる為、分社化し他社と協力を求めるのだと思います。ただ、@nifty そいうなんですが、自社でインフラを持たない ISP って今後、今まで以上の拡大は可能なんでしょうか?どうしても、インフラを持っている所が強いように思うのですが・・・。

個人的には、レンタルサーバ事業やハウジング事業にも力を入れて頂ければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日

ワンクリックウェア

ワンクリックウェアとは、ワンクリック詐欺の進化型のようです。

ITmedeia エンタープライズの記事ににて
他人事ではない? 「ワンクリックウェア」の実態

ホームページ上をクリックする事で、パソコンにスパイウェアが仕込まれてしまうプログラムの事を、ワンクリックウェアと呼ばれているみたいです。

記事にも書かれていますが、ワンクリックウェアは日本固有の問題になる為、大手のウィルスソフトメーカーの対応が後手に回る可能性が高く、侵入を防ぐ事が出来ない場合が多いと思います。

基本的には、Windows Update を行っていればダウンロードの際には警告が出来ると思いますが、注意が必要です。
ワンクリックウェアの被害はこれからも広がる可能性が有ると思います。これは何も男性がアダルトサイトを見る際に被害に合うだけでなく、今後は女性や子供が利用するサイトにも仕込まれる可能性が有ると思います。是非とも注意して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »