« 流石 NTT グループ2 | トップページ | ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収 »

2006年3月 3日

CPU 交換

かねてから懸念だった CPU を交換しました。
AOpen の AX6B の CPU を交換いたしました。CPU は、Pentium III の 600MHz です。
BIOS もアップデートしておきましたので、あっさりと認識して快適に利用出来るようになりました。

今まではセレロンの 300MHz でしたので少し期待しましたが、体感は余り変わりませんでした、ベンチでも総合で見れば 20% 程度のアップです。正直な所、セレロン 300MHz でもそれ程困っていた訳ではなかったのですが、ノートンを入れてから流石に動作が全般的にもっさりしてしまっていましたので、今回 Pentium III の 600MHz にした事で、もっさり感が取れた感じです。1500円程度の投資でしたので、これで十分だと思います(^^)。

|

« 流石 NTT グループ2 | トップページ | ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Pentium III の 600MHz にした事で、もっさり感が取れた感じです。1500円程度の投資

ただ同然で、スピドアプですね。でも、安くなってますね。あまrち速度上がってないのが残念ですけどね。

投稿: u | 2006年3月 4日 11時26分

セレ300からペンIII600ですか…。
メモリがPC100とかなら、その程度かもしれませんね。
それで1万円以上とかだと躊躇しますけど、1500円ならいいですね(^^)
Windows98がまだなんとか使える状況ですから、パーツも探せば安く手に入るので、もったいなくて捨てられないパソコンの多いこと多いこと(笑)
サポートが終わっても、ネットにつながないなら壊れるまで使えますしね。ますます捨てられない…。

投稿: ささもと | 2006年3月 5日 08時44分

maru です。

u 様
もう、yahoo オークションのおかげです。
昔なら休日に秋葉原を散策してなんて事もしていましたが、今は休日も無い状態ですし、秋葉原も趣向が変わってしまい、中々行く事が無くなりましたので、今は時々 Yahooオークションです。

ささもと様
良く判らないのですがメモリーを、PC133 にするだけで少しは、CPU の能力を引き出せるものなんでしょうか。でも PC133 はまだ高いみたいですので、今のままで我慢です。
98 時代のハードウェアの方が、作りがしっかりしていますので、用途を限定すればまだまだ現役ですよね。本当にもったいないお化けが出そうですが、捨てるにも経費が掛かりますので、何でもかんでも引き取る事は出来ません(^^)。

投稿: maru | 2006年3月 5日 17時06分

98 時代のハードウェアの方が、作りがしっかりしていますので、用途を限定すればまだまだ現役

盲点ですが、これは事実ですよね。ネト限定であれば98でも何ら問題無しです。用途に応じて使い分け出来るように精進して参りたいです。

投稿: p | 2006年3月 5日 17時59分

maru です。

p 様
98時代のマシンで、ネット環境は少し厳しいのではないでしょうか。
特定の業務等ではと言う事になると思います。また初心者にはお勧めは出来ないですよね。

投稿: maru | 2006年3月 6日 10時10分

>良く判らないのですがメモリーを、PC133 にするだけで少しは、CPU の能力を引き出せるものなんでしょうか。

うーん、それでびっくりするほど性能が上がるわけではないでしょうけど、メモリバスに比べてCPUだけ異様に速くても、速くなる部分は限られるはず、という話です。
CPUのグレードアップで恩恵のあるのは、3D画像のレンダリングだとか、MP3のエンコードが速くなるとか、その程度ではないかと。
PC133対応のメモリバスなら、PC100→PC133アップグレードは、全体的なパフォーマンスがあがることが期待できるのでは。

要はコストパフォーマンスのバランスですから、今回の1500円でのCPUグレードアップなら投資効果は上々だと思います。
PC133のメモリは…確かに下手すれば主流のDDRより高いですからねぇ…。
中古で適当なものを探した方がいいですね。
中古探しは、私はソフマップがメインとなりますが、たまに安く手に入ってウハウハ(笑)の時もありますので(^^)

投稿: ささもと | 2006年3月 6日 14時00分

>98時代のマシンで、ネット環境は少し厳しいのではないでしょうか。
>特定の業務等ではと言う事になると思います。また初心者にはお勧めは出来ないですよね。

ここ最近、私はMMXペンティアム133MHz/80MBで、Windows98SEのThinkPadでブログの整理してます(笑)。
遅さは不思議なことに許容範囲内で、キーの打ちやすさと可搬性でこっちを使ってます(笑)
さすがにFLASH多用のページは話になりませんが…。
ブログだけならあまり困りません。
これで何でもやろうとするとつらいのは確かですね。
つまり、何でもやろうとする「わかってない初心者」には不向き、ということです。
真に「これだけ!」と限って使うには、この程度の機械でもまだまだ使える、ということ。
ただ、デスクトップになると、置き場所との兼ね合いになるので、なかなか大変ですが。

ちなみに、ウチではペンティアムIII/500MHzのデルのミドルタワーが、メンテナンス用PCとしてちょくちょく稼動してます。
作業中にDVD鑑賞…とかいった用途にもぴったりです(^^;

投稿: ささもと | 2006年3月 6日 14時11分

maru です。

ささもと様
メモリーの件は、了解いたしました。
確かにコストとのバランスですよね、以前なら秋葉原を散策して探す事も出来ましたが、最近は中々出かけられません。メモリーはチャンスが有ればと言うスタンスで検討してみます。

パソコンのスペックに関しては、パソコンの事が判る人が利用するなら98時代のハードウェアでも十分なんだと思います。また利用を限定出来るので有れば、使い慣れたハードウェアの方が良いですよね。

ネットに関しては、属に言うリッチコンテンツは厳しいと思います。またブログでもジャバスクリプトを多様しているのも厳しいですよね。ただブログは基本的にテキストベースですから、ハードウェアには優しいと思います。

投稿: maru | 2006年3月 7日 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/8929293

この記事へのトラックバック一覧です: CPU 交換:

« 流石 NTT グループ2 | トップページ | ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収 »