« アクセスログ解析 | トップページ | iLife'06,iWork'06 »

2006年1月11日

MacBook Pro 発表

米国時間10日に開幕したMacworld Expoの基調講演で、Apple CEOのSteve Jobsが同社初のIntelプロセッサ搭載Macとして、新しい「iMac」と「MacBook Pro」を発表した。

上記の内容は、CNETJapan の記事からの引用です。詳細は CNETJapan の記事を参照してください。

CNETJapan の記事にて
アップル、Intelチップ搭載の「iMac」と「MacBook Pro」を発表

やっと PowerBook が改名してバージョンアップしました。改名したのは Intel の CPU を採用した事で、流石に "Power"が使えなくなったのかと思います。個人的に長年、慣れ親しんだ PowerBook の方が良いと思うのですが、そのうち MacBook Pro にも慣れると思います。

他に、iMac も Intel CPU を搭載したモデルも発売しました。iMac に関しては。PowerPC G5 を搭載したマシンも継続して発売されるそです。

Apple の紹介ページ
MacBook Pro
iMac

以下に少し記事のリンクを掲載しておきます。

ちなみに、Intel CPU を搭載しても、Windows はインストール出来ないと思います。あくまでも Macintosh です。

|

« アクセスログ解析 | トップページ | iLife'06,iWork'06 »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Intelベースって言うから、まさかCPUやロジックボードも共通になるのかと行方を見守ってましたが…CPUはx86ベースなんですね。
この調子で行けば、いずれまたライセンス供給で「Mac互換機」登場となるかもしれませんね。
以前の「Mac互換機」はハードのプラットフォームがMacのみでしたが、Windowsと同じプラットフォームで動くとなってライセンス供給がなされると、一気にMacのシェアが巻き返される可能性もあるわけですね。
本当にそうなると、かなり面白いことになりそうなんですが…ね。

ところでPowerBookの「Power」は、PowerPCの「Power」ではないと思うんですけど…。
最初のPowerBook「PowerBook100」は MC68HC000 搭載でしたから。
まぁ「PowerPCを載せていない」という明確なネーミングにする必要があったんでしょうね。
私も個人的にはPowerBookで通してもらいたかったとは思うんですが。

それにしても4倍速いって…デュアルコアじゃないとはいえ、PowerPCの立場がないぞ(笑)。

投稿: ささもと | 2006年1月11日 23時55分

maru です。

ささまと 様
互換機はどうでしようかね、ジョブスは余り好きでは無いと思います。
但し、Intel Mac で Mac OS X 以外の OS が利用出来ないような仕組みは無いと言っています。そのうちに Apple のハードウェアで Windows/Linux も動くようになると思います。
そうなれば、保証は無くとも Windows 用のハード Mac OS X が動くのも時間の問題だと思います。

それから、PowerBook の件、アドバイスありがとうございます。
言われてみればそうですね、ですから PowerPC G3 を搭載した時から、ネーミングに、G3,G4 と付いたわけですからね。記事を修正しておきます。

スピードに関しては、PowerBook G4 の基本設計がもう古い為、CPU だけで無く全体でと言う事で、少しでも PowerPC の面目が保てればと思います(^^)。

投稿: maru | 2006年1月12日 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/8107831

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Pro 発表:

« アクセスログ解析 | トップページ | iLife'06,iWork'06 »