« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日

「Windows Vista」は6種類

CNET Jpan の記事にて

「Windows Vista」は6種類に--マイクロソフトが正式決定

Vista は6種類ですか?ちょっと気持ちはブルー(^^;;。
現実的には、一般家庭用は「Windows Vista Home Basic Edition」「Windows Vista Home Premium Edition」になると思いますが、日本のメーカー品では、テレビとの統合が進んでいますので「Windows Vista Home Premium Edition」が主流になるのでしょうか。

ビジネスでは、私がお手伝い出来る範疇には「Windows Vista Enterprise Edition」「Windows Vista Ultimate Edition」に係る事は無いと思います。現実的に「Windows Vista Business Edition」になると思います。

でも、バージョンが6種類と言うのは細かすぎないでしようか、個人的には3種類位にしてユーザ権限で設定するような仕様でも良かったのでは?と思います。

Vista に関しては仕事柄発表になったら出来るだけ早く入手したいと思いますが・・・、その際には最新のパソコンが欲しいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年2月27日

ココログフリーのカスタマイズ

もう3月も目の前です。
ココログは3月にバージョンアップすると宣言をしていますが、3月の何時とは言っていません。個人的には3月1日にバージョンアップして頂けると思っていますが、甘いでしょうか。3月31日も3月ですからね。

さて、ココログがバージョンアップした際に、カスタマイズに関してはココログフリーをカスタマイズする知識が有効になると思っており、ココログフリーのカスタマイズを学ぶ為に、「manabiblog @nifty別館」を用意しましたが、仕事が忙しいを理由に手つかずでした。

放置していましたが、良く拝見させて頂いてる「*second message*」様のエントリー「ココログフリーで新しいブログ始めました」にて、ココログフリーのカスタマイズに関するブログを解説した旨が報告されています。正直な所「先をこされた!!」と言う感情も少し有りますが(^^;;;。とても有意義なブログだと思います。

初めてのココログフリー・カスタマイズ

が纏まっており、とても参考になると思います。
ココログがバージョンアップした後、とても有意義なブログになると思いますので、ご紹介しておきます。
僕もこれから勉強させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日

ココログのカスタマイズ

ココログのカスタマイズに関して。

ココログは、現在フリー、ベーシック、プラス、プロとコースが有ります。

  • ココログフリーは原則無償(但し、PLEASY のアカウントが必要になり、クレジットカードの番号を登録する必要は有ります。)
  • ココログベーシック(@nifty 会員は無料)
  • ココログプラス(月額475円税込)
  • ココログプロ(月額998円税込)

詳細は、」ココログプラン別比較表」を参考にしてください。

各コースでカスタマイズ出来る範囲に制限が有り、ベーシック、プラスでは、スタイルシートを直接編集する事が出来ず、裏技的な方法が用いられています。その点、ココログフリーはココログのベースになっている、TypePad のバージョンが新しい為、制限は有りますがスタイルシートをカスタマイズする事が出来ます。ココログプロになるとスタイルシートだけで無く、HTML も自由に触れるようになり、ほぼ何でも出来ます。

ココログのカスタマイズを行う上で、ご自身がどのコースをご利用しているかで、出来る範囲が変わってきます。情報を探す際には、確認するポイントになります。

ココログをカスタマイズする上で、抑えておきたいのがオフィシャルページの案内です。
ココログサポート」は読んで頂きたいと思います。

ココログをカスタマイズする上で、Tips は「此処録ANNEX:ココログTIPS」が情報へのリンクが纏まっていると思います。また古い Tips も参考になるなります。「旧此処録ANNEX : ココログTIPS

ココログベーシックを利用する上で、ヘッダー部分への画像掲載、背景のカスタマイズ、文字のカスタマイズ、コメント欄や、トラックバックの欄のカスタマイズ等は、スタイルシートの改造になります。まずはココログベーシックでどうしたら、自由に独自スタイルシートを利用出来るかがポイントになります。

次に、カウンタ及び、アクセスログの搭載、各種プログラムの利用方法、ブログペットの飼い方、サイバーの折り畳み等にサイドバーのカスタマイズに関しては「JavaScript」を利用します。多くは開発した物を利用させて頂きますが、設置方法を学びます。基本は同じですので何かサイドバーに設置出来れば後は同じ要領です。
サイドバーに多くの「JavaScript」を設置すると、動作が遅くなりますので注意が必要です。

ココログのカスタマイズを本格的に行おうと思う場合、スタイルシート(Cascading Style Sheets:CSS)を学ぶ事をお勧めします。考え方として骨格を作るのが、HTML で有り、デザイン等は CSS で行います。まずは、CSS の基本を学ぶだけで、ココログは自由にカスタマイズを行えるようになります。

ただ3月にはココログがバージョンアップします。スタイルシートに関するカスタマイズは楽になるのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日

排気が熱い!!

知人から相談受けて、パソコンを預かりました。
パソコンは、DELL の INSPIRON 5150、ノートパソコンでありながら"ハイパー・スレッディング・テクノロジ”対応モバイルPentium 4(3.06GHz) を搭載です。
タスクマネージャーを開いた際に、「CPU の使用率の履歴」の窓が2個有り疑問に思いました。ちなみに、KNOPPIX を起動させた際に、ペンギンが2個表示されました。???、と言う事は、Dual CPU なの?、まさか〜、ノートパソコンですよ。スペースも無いと思います。

気になって検索した所、"ハイパー・スレッディング・テクノロジ” とは、どうも疑似的にデュアルコアとして扱われるそうです。何だか凄い・・・。

参考リンク
Wikipedia:同時マルチスレッディング

ちなみに他のスペックは
ACII24
デルコンピュータ、ハイエンドノート『Inspiron 5150』にHTテクノロジ対応モバイルPentium 4搭載モデルを追加

ビデオも、GeForce FX Go5200(32MB/64MB DDR)を搭載、ノートパソコンとしては凄いと思います。

パソコンを預かる際に、症状を確認した所少し使うと動作が遅くなる、そのうちにフリーズすると言う現象です。その状態で再起動させても、ブルースクリーンでエラーメッセージが表示されるとの事。ちなみに、一晩置いて再度電源を入れ直せば問題無しとの事。

これって、原因は【熱】が悪さをしていないでしょうか。

中古で購入して1年位利用したとの事です。始めの頃は問題無かったのですが最近不具合が発生していると言う事です。

実際稼働させて見て、第一印象として5分も利用するとファンが威勢良く回り始め、排気の温度が弱いドライヤー位の熱さを感じます。話を聞いてみると以前はそんな事は無かったとの事。ちなみに、パソコンに負荷を掛ける為に、N-Bench のデモモードで少し動かしてみました。1時間位動かしても問題は無いですが、終了させる為に「ESC」キーを押しても、終了出来ませんでした。

もう、予想なんですが何らの影響で、筐体内の熱を上手く放出が出来無くなり、熱望暴走を起こしていると思います。デスクトップパソコンなら開けて確認しますが、ノートパソコンですのでこれ以上手を出のを止め、返却してメーカーへ相談する事を勧めました。

少し気になったので調べてみましたが、以下の掲示板のログを見つけました。

INSPIRON5150の放熱について

正直な所、ノートパソコンで INSPIRON 5150 のスペックは厳しいのでは?と思います。確かに本体は大きかったと思いますが、本当に熱を逃がし切れているのか、経年変化で問題が出ないのか疑問が残るマシンだと思います。

また、今回の件に関しては上記の掲示板のログのように、埃位は確認した方が良かったかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月24日

キヤノン新型プリンタ発表

キヤノンがこの時期に異例の新型プリンタの発表です。

正直な所昨年10月に発売になった新機種は複合機がメイン有り、ip8600 が残った事にお驚き、無線/有線 LAN に対応した iP4100R の後継機種が無くなってしまったのはとても残念に思っていました。

まずは、やっと全色待ちに待った顔料インクのプリンタが発売になりました。

プロ・ハイアマチュア向けA3ノビ・半切対応のインクジェットプリンターを発売
○ 10色顔料インクにより耐候性に優れたプリントを実現した“PIXUS Pro9500”
○ 8色染料インクにより鮮やかで光沢感のあるプリントが得られる“PIXUS Pro9000”

全色顔料インクモデルに関しては、目詰まりの問題が解消されたのでしょうか、また今後は下位機種にも普及するでしょうか、興味が尽きません。

また、

インクジェットプリンターPIXUSのラインアップを拡充
ホームオフィスに適したインクジェット複合機“PIXUS MP830”など5機種を発売

との事で、A4 モデルのプリンタも発表になっています。

● キヤノン PIXUS MP830 の商品紹介へ
● キヤノン PIXUS MP450 の商品紹介へ
● キヤノン PIXUS iP5200R の商品紹介へ
● キヤノン PIXUS iP2200 の商品紹介へ
● キヤノン PIXUS iX5000 の商品紹介へ

何だかラインアップ一新って感じです。
PIXUS のページを見てみると、一新と言うより昨年変更になるべき機種の入れ替え、ラインアップの充実でしょうか、個人的には無線/有線 LAN に対応した機種 iP5200R が復活したのが嬉しく思います。
個人的にプリンタは LAN に対応すべきだと思います。無線 LAN に対応出来れば、ケーブルの束縛から解放され、リンビングにも進出出来ると思います。

今後のプリンタの有るべきスタイルは、パソコンから解放され、テレビを始め各種オーディオ機器との融合だと思います。

また、気が付きませんでしたが、エプソンも新型プリンタを発表になっています。

エプソンカラリオプリンタラインナップ

【NEW】マークが付いていますが、殆どが昨年10月に発売された、機種であり、顔料インクモデルの PX-G5100(A3モデル)、PX-G930(A4モデル)、がモデルチェンジした新型機種です。新型機種の売りは「オートフォトファイン!EX」の搭載でしょうか。

最後にレビューは、ITmedia +D PCUPdate を参考にしてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月23日

NetHawk N-111

NetHawk N-111 はもう時代に取り残されてしまったのでしょうか、今回 IBM マシンをセットアップしプリンタの設定を行うのに少し手間が掛かりました。もしかしたら、Windows XP でも同じ事をしたのかも知れませんが、記録を残しておきます。

環境
Canon LBP-1610 + NetHawk N-111

プリンタをネットワークで利用したかったので、新潟キヤノテック(現キヤノンイメージングシステムテクノロジーズ)製品のNetHawk N-111を利用しています。NetHawk N-111は Macintosh 対応しており重宝していますが、先日の Mac OS X10.4 での対応の遅さ、また Windows 2000/XP での環境で自動認識で問題が発生しました。

今回、IBM の Windows 2000 マシンをセットアップし、Canon より最新版のドライバー(LIPS4 Windows 2000/XP/Server2003 JドライバV5.05)をダウンロードしてインストールを試みましたが、ネットワーク上に有る LBP-1610 正確には、NetHawk N-111 を認識出来ずインストールが出来ませんでした。

対策
インストーラ版からのインストールは諦めて、「LIPS4 プリンタドライバ V5.05 inf版」をダウンロードしてプリンタフォルダ内に有る、【プリンタの追加】より、インストールしました。以下手順

  • ローカルプリンタの選択
  • 「プラグ アンド プレイ プリンタを自動的に・・・」のチェックは外す
  • 次へ(N)>
  • 新しいポートの作成(C)を選択
  • Standard TCP/IP Port を選択
  • 次へ(N)>
  • 次へ(N)>
  • プリンタ名または IPアドレス(A)欄に、プリンタのIPアドレスを入力
  • 次へ(N)>
  • 標準を選択
  • 次へ(N)>
  • 完了
  • ディスクを仕様(H) を選択
  • 後は、ダウンロードしたプリンタドライバのフォルダを選択すれば完了

要は手動で Standard TCP/IP のポートを作成して指定すれば利用出来ます。

以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日

CPU 選び

昨日のエントリーにも追記しましたが、利用出来る CPU が見えてきましたので、結論を出したいと思います。
選択する CPU は Pentium III で Slot1 とします。

AOpen AX6B は、BIOS を最新版の R2.33(最新版は R2.35) 以上にあげればクロック 600MHz は実績があります。マザーボードの、レビジョンが合えば、CPU のタイプが S370 なら、800MHz まで実績が有るようですが、ボードのレビジョンを確認するにはケースからマザーボードを取り出さないと確認出来ません。AX6B は無難に  Slot1 / Pentium III / 600MHz / に決定。

ASUS の P2B-F は マザーボードのレビジョンで次第で、800MHz まで利用出来るみたいですが、マザボードのレビジョンを確認するのはやはり大変ですので、気にしない事にします。BIOS はもう最新版にしていますので、その範疇で実績を確認すると、600MHz になります。P2B-F も  Slot1 / Pentium III / 600MHz / に決定。

AX6B も P2B-F もコア電圧に関して触れていないのが少し気になります。マザーボードのレビジョンでコア電圧の範疇が変わるのかな?と思います。
Pentium III / 600MHz / なら、コア電圧 2.0V も有るみたいですので、購入するなら 2.0V の物を探そと思います。

正直な所、Pentium III / 800MHz / 位したいと思いましたが残念でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月21日

マザーボードの確認

AOpen の AX6B と、ASUS の P2B-F のマザーボードが有りますが、利用出来る CPU を確認する為に、マザーボードの仕様を再度確認してみました。CPU のクロックは、ベースクロックと倍率決まります。他にコア電圧も関係があるみたいです。

AX6B
ベースクロック:66,75,83,100,103,112,133MHz
倍率: 0.5 刻みで 8 倍まで
参考リンク google のキャッシュですが。
コア電圧:???

CPU 対応表
AX6B と AX6BC の違いは?

AX6B に関しては、Motherboard Test Report で確認する事が出来ます。
BIOS のバージョンアップが必要です。ちなみに BIOS のバージョンは 1.0 ですので最新版にバージョンアップする必要が有ります。AOpen のページで解説されています。

AOpen マザーボードBIOSの更新手順

P2B-F
ベースクロック:66.8,75,83,100.2,103,105,110,112,115,120,124,124,133,133,140,150
倍率: 0.5 刻みで 8 倍まで
参考リンク google のキャッシュですが
コア電圧:2.0V(PCB のレビジョンで違う??)

P2B-F 対応 CPU

早くメーカのページを確認すべきでした(^^)。

Yahoo!オークションをすこし探してみましたが、コア電圧で決まるかも?

参考リンク
P2B-F (ASUS Tek のマザーボード)あれこれ
ASUS P2B-Fで Celeron 667MHzを使う。
CPUに関するFAQ( Slot 1 Coppermine編)
CPUに関するFAQ( Slot 1 編)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月20日

がんばれニッポン

本日は定休日、夜は自宅でテレビ三昧でトリノ五輪です。

この所、毎日気になるのがカーリングです。まだ解説がなければ良く判りませんが見れて面白い!!
予選突破は微妙ですが、頑張って欲しいと思います。日本時間深夜にスイスとの対戦です。この勢いで勝ち抜いて欲しい。

その前に、アルペン男子大回転があります。楽しみです。
あ!始まったから、今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日

BT878A-TVPCI

BT878A-TVPCI をインストールしました。玄人志向の製品で当時5,000円弱で購入したとても安価な TV チューナーです。

今までは、i486 のマシンで利用していましたが、昨日復活した IBM のマシンへ移し替えです。
で、ハマりました(^^::、結局1日がかりの作業になってしまいました。躓きの始まりは素の Windows 2000 の状態で、BT878A-TVPCI を組み付けてドライバーをインストールし、付属の WinDVR を起動させると、フリーズの嵐になってしまい。後からドライバや Windows のアップデートを行い何とか音声まで出るようになりましたが、画像が表示出来ず。

ここまでで、半日費やし結局は Widows 2000 の再インストール、SP3,SP4 を当てて OS は出来る限り最新にして、再度、BT878A-TVPCI を組み付け、CD-ROM よりドライバーをインストール、WinDVR もインストールして、無事にテレビが見れようになりました。
次に、玄人志向のサイトよりドライバーのアップデータをダウンロードしてインスール。快適にテレビが見れるようになりました。ビデオカードの違いと、CPU パワーの違いで格段にスームズで綺麗に見れるようになりました。

このマシンなら、キャプチャも出来そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月18日

CPU の選択

実は、落下した IBM マシンはパーツ取りをしようと思って引っぱり出しました。
パーツを取る前に再度触っていたら使えるようになりました。

実は、自作マシンでマザーボードが、Aopne の AX6B と、ASUS の P2B-F が稼働しています。CPU は両方ともセレロンの 300MHz です。出来る事で有ればこの CPU を交換したいと思っていますが、実はどの CPU が利用出来るのか良く判りません。思うに、「PentiumIII」の 600MHz 位までなら利用出来るのかな?と思いますが、コアの種類とかあるので良く判りません。調べてみて当時のマザーボードのスペック紹介見てみると 「PentiumIII」の 550MHzなら大丈夫だと思うのですが、その後のクロックの物も使えればと思っています。

判る方がいらっしゃれば上記のマザーボードで利用出来る CPU のアドバイスを頂ければ幸いです。出来れば slot1 が手間いらずで良いのですが、入手は Yhaoo! オークションで落札したいと思います。
今の環境で、「PentiumIII」になればだいぶ快適になると思います。ちなみにオーバークロックで利用するつもりは有りません。定格利用出来る CPU 情報を希望します。

ちなみに落下した IBM マシンは、「PentiumIII」の 800MHz ですので、利用するには微妙かと思っています(^^;;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハードディスクから起動出来ない

パソコンを引き取る事は殆どしないようにしているのですが、1台だけ引き取ったパソコンが有ります。

IBM の xSeries 200 です。

実は、引退理由が移動させる際の落下事故が原因で、利用中にリブートする現象が時々発生するようになりました。正直な所ケースも歪んでおり、利用中にリブートするようなパソコンでは業務に利用出来ません。何故かこのマシンだけ心引かれて引き取りました。

引取後動作チェックを兼ねて、ハードディスクをフォーマットし、Windows 2000 を再インストールした所、問題無くインストール出来ましたが、ここで問題が発生しました。
なんと内蔵ハードディスクより起動させる事が出来ません!!!以下のエラーが表示されます。

PXE-E61 Media test failure,check cable
PXE-MOF Exiting Intel PXE ROM

DISK BOOT FALLURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER

はて?エンターを押しても同じエラーの繰り返しです。

ちなみに、Windows 2000 の CD-ROM を入れた状態で起動させると、ハードディスク内の Windows 2000 で起動してきます。はて?

このような状態だったので、そのまま放置されていましたが、再度色々調べて弄ってみました。
BIOS を確認した所、boot の優先は、CD-ROM 内蔵ハードディスクの順になっています。ちなみに、Kmoppix の CD から問題無く起動し、内容ハードディスク確認出来ます。

次に怪しんだのは、MBR です。Windows 2000 の  CD から起動させ回復コンソールで。

C:>FIXMBR

と、MBR を復旧しても回復しません。
ちなみに、上記のエラーが出ている状態で、Windows 2000 の CD を入れるとインストラーが起動します。

このマシンを利用するには、常に CD-ROM ドライブに、Windows 2000 の CD を入れておけば良いのですが、それでは何か違うような気がします。最後の手段として駄目もとで、BIOS の初期状態を読込んでみました。

そしたら何と!!!、ハードディスクから無事に起動出来るようになりました。
サイトを調べてみると自作で問題になった場合、CMOS のクリアが基本のような事が書かれていますが、CMOS をクリアする事で BIOS の初期状態に戻す事になるのでしょうか。CMOS クリアをしてみるもの良かったと思います。

いや〜、BIOS の初期化で利用出来るようになるなんて嬉しい限りです。このマシンは残りの寿命をまっとうさせようと思います。

ただ落下の衝撃でマシンで BIOS の設定が変わるなんて事は無いと思うのだが・・・、使って問題はないでしょうか?当面テスト運用してみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月17日

広帯域での接続

お恥ずかしいエントリーを書いてしましたので、訂正のエントリーです。

2月7日のエントリー「メールが利用出来ない!!」にて、


調査して始めて疑問を持ったのが、ipconfig /all で確認した所、ローカル エリア接続にて、IP Address、Subnet Mask、Default Gateway、DNS Servers 等が取得出来ていません。

と、書きましたが仕様みたいです。IPアドレスは、PPP アダプタで取得しているので通信が出来るようになります。

実は、本日新規にフレッツ ADSL を設定したので確認しました。
でも、ローカル接続に「ビックリマーク」が付いてるのは気持ちが悪い物です。ですので NTT 東日本のトラブルシューティングにも掲載されているのでしょうか。

業者として恥ずかしいエントリーを書いてしまいました。今後は注意したいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月16日

Page Rank On

パソコントラブル出張修理・サポート日記 様のサイトにて【Page Rank On】を発見、早速付けてみました。

Page Rank とは Google で採用している採点方式です。Page Rank が高い程、検索の結果上位に表示されます。評価は10点満点で、個人サイトでは Page Rank"5" を貰う事は難しと思います。また、Page Rank の高い所からリンクをして頂ければ、Page Rank"3" 位は直ぐに取得出来ます。
通常、Page Rank は、Google バーを導入しなければ見る事が出来ませんが、Page Rank On を利用させて頂ければ、自サイトに Page Rank を表示出来るサービスです。

Page Rank On

使い方は簡単で、Page Rank を調べたいサイトのアドレスを入れれば調べる事で来ます。
また、希望するバナーをクリックするとスクリプトが表示されますので、ページ内で希望する所にスクリプトを挿入すれば表示されます。ココログなら「マイリスト」を利用します。

グーグル

実は上記に表示されるはずなんですが・・・・、ソースを見ると"there is no exif data."だそうです。
ちなみに、ページ下に有るスクリプトは結果が表示されます。


グーグル ページランク

でも、manabiblog は Page Rank"3" を頂いておりますが何故が"1"です。
まだ"there is no exif data."だからでしょうか???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月15日

固定電話会社の選択

固定電話は何処を利用しているでしょうか。

その前に、電話会社って良く判らないと思います。昔は電電公社しか無かったので、電話会社の選択はあり得ませんでした。電電公社が分割民営化、競争の自由化で今は電話会社が数社有ります。最近は IP 電話も出て来て混沌としています。

基本は NTT(東西)と、NTT コミニュケーションズ、KDDI、日本テレコム、だと思います。東京では東京電話という会社が有りましたが、東京電話は東京電力系の会社で、KDDI と東京電力は提携しましたので、東京電話は KDDI グループに吸収され、IP 電話のフュージョン・コミュニケーションズは、元々パワードコム(東京電力系)に統合していましたので、同じく KDDI グループに。

電話会社の事を専門的には「電気通信事業者」と呼ばれてり、詳細は ウィキベディア:電気通信事業者 を参考にしてください。

実は、今回 NTT コミニュケーションズのプラチナラインに契約しました。契約した経緯は代理店の方が営業が来て説明を受けての契約でした。個人的には事務所に営業に来て何かしらの契約に契約する事は好きでは無いですが、色々電話業界の事も教えて頂いたのと、登録変更手数料840円(税込)を返却してくれると言う事で契約しました。

され、プラチナラインってなんでしょうか?
実は、プラチナラインって「マイラインプラス」の事でした。じゃ「マイラインプラス」って何でしょうか?
要は「市内・県内通話」「市街・県外通話」「国際電話」「携帯電話」への回線を全て、一社で行いますという契約です。契約する事で少しだけ通話代がお安くなります。正直な所殆ど市内通話しか利用しない所ではメリットは無いと思っています。市街・県外が多い人や、携帯電話に電話をする事が多い人には少し魅力が有るかも知れません。今まで賢く通話先毎に、電話会社を選択していた方は返って通話代が高くなる可能性もあります。

正直な所、私の所で契約してもメリットもデメリットも余り有りません。また電電公社時代から、NTT に対して良いイメージが有ったかと言うと、余り良いイメージはありません(^^)。じゃ、他社が良いかというと、やはり有りません。個人的に日本テレコムは、余りにも営業の電話が五月蝿いのと、営業トークが「勘違いさせる」ような表現が多く、良いイメージが有りません。
KDDI は最近静かですが、色々な通信会社と統合合併し問題が発生していた時期が有り、やはり良い印象を持っていませんでした。そうなると消去法で、NTT グループが安全という選択に落ち着いてしまうわけです。とても消極的な選択なんですが、電話に関しては「116」に相談すれば、取合えず何とかなると言う安心感が有ります。

ブログを見ていると、積極的に KDDI のメタルプラスと契約し、NTT グループと縁を切ったと言うのを読むと、その気持ちも判らない事も無いですが、KDDI グループを利用するメリットも良く判りません。携帯電話も、AU を利用していればメリットは有ると思いますが・・・。

各社の、「マイラインプラス」を紹介しておきます。
NTT コミニュケーションズ:プラチナライン
KDDI:メタルプラス
日本テレコム:おとくライン

積極的に電話会社を選択するなら、価格.com で選択してみるのも良いと思います。
価格.com:固定電話料金比較

でも、実際は携帯電話が有るし、今後は IP 電話サービスも増えてくるだろうし、Skype 等のサービスも充実して来ますので、電話サービスに関しては今後も混沌とする思います。

電話会社各社は今のうちから顧客の囲い込みをしたいと思っているのだと思います。私達ユーザは余り美味しそうな話には飛びつかないように注意した方が良いと思います。

電話会社のサービスはもう少しすっきりならない物でしょうか。

電話会社のサービスは正直な所、良く判っていません。間違った事を書いてしまっていたらご指摘を頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日

UNMOUHTABLE_BIOT_VOLUME

お客様から、ヘルプのメールが届きました。Windows XP のパソコンが起動出来ないとの事、予備のノートパソコンより、エラーメッセージの内容を書き写したメールを受け取りました。

エラーの内容は、以下の通りです。ブルーバックで表示されていました。

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your
UNMOUHTABLE_BIOT_VOLUME

-- 以下略 --

・・・STOP・・・

0x000000ED
(0X80EDDE30,0XC0000006,0X00000000,0X00000000)

と出ているとの事、検索した所、以下の内容に該当しそうです。

キャッシュが有効な IDE ドライブ上のボリュームをマウントするときにエラー メッセージ "Stop 0x000000ED" が表示される
Windows XPを起動するとエラーメッセージ「Stop 0x000000ED」を表示します

対策は上記のページの指示では、回復コンソールで chkdsk /r を実行との事です。

と、ここでお客様の環境を思い出すと、起動出来ないパソコンはソニーのバイオで、お客様の所に有るのはリカバリディスクだけ、回復コンソールを起動させることが出来ない。また FD ドライブも無い・・・。

そこで思いだしたのが、パソコントラブル出張修理・サポート日記様の記事にて、勝手にログオフします。のエントリー内で、1CDブート回復コンソール作製法が紹介されているのを思いだし、ページの紹介通りCDブートで出来る起動ディスクを製作してみました。ページの指示通りに行えば問題無く作成出来ました。

CD-R に焼いてみて動作確認をしてみました。
無事に、CD-ROM から起動し、回復コンソールを起動させる事が出来ました。次に、上記マイクロソフトのページで案内されているように、chkdsk のコマンドを実行してみました。

C:¥WINDOWS>chkdsk /r
スタートアップ ディレクトリ または CDROM ドライブで ATUOCHK.EXE が見つかりませんでした。

AUTOCHK.EXE の場所のドライブ文字を含む完全なパスを入力してください:

と出てきます。
chkdsk は、autochk.exe を要求します。CD-ROM 内には autochk.exe が無い為、要求されたのだと思います。autochk.exe は c:¥windows¥system32 の中に有ります。完全なパスを要求していますので、

C:¥WINDOWS¥SYSTEM32¥AUTOCHK.EXE

と入力する事で、chkdsk が起動してハードディスクのチェックに入りました。

以上、動作確認の上お客様の所にお伺いし持参した CD-ROM から起動し回復コンソールから、chkdsk /r を実行した事で、ハードディスクから、Windows が起動出来るようになりました。

お客様のバイオは、Windows XP HOME でしたが、今回は、chkdsk だけでしたので、Widows XP Pro ノーマル起動ディスクセットで問題無く利用出来ました。

また、今回のトラブルは Windows Update さえちゃんと行っておけば回避出来た事故ですので、その旨を伝えて作業完了しました。

CD-ROM の起動ディスクは便利だと思います。取合えず1枚有ればチェック用に利用出来るのでは?と思います。
また時間の有る時に各バージョン作成しておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日

中継用アクセスポイント

以前のエントリーで「セキュアな無線LAN環境」を書きましたが、電波が弱いという事で、中継用のアクセスポイントを追加しました。

現在利用している無線ルータはバッファローの「WHR-HP-G54」を利用しています。中継用にバッファローの「WLA2-G54C」を追加しました。設定を行う際のポイントを記録しておきます。

バッファローの無線機器で電波を中継する場合、「WDS」と言う機能を利用します。
また、「WHR-HP-G54」内では、リピータ機能と表現されていました。事前にメーカに問い合わせた際は、【WDS】と言っていました。

設定のポイント


  • 中継で利用する機器には、お互いの MAC アドレスを登録する。

  • 通信チャンルは固定化し、通信する機器で同じにする。

  • フレームバースト機能は利用しない。

  • 通信の暗号化は【WEPキー】(ネットワークキー)を手動で設定する。他は利用出来ない

  • 中継で利用する機器の【WEPキー】(ネットワークキー)は合わせる。

  • 設定する際は、中継する機器を近づけて設定を行う。

  • 設定をしている際、思ったより時間を要しますので根気よく待つ。

  • AOSS は利用しない。利用出来ない。

他に、「WLA2-G54C」の基本設定として事前に固定 IP アドレスを設定する。親機になる「WHR-HP-G54」に有線で接続し、付属の CD-ROM から、固定 IP アドレスを設定する。

ハマった点は、通信機器の MAC アドレスの登録をする際に、機器に張って有ったラベルに記載されている MAC アドレスを登録してしまい通信が出来ず悩みました。機器に張って有る MAC アドレスは有線の MAC アドレスでした。無線の MAC アドレスは「WDS/リピータ機能」の設定項目内に記載されています。

設定に関しては、マニュアルを見ながら少し苦労しました。マニュアルは付属の CD-ROM に HTML ファイル管理されています。やっぱり紙のマニュアルが欲しいと実感しました。一度経験してしまえば2回目からマニュアルを見なくても設定出来ると思います。判ってしまえば決して難しくはないと思います。

今後の参考になればと思います。

実は、新規にアクセスポイントを設置してから気が付いたのですが、どうも奥の部屋で利用していたパソコンのみが、電波の受信感度が悪いのが判明しました。同時に購入した同じ方のパソコンでは、電波強度が余り弱くなっていません。明らかに電波強度には個体差が有ります。まだ購入したてのパソコンですので、メーカへご相談です。

今回は、同時に同じ型のパソコンを購入していた為、個体のバラツキに気が付きましたが、1台の場合は判らなかったと思います。結構バラツキが有る物なんだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日

トリノ冬季オリンピック開催

トリノと冬季オリンピックが開催しました。

個人的にはウィンタースポーツの方が好きで、冬季オリンピックは楽しみです。
ただ時差の関係で日本時間では深夜の放送が多く余り見る事が出来ません。また日本人選手が出場しない競技は放映も無いみたいで残念です。

興味が有るのは、スキー全般、スノーボード全般、後は何と言ってもフィギュアスケートでしょうか、フィギュアスケートはオリンピック期間のにわかファンです。

当面寝不足が続きそうです。以下の関連リンクを掲載

関連リンク
JOC TORINO 2006
YOMIURI ONLINE 日程と競技結果
NHK トリノオリンピックオンライン
TBS「トリノ五輪2006」
共同通信 トリノ五輪
asahi.com:朝日新聞トリノ五輪ニュース
スポニチ Sponichi Annex トリノ五輪
Excite エキサイトニュース:トリノ五輪特集
トリノ五輪 スポーツ総合サイト:Sports@nifty

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日

トラックバック受付中止

2月11日、余りにも多くのトラックバックが有るため、現在トラックバックの受付を中止しています。

一定時間の間隔で、IPアドレスを変更しアダルトサイトへの誘導するトラックバックが行われています。削除するのも大変なため、当面トラックバック受付を中止します。ちなみに一つのエントリーに延々とトラックバックが送られて来ています。

最近ココログの対策が有効になり安心していましたが、送る方も色々な手段を講じてくると思います。

追記
どうも、全ての記事でトラックバックを禁止に出来ないみたいですので、トラックバック受付禁止は断念しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月10日

懲りないソフト

ご契約しているお客様にて、「ヤマト運輸」の【送り状発行ソフトB2】と言う、法人サービスのソフトを利用している所が有ります。

この【B2】では、パソコンで住所管理、発送伝票の印刷、月末の請求まで一括して行える優れものソフトなんですが、少々問題が有ります。
実は、この【B2】は定期的にアップデートしますが、その都度 Norton Internet Security 2005 のファイヤーウォールに引っかかり利用が出来なくなります。
アップデート後にノートンはメッセージを出し、そのメッセージを許可しても駄目とのお客様談(これはちょっと疑問)です。

困るのは、アップデートは【B2】を起動した際に、強制で行われて(お客様談)キャンセルが出来ない。手書きて送ってしまうと、請求書が別になってしまう等の弊害が有り、お客様は極力【B2】を使いたい要望が有ります。
個人的にもとても便利そうだとは思います。

初めてこの問題で呼ばれた時は、たかが送り状を印刷するのに、ヤマトのサーバに通信するのか判らず結構悩みました。今回はまたか〜って感じですが、その前に Norton Internet Security 2005 は学習能力が無いのでしょうか?また、ヤマトもヤマトで何か対策をしないでしょうか、ヤマトのサイトを確認したら。

送り状発行ソフトB2.よくある質問-設定

に「ファイアーウォール・プロキシ等による通信の遮断」の項目が有り、利用者が通信出来るように設定しろと案内されています。正直な所半角カタカナを多様する時点で、サポートはあてにならないと思います。アンカーも飛ばないし・・・。

これも、業者のスキルですかね〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 9日

無線 LAN が接続出来ない!!

先日設定のお宅に再度お伺いしました。お伺いした理由は無線 LAN に接続出来なくなった!!との事です。
通常で有れば、電話でトラブルシューティングして完了なんですが、経費が掛かっても良いので来て欲しいという事で再度お伺いしました。
パソコンはソニーのバイオです。Windows XP の標準の無線 LAN で接続しています。

ご本人様曰く、繋がらなくなったので色々触った。うん〜、色々とは・・・。
という事で、1から確認して行き、何故か「ワイヤレス ネットワーク接続プロパティ」、ワイヤレスネットワークタブ内に有る。

□Windows を使ってワイヤレス ネットワークの設定を構成する(W)

のチェックが無くなっていました。
また、WEPキー(ネットワークキー)も無くなっていましたので再度設定させて頂き、「ワイヤレス ネットワーク接続」を開いて無事に通信が出来るようになりました。

なぜ、お客様ご自身が色々触ってしまったのか、何が起きたのか判りませんが、お客様に再度無線 LAN のオン/オフスイッチの存在から、無線が繋がっていない時は「ワイヤレス ネットワーク接続」を開いて、設定した無線ルータを選択して【接続】ボタンを押してくださいと、設定よりは再度のレクチャーを行ってきました。

お客様の環境は他にも野良電波が有り、何かの拍子に野良電波を掴んでしまったのかも知れません。是非ともご自宅の電波を確認して、ご利用して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日

セキュアな無線LAN環境

お客様の所でオフィスの引越しがあり、それに伴い新しいオフィスで無線 LAN を構築しました。

要望では来客の人も無線 LAN を利用出来るようにと言う事でした。
通常で有れば無線ルータ1個の利用になりますが、今回は無線ルータを2個導入し、IP アドレスを分ける事でセグメントを分ける事をご提案させて頂きました。

結果、無線ルータを2個利用して、

ONU -- 1台目の無線ルータ --有線接続-- 2台目の無線ルータ

1台目のルータと、2台目のルータで IP アドレスを変えて、1台目は WEP キーの設定、利用するパソコンの MAC アドレスを登録し、2台目は1台目と IP アドレスを変え、WEP キーも1台目と変え、来客の方には2台目の WEP キーをご連絡するという環境を構築しました。

今後1台目に、ネットワークプリンタ、ファイルサーバが接続されます。
2台目のルータは IP アドレスを変えている為、単にインターネットに接続出来るだけの環境になります。

無線環境は、目に見えない電波を利用しますので、セキュリティに関しては配慮して配慮しすぎる事はないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月 7日

メールが利用出来ない!!

以前お伺いしたお客様から、お問合せの電話がありお伺いしてきました。

お問合せの内容は、メールが利用出来ない!!、早速お伺いして確認した所、メールの送受信がまったく出来ず、エラーが表示されます。

〜エラーメッセージ〜
サーバーへの接続は失敗しました。

アカウント:'○○○○',サーバー:'○○○○',プロトコル:POP3'
ポート:110,セキュリティ(SSL):なし,
ソケットエラー:11006
エラー番号:0x800CCC0E(FAILED_TO_CONNECT:サーバー接続不可)
〜エラーメッセージ〜

環境は Wondows XP home で、メーラーは Outlook Express 
メールが利用出来なくなった原因は、Norton Internet Security 2005 が更新時期になった為に、アップデート後から、メールが利用出来なくなったとの事、但しサイトの閲覧は問題無く行えます。

調査して始めて疑問を持ったのが、ipconfig /all で確認した所、ローカル エリア接続にて、IP Address、Subnet Mask、Default Gateway、DNS Servers 等が取得出来ていません。
回線の環境は。 NTT の B フレッツのご利用でパソコンと ONU は直接 LAN ケーブルで接続されており、広帯域で接続しています。
正直な所、パソコンと ONU が直接接続された環境での利用を余り良く知らず、この状態が正常か判断しかねましたが。一般的に考えればやはりおかしいのでは?と思い少し検索した所。以下のページを発見しました。

NTT 東日本 FLET'S.com のトラブルシューティングにて
DHCPクライアントがIPアドレスを取得できませんと表示される。

全文引用しておきます。


DHCPクライアントがIPアドレスを取得できませんと表示される。

このエラーはマイクロソフトのDHCPコンポーネントが出すメッセージです。
特にWindows 95/98でDHCPサーバーが存在しない場合に表示されます。
このエラーを回避するには「今後もこのメッセージを表示しますか?」に【いいえ】で答えてください。
または手動でTCP/IPの設定にプライベートアドレスを設定してください。(例:IPアドレス=192.168.0.5 サブネットマスク=255.255.255.0など)
イーサネットアダプタにゲートウェイのアドレスを付けないよう注意してください。

こう、淡々と書かれていても良く判りません。また環境も Windows XP ですから少し違うとは思いましたが、指示に従い固定でローカル IP アドレスを設定しました。メールは相変わらず利用出来ません。

次に疑うのは一番怪しい、ノートンです。
Norton Internet Security 2005 を起動させると、以下のエラーメッセージが出てライブアップデートが行えませんし、何も設定を変更する事が出来ません。

このページのスクリプトでエラーが発生しました。
res://nisplug.dll/10036/

調べた所、少し違いますが symantec のサポートページにて

エラー: 「このページのスクリプトでエラーが発生しました。... res://nisplug.dll/homenetworking.htm」 や「res://nisplug.dll/programcontrol.htm」が表示される

内容はアンインストールして、再度インストールしろとの事で、お客様にノートンの CD 有りますか?と聞いた所、【無い】多分、ネット上からダウンロードして購入したとの事、気持ちはブルー・・・、落ち込んでも仕方がないのでまずはアンインストールを行いました。再起動後確認した所メールは無事に復活しました。

多分思うに、アップデートの際に何か障害が発生してしまい、ノートンが中途半端の状態になっていたのが原因かと思います。アンインストール前の状態はノートンが起動出来ていないと思っていましたが、バックエンドで起動しているモジュールも有ったのも知れません。

さて、ノートンなんですが、どうした物かと思いましたが、お客様が新規に箱に入った物を購入すれば良いと判断して頂き購入を予定しました。
実は購入前に ISP でサービスが無いか調べた所、利用 ISP が OCN でしたので Norton Internet Security 2005 を月額514円で利用出来るのが判り、OCN との契約をお勧めして購入して頂きました。導入後は問題無くメールも利用出来て何とか元の状態に戻せました。

少々骨が折れた案件でした(^^)。

2月17日追記
IPアドレスの取得は、ローカル接続ではなく、PPP アダプタで取得しているので通信が出来ています。ローカル接続で IP アドレスが取得出来ないのは仕様みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日

パソコンがいっぱい!!

年に一度位のペースで呼んで頂いてるお客様に再度呼んで頂きお伺いしました。

このお客様は数年前から無線LANを利用して頂いております、理由は家が大きく家族でインターネットを利用したいとの事です。大きい家なので有線LAN配線が行えません。電気工事屋さんに相談すれば何となるのかも知れませんが・・・。

設置環境は家のほぼ中央に無線ルータを設置して、玄関脇のお部屋と一番奥に有る子供の部屋で利用しています。今まで利用していた無線ルータが寿命になり、新しい機種に変更したので呼んで頂きました。新しい機種はバッファロー製品で、出力を強化した”WHR-HP-G54”を購入して頂いておりました。

実は、呼んで頂く前にご自身で設定に挑戦されたようですが、上手く出来なかったそうです。思うにパソコンが1台だけなら設定が出来たと思うのでうすが、無線で利用しているパソコンが合計6台有り、Windows 98 から Windows XP まであります。
クライアントの環境はバッファローの無線 LAN カードを利用した物から、パソコン内蔵の無線 LAN まで様々な環境が有り、バッファロー製のユーティリティ、クライアントマネージャーのバージョンが違う物、パソコン内蔵の無線LANは独自のユーティリティから、Windows XP 標準の無線 LAN までと本当に様々。

行ったのは、始めに本体をリセットしてから、有線で接続して ESSID の設定、WEPキーの設定を行い、ケーブルモデムに接続しました。
以前は電波が弱く、ルータを部屋の近くまで移動させてなんて何とか設定していましたが、流石が高出力です。余裕で電波が届いています。

パソコンは1台づつ ESSID の設定と、WEPキーの設定を行って行きました。無線 LAN のユーテリティが違う為に、設定操作はみんなバラバラです。いちようご説明しながら作業はしましたが、お客様は設定の煩雑さに半分さじを投げた状態でした。設定を行う内容は同じなんですけどね・・・、だからお仕事になるのですが・・・。

最後に無線ルータに、各クライアントの MAC アドレスを登録して完了です。

でも、パソコンがいっぱいありました(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 5日

2006年春モデル

久々に富士通、NEC のパソコンのカタログを見ました。

ご家庭ではないですが、パソコンでテレビも見れるなら見たいと言う要望から、富士通、NEC のカタログを入手して眺めてみました。第一印象は、デスクトップは基本的にテレビ付が当たり前、少し高価なモデルになるとダブルチューナーになり、裏番組も録画が出来る。メモリーでも標準で 512MB 搭載、また、基本的に Microsoft Office Personal Edition 2003 付です。

予算的には、一時期に比べると高くなったように思いますが、テレビ機能が標準で有れば仕方が無いと思います。それでも、CPU は CeleronD 346、メモリー 512MB、17インチ液晶、テレビチューナー、DVD 、Microsoft Office Personal Edition 2003 付、他にも有用なソフトが付属して実売価格18万円後半から購入出来ます。個人的には20万円位のモデルが欲しいと思いました。

業務用に手配しているパソコンは基本的にエプソンダイレクトから購入する事が多いです。基本的スペックとして、CeleronD 341 、メモリー 512MB、ハードディスクが40GB、17インチ液晶に、Microsoft Office Professional Edition 2003 を付けて15万円位。うむ〜〜、富士通、NEC のパソコン方がお買い得感が有ります。

ただ業務で利用するには、Microsoft Office Professional Edition 2003 はもう必須だし、テレビなんて有っても見れないし、メンテナンスの面からも余計なソフトは無い方が良いから、やっぱり店頭で販売されているパソコンの選択は難しいと思います。ちなみに、店頭販売されているパソコンでは、Microsoft Office Personal Edition 2003 になり、Microsoft Office Professional Edition 2003 が付いてモデルは殆どないと思います。

NEC も富士通もネット上からのダイレクト通販では、BTO で購入出来ますので、今後は富士通、NEC も検討してみたいと思います。

参考リンク
NEC Direct NECダイレクト
富士通パソコン直販サイト WEB MART(法人・SOHO向け) : 富士通

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日

無線LANを利用するには

地元もケーブルテレビのご紹介のお客様です。

無線LANをご希望との事で、お伺いしてきました。
お客様の所にお伺いして、挨拶をしたらお客様曰く、何だか表示が遅いだよ〜との事、はて?
まだ、機材を設置・設定をしていませんけど・・・、と言う事でまずは、環境を確認させて頂いた所、電波が何種類か受信しています。ちなみにノートパソコンですが、無線LANのスチッチが入っており、電波を受信していました。
どうもお客様は、無線LAN対応のパソコンなら何処でも自由にインターネットに接続出来ると思われているみたいでした。
なぜ今回ケーブルテレビでインターネットの利用を考えられたのは良く分からないのですが、無線機材をセットアップし、改めて無線LANでインターネットを利用出来るようにセットアップしました。
利用方法をご説明させて頂き、当然電波が強いので快適な環境で利用出来るようになり、お客様もスピードに満足して頂きました。

最近無線LANを設定させて頂くと、必ず野良電波が有ります。無線LANも普及しているな〜と感じます。
セキュリティだけは気を付けましょ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 3日

1CD Linux

1CD Linux と言えば、 Knoppix が有名です。

実は最近 Berry Linux を知りました。Berry Linux の特徴は、CD/DVD だけで無く、USBメモリ / USB-HDD / HDD からも起動させる事が出来ます。また、ベースになっているのが、Red Hat Fedora Core との事で、Knoppix とはひと味違います。

Berry Linux と knoppix の違いは、(「Knoppix」と「Berry Linux」の違いは?)を参考にしてください。

早速 CD を作成して起動してみました。デスクトップは KDE です。Knoppix は善くも悪くもアプリケーションが多いと思いますが、Berry Linux は厳選されてり動作も若干軽いように思います。
Linux を経験してみるには良いかも知れません。ただ、自動でハードディスクのマウントは行われないので若干 Linux のコマンドの知識は必要になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日

検索ユーザーの行動分析

japan.internet の記事にて、参考になる記事ありました。

検索ユーザーの行動分析から考える SEM 戦略

・ユーザーは検索結果の気になる部分だけに目を通す
・テキストの内容を熟読せず、流し読みをしている
・ユーザーの視線はページ上部と左側に集中する

上記の結果だと検索結果が表示された際に、タイトルが重要になるのでは思います。
また、50文字程度の要約が重要になると思います。
SEM(Search Engine Marketing)の記事ですが、ホームページを作る上でも参考になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日

ブログ調査

お客様にブログをお勧めする為に、有名人・著名人のブログを少し調べてみました。
何だかんだって言って、ココログは充実していると思います。また、ブログ専用検索の、テクノラティ、 gooブログ Searchは便利だと思います。また Yahoo!Japan にもブログが結構登録されており少し驚きでした。少し趣味も入っていますが、話題のブログだと思います。

ココログ
http://celeb.cocolog-nifty.com/

OCN ブログ人
http://blog.ocn.ne.jp/

エキサイトブログ
http://www.excite.co.jp/blog/

ソネットブログ
http://blog.so-net.ne.jp/

goo ブログ
http://blog.goo.ne.jp/

ヤブログ・ラブログ
http://www.yaplog.jp/channel/lovelog

BlogPeople - ブログ情報ポータル
Yahoo!Japan BLODS
YahooJapan 著名人によるブログ
ブログファン
有名人ブログ&公式サイト限定集
ブログランキング
 
ブログ検索
テクノラティ
gooブログ Search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »