« 無線LANを利用するには | トップページ | パソコンがいっぱい!! »

2006年2月 5日

2006年春モデル

久々に富士通、NEC のパソコンのカタログを見ました。

ご家庭ではないですが、パソコンでテレビも見れるなら見たいと言う要望から、富士通、NEC のカタログを入手して眺めてみました。第一印象は、デスクトップは基本的にテレビ付が当たり前、少し高価なモデルになるとダブルチューナーになり、裏番組も録画が出来る。メモリーでも標準で 512MB 搭載、また、基本的に Microsoft Office Personal Edition 2003 付です。

予算的には、一時期に比べると高くなったように思いますが、テレビ機能が標準で有れば仕方が無いと思います。それでも、CPU は CeleronD 346、メモリー 512MB、17インチ液晶、テレビチューナー、DVD 、Microsoft Office Personal Edition 2003 付、他にも有用なソフトが付属して実売価格18万円後半から購入出来ます。個人的には20万円位のモデルが欲しいと思いました。

業務用に手配しているパソコンは基本的にエプソンダイレクトから購入する事が多いです。基本的スペックとして、CeleronD 341 、メモリー 512MB、ハードディスクが40GB、17インチ液晶に、Microsoft Office Professional Edition 2003 を付けて15万円位。うむ〜〜、富士通、NEC のパソコン方がお買い得感が有ります。

ただ業務で利用するには、Microsoft Office Professional Edition 2003 はもう必須だし、テレビなんて有っても見れないし、メンテナンスの面からも余計なソフトは無い方が良いから、やっぱり店頭で販売されているパソコンの選択は難しいと思います。ちなみに、店頭販売されているパソコンでは、Microsoft Office Personal Edition 2003 になり、Microsoft Office Professional Edition 2003 が付いてモデルは殆どないと思います。

NEC も富士通もネット上からのダイレクト通販では、BTO で購入出来ますので、今後は富士通、NEC も検討してみたいと思います。

参考リンク
NEC Direct NECダイレクト
富士通パソコン直販サイト WEB MART(法人・SOHO向け) : 富士通

|

« 無線LANを利用するには | トップページ | パソコンがいっぱい!! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

PowerPointやAccessは、家庭用途では全く使いませんからねぇ…。
StandardEditionやProfessionalEditionプリインストール機が店頭に並ばないのも道理です。
法人は出入りの業者から購入するのが普通でしょうし、中小・零細企業も、必要なら直販サイトを利用する方が自然でしょうから。

それにしても、最近のパソコンは安くなりましたねぇ。
特にこれといった機能のないシンプルなもので、Officeの入ってないものだと、8万円台でノートパソコンが買えたりします。
それもソニーやシャープなどの名の通ったメーカーで。
お金をかけて修理やアップグレードをするのがバカらしくなるのもわかります。
頼むから修理させて!みたいな(笑)。

投稿: ささもと | 2006年2月15日 12時03分

maru です。

ささもと様
そうですね、パソコンも修理するより、新規に購入した方が安価な時代になってしまったと思います。
正直な話、2000年頃までに発売されたパソコンは、価格も高価でしたが、ハードウェアの作りも丈夫だと思います。
この世代のパソコンをリカバリし、メモリーも増設し、環境を再構築した場合、ご自身で作業が行えれば良いと思いますが、私達業者に依頼される場合、正直な所今時の新しいパソコンにした方が幸せだと思います。

ただ大切なデータや、アプリケーションの環境等の問題有り、簡単に買換え出来ない場合もまだまだ多いと思いますが・・・、正直な所、修理は厳しい時代になってきたのではないでしょうか。

投稿: maru | 2006年2月15日 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/8653414

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年春モデル:

« 無線LANを利用するには | トップページ | パソコンがいっぱい!! »