« ココログバージョンアップ | トップページ | ココログバージョンアップ後のカスタマイズ »

2006年3月29日

@nifty パソコン通信完了に思う

3月31日に @nifty のパソコン通信が終了します。

@nifty のパソコン通信は、初めてパソコンを購入し、パソコンの使い方を学んだ世界でした。
当時、Nifty-Serve を選択したのは豊かなフォーラムでした。他に、PC-VAN や 日経MIX も有りました。

フォーラムとは、mixi のコミニュティみたいな物で、管理者・シスオペ(SysOp)が Nifty-Serve より認定されており、シスオペはほぼボランティアでフォーラムの運営を任され、フォーラムの運営方針で入会に関しては制限が有るフォーラムも有りました。また、シスオペの仕事として会議室の記録を保存して、ライブラリに登録して過去ログが読めるようにメンテナンス等も行っていました。

多くのフォーラムには自己紹介用の会議室が有り、始めに簡単な自己紹介をしてからフォーラムに参加した物でした。フォーラムを利用する場合、基本的に本名は利用せずフォーラム名として、ハンドルと言われるニックネームを利用しており、フォーラム内ではハンドルで呼ばれ、オフラインと呼ばれるリアルな集まりの場でも、ハンドルで呼びあう、有る意味変な集団でした。

フォーラム内ではトラブル(口論)になる事もたまには有ります。基本的に Nifty ID で個人が特定出来るため、匿名性の強い今のインターネットの掲示板等は違い、それなりに制御が効いていたと思います。この辺は mixi と通じる物が有ると思います。また管理者のシスオペがいますので、口論の仲裁に入ったり、時にはシスオペ権限で、書込みの削除、時には除名すると言う事が有りました。
個人的には、mixi を利用してみて、mixi は紹介制では有りますが、事務局側で個人を特定していない為、mixi を利用する上では、2ch と余り変わらないと思います。

但し、フォーラムにはシスオペがいる為に、シスオペと利用者の間に亀裂が生じ、利用者とフォーラム側で対立するような事も多々有り、フォーラムの分裂等が発生していました。

インターネットの普及に伴い、個人でホームページの開設、掲示板の設置、その他掲示板の乱立、フォーラムを利用するメリットが急速に失われフォーラムの終焉に向かい、パソコン通信自身の終了に繋がる事になったのでは無いでしょうか。

フォーラムの人気が失われるとともに、匿名性の強い掲示板 2ch の台頭、2ch の台頭に伴い匿名の強いインターネットの掲示板を利用するのに不安を覚える増え、紹介制で安心出来る mixi の台頭が有り、有る意味昔懐かしい、Nifty-Serve のフォーラムの形に回帰しているように思います。

この間、何も対策を行えなった @nifty のフォーラム運営に関して、フォーラムで育ってきた世代としては、寂しい物を感じます。また結果として mixi 等のクローズされたサービスが人気になるのも皮肉な物だと思います。

個人的には、インターネットの普及に伴い、Nifty-Serve のフォーラムから解放された自由な世界を歓迎しますが、逆に情報の拡散が始まり情報収集が大変になった側面が出てきました。その中で多くの人が有りまり自由に書込みが出来る、2ch では、独自のコミュニティが形成され、情報収集の場とては有意義な所になってきたと思います。ただ多くの人が集まり匿名で書込みが出来る為に、負のイメージも強く利用するには注意が必要なのも 2ch だと思います。

出来る事で有れば、Nifty-Serve のフォーラムが早い時期から、無料開放し既存のフォーラムをベースに、自由にコミニュケーションが取れる場にして頂ければ、もう少し安心感が有る、2ch に成れたかと思うと残念に思います。

@nifty のパソコン通信の終了に伴い、フォーラム世代として現在のインターネットのコミニュティについて個人的に思っている事を書いてみました。

4月1日追記
CNET Japan の記事にて
さよなら「パソコン通信」、最後のサービスが19年の歴史に幕

|

« ココログバージョンアップ | トップページ | ココログバージョンアップ後のカスタマイズ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/9337272

この記事へのトラックバック一覧です: @nifty パソコン通信完了に思う:

» パソコン通信雑感 [かきなぐりプレス]
初めてワープロを買ったのは平成元年のことだった。 大型液晶バックライト画面が決め手となってナショナルを選んだ。たしか、18万円ほどしたと思う。当時はパナソニックではなくナショナルのブランド。 本体の記憶容量はA4で3枚か5枚程度。情けないほどの容量だ。フロッピーは必需品だった。別売でテトリスのゲームソフトも買った。 その時、ワープロを買って何をしていたか、というと日記をつけていた。会社でもマックが導入され始めキーボードに慣れる意味合いもあった。 この機種を選んだ理由がもう一つ... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 23時36分

« ココログバージョンアップ | トップページ | ココログバージョンアップ後のカスタマイズ »