« 無線 LAN が接続出来ない!! | トップページ | トラックバック受付中止 »

2006年2月10日

懲りないソフト

ご契約しているお客様にて、「ヤマト運輸」の【送り状発行ソフトB2】と言う、法人サービスのソフトを利用している所が有ります。

この【B2】では、パソコンで住所管理、発送伝票の印刷、月末の請求まで一括して行える優れものソフトなんですが、少々問題が有ります。
実は、この【B2】は定期的にアップデートしますが、その都度 Norton Internet Security 2005 のファイヤーウォールに引っかかり利用が出来なくなります。
アップデート後にノートンはメッセージを出し、そのメッセージを許可しても駄目とのお客様談(これはちょっと疑問)です。

困るのは、アップデートは【B2】を起動した際に、強制で行われて(お客様談)キャンセルが出来ない。手書きて送ってしまうと、請求書が別になってしまう等の弊害が有り、お客様は極力【B2】を使いたい要望が有ります。
個人的にもとても便利そうだとは思います。

初めてこの問題で呼ばれた時は、たかが送り状を印刷するのに、ヤマトのサーバに通信するのか判らず結構悩みました。今回はまたか〜って感じですが、その前に Norton Internet Security 2005 は学習能力が無いのでしょうか?また、ヤマトもヤマトで何か対策をしないでしょうか、ヤマトのサイトを確認したら。

送り状発行ソフトB2.よくある質問-設定

に「ファイアーウォール・プロキシ等による通信の遮断」の項目が有り、利用者が通信出来るように設定しろと案内されています。正直な所半角カタカナを多様する時点で、サポートはあてにならないと思います。アンカーも飛ばないし・・・。

これも、業者のスキルですかね〜。

|

« 無線 LAN が接続出来ない!! | トップページ | トラックバック受付中止 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>アップデート後にノートンはメッセージを出し、

これはウイルスセキュリティでも似たようなことが発生します。
アップデートなどで、通信を行う実行ファイルが変更されると、その都度「アプリケーションが変更されました。許可しますか?」と聞いてきます。
「そのメッセージを許可しても駄目とのお客様談」というのは、許可しても次のアップデートでまた出る、でも次のアップデートまでは問題ない、ということではないでしょうか?
セキュリティ対策ソフトは自分の仕事をきっちりこなしているので、これはこれで仕方のないことでしょう。
ノートンなら、その辺の監視設定を変更できるような気もしますが…。

>たかが送り状を印刷するのに、ヤマトのサーバに通信するのか

単なる「印刷用ソフト」ではなく、ヤマトのサーバーと連携して便利な機能を提供しているソフト、ということでしょう。
「たかが送り状印刷」だけなら、Wordのテンプレート提供程度で済むはずですよ。

>半角カタカナを多様する時点で、サポートはあてにならないと思います。

それほど「多用」しているようには思えませんが…。
レイアウト的な部分で半角にしているとか、ほんの一部のように見えますよ。
あてにならないのは、そのサイトを構築した業者であって、サポートはまた別のような気がします。
まぁ、そういう感覚って、結局は見栄えで決まるものですから、ヤマトさんもちょっと考えてもらわないと困りますよね。

投稿: ささもと | 2006年2月18日 11時34分

maru です。

ささもと様
セキュリティと利便性は反比例すると言う事でしょうか、ノートンでは許可しているのにアップデートしたら再度許可必要と言うのが、意図的な物なかのか、単に再度の許可が必要なのかは確認出来ていません。

ヤマトの【B2】は便利だと思います。ヤマトと通信する事で、クライアント、ヤマトとも便利になるのは理解出来ます。ただ今の時代セキュリティソフトは入れていると思いますので、ヤマトとシマンテック間で話が通っていても良いと思います。

サイトの半角文字の件は、仮にも自社のソフトウェアの説明をしているページなら、半角カタカナはないと思います。ソフトの製作と、web の製作は別だから良いという事ではないと思います。
細かい事ですが、サイト内で半角カタカナを気にしないような会社と言う事は、細かい事は気にしない。だから毎回バージョンアップでノートンに引っかかっても、ユーザが再度許可すれば良いじゃないですか?と言うスタンスに繋がるのだと思ってしまいます。

このような事例は反面教師として自身注意したいと思います。

投稿: maru | 2006年2月19日 17時06分

うーむ…

>だから毎回バージョンアップでノートンに引っかかっても、ユーザが再度許可すれば良いじゃないですか?と言うスタンス

私の推測が正しければ、ウイルスセキュリティででも引っかかるはずです。
それは仕方のないことだと思います。
それはヤマトのせいではなく、セキュリティ対策ソフトのスタンスであり、ユーザーがセキュリティ対策ソフトの特性を理解するべきであって、それをヤマトへ全て求めるのは酷でしょう。

>ソフトの製作と、web の製作は別だから良いという事ではないと思います。

それが良いと言っているわけではなく、webサイトがダメだからサポートも…とは言えない、ということです。
ついでに言えば、「ソフトの製作」と「サポート」も別なんですけどね。

>細かい事ですが、サイト内で半角カタカナを気にしないような会社と言う事は、細かい事は気にしない。

この辺は、あまり厳しくつつかない方がいいのでは…?と控えめに申し上げておきます(^_^;)
先のコメントで「多用」と括弧をつけて書いたことも汲んでやってください(^^ゞ

投稿: ささもと | 2006年2月20日 10時16分

maru です。

ささもと様
いつもアドバイスありがとうございます。

思うに程度の規模の会社になると、セクションが違うと「知らない」「判らない」という事が多く有ると思います。その結果ユーザが困る原因ことになってしますと思います。

上記のサイトにおいても、そのよう感しました。

確かに、ささもと様のご指摘通り余り細かい事に、突っ込んでも始まらないと思いますし、アンチウィルス系、ファイヤーウォールソフトではそのような挙動は仕方が無い事かもしれません。
本来はユーザが学ばなければならないですが・・・、だから私達の仕事が成立つのだと思います。

と、言う事でこの話はここまででで(^^)。

投稿: maru | 2006年2月20日 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/8675171

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りないソフト:

« 無線 LAN が接続出来ない!! | トップページ | トラックバック受付中止 »