« Capable PC とは? | トップページ | モブログのテスト »

2006年4月 5日

Apple が Windows をサポート!!

Apple 自身が、Windows を起動させるツールを発表しました。

CNET Japan の記事にて
アップル、「Boot Camp」を公開--Intel MacでWindows XPが利用可能に

遂に Apple が自社のハードウェアで Windows を起動出来るツールを公開しました。次期 10.5 Leopard に搭載予定との事。

Boot Camp をインストールすると、マシン起動に Mac OS X もしくは Windows XP が選択出来るようになるとのことです。Apple の狙いとしては、Windows と一緒に Mac OS X を起動出来るようにする頃で、Mac OS X の良さをアピールするのが狙いでしょうか、このまま Apple が単にハードウェアメーカーになんかにならない事を願うばかりです。

Apple 自身が Windows を起動出来るハードウェアを作る事で、確実に Apple のハードウェアも売れるようになり、プリインストールされている Mac OS X を触る環境が増えることは喜ばしいことだと思います。

少し嬉しいかも!

参考リンク
アップル、Boot Campを発表
Boot Camp/まとめ

|

« Capable PC とは? | トップページ | モブログのテスト »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

基本的な話をすると、AppleがMacOS無しでMacを販売するとは思えません。
そうなると、WindowsユーザーからすればMacは「単なる高いPC」としか見えません。

でも、今までのように「Macでは、エミュレータ-環境じゃないとWindowsは使えない」という不自由はなくなるわけですが…Macに限らず、デュアルブートって、あまり一般ユーザーにメリットがあるとは思えないんですけどね。

前にも書いたような気がしますが、個人的には、MacOSがAT互換機のプラットフォームで動いてくれた方が、Macユーザーの裾野が広がると思うんですけどね。
やっぱりAppleはハードウェアメーカーだ、ってことでしょうかね(笑)。

投稿: ささもと | 2006年4月 6日 17時08分

maru です。

ささもと 様
Apple の作戦としては、Windows を起動出来る事で、Windows を餌にユーザを釣ろうとしているのも知れません(^^)。

本当は、互換機で Mac OS X が動けば良いのかと思いますが、まだそこまで Apple も冒険は出来ないでしょ、今回も多くの人は、Apple 自身が Windows を起動出来る仕組みを用意するとは思っていませんでした。

また、Apple のコミュニティを見ていると、デュアルブートでは無く、同時起動を望む声が大きい感じがします。僕もデュアルブートは余り魅力を感じません。

でも、Apple誕生30年、ここまで来たかという思います。

投稿: maru | 2006年4月 6日 17時38分

Windows を餌にユーザを釣ろう

そう言うことか、と。
マクはサポトもほとんど無いので
事実上サポト対象外ですね。
結構サポト多いですか

投稿: p | 2006年4月 7日 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/9450861

この記事へのトラックバック一覧です: Apple が Windows をサポート!!:

» これがアップル30周年記念のプレゼント:) [Blog!NOBON]
アップルは、Intel Mac における Mac OS X と Windows XP のデュアルブートを実現するツール『Boot Camp(ブートキャンプ)』のパブリックベータ版を発表しました。 『Boot Camp』は期間限定の試用版として提供され、製品版は、次期OSであるLeopardに搭載されるようです。 気になる性能はというと、Mac24 によれば『Boot Camp』は、『Windows XP on the Intel Mac』と違い、各デバイスのドライバーが提供されている... [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 10時10分

« Capable PC とは? | トップページ | モブログのテスト »