« MacBook Pro 発表 | トップページ | Intel Mac の波紋 »

2006年1月11日

iLife'06,iWork'06

今回の Macworld Expo で Intel Mac が発表になり色々ニュースが流れています。個人的にはハードウェアでは無く今回バージョンアップした、ソフトウェア群 iLife'06.iWork'06 に興味が有ります。

iLife'06
には、写真の整理用に iPhoto、DVD の作成に iDVD、ビデオの編集に iMovie、音楽作成用に GarageBand、そして今回目玉なのが、iWeb、どうも .Mac と連動させる事で、ホームページを簡単に製作、公開が出来るらしい。興味はとても有るのですが、.Mac との連携との事で個人的には少し躊躇します。何でも web2.0 の概念を持ち込んでいるとの事で、とても興味が有ります。

iLife'06 が有れば写真素材の管理に iPhoto を使い、iMovie でビデオを編集し、GarageBand で音楽を作り、iDVD で DVD に仕上げる、もしくは、iWeb でホームページとして公開出来ると言う流れになるのでしょうか。

iWork'06
には、ワープロソフトの、Pages 2 とプレゼンテーションソフトの、Keynote 3 が入っています。個人的には、計算表ソフトを期待したのですが、今回は含まれていません。上記のページを見ると


Keynote 3は、Pages 2と共通の7つの新機能を加えることで、さらにパワーアップしています。たとえば、立体感あふれる3Dグラフ、新しい描画・画像編集ツール、スプレッドシートのような計算機能とレビュアーコメント機能。

との事で、あくまでも表を作成する機能の一部なんだと思います。

個人的には、ワードと互換性が有る Pages に興味が有ります。
まだ、Mac OS X 用の office を購入しておらず、ワードが必要な時は、Windows マシンを利用しています。ちょっとした文章なら テキストエディット で読む事も出来るのですが、Pages が気になります。
また、Pages はワープロソフトと言うより、絵や写真を入れた文章のレイアウトの自由度の高さが売りのようです。


Pages 2があれば、どんな文章もスタイリッシュに仕上がります。

との事です。ワープロよりは、DTP 用途に向いているのかも知れません。

互換が気になるので有れば Mac 用の office を購入した方が良いと思うんですけどね。結構高価ですから躊躇しています。

そうそう、iLife'06.iWork'06、MacBook Pro のページは背景と文字の色が同じような色でとても読み辛いと思います。iMac のページ位コントラストが有ればと思います。
何とかして欲しいと思います。> Apple さん

|

« MacBook Pro 発表 | トップページ | Intel Mac の波紋 »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

このPages2って、昔、Macの定番ソフトだったクラリスワークスやマックドローを髣髴させますね。
確かにDTP向きという感じはしますが、パソコンの性能が飛躍的に上がっている今、操作性を含めて絵の扱いが変わってくるんだろうと思います。
いつまでもCUIの呪縛から逃れられないままということはないと思います。
まぁ、文字ベースの書類を作るのであれば、行の構成などの絡みもあるので、逆にCUIの概念も残さなければならないのが、ワープロソフトのさじ加減の難しいところですね。

投稿: ささもと | 2006年1月11日 23時19分

maru です。

ささもと 様
そうですね、ワープロと言うより、ドローソフトかも知れません。クラリスワークスのドローは重宝しています。個人的には、ドローソフトは大好きです。

ただ、多くの人に取ってドローソフトをワープロのように使うの難しいと思います。また、ワープロソフトには行の概念を理解していないと、画像や写真を掲載する場合レイアウトに限界を感じると思います。

ワードにおいては、「図形描画」を起動させると、殆どドローソフト的に利用出来る側面があるのですが、このドロー機能が使い辛いと思っています、ただ多くの人はドローソフトを知らないため頑張って利用していると思います。

最近で、パワーポイントをドローソフト的に利用する人が増え、時々パワーポイントのデータが送られてくる事も有り、ファイルが開かないとご質問をが有るとパワーポイントだったりします。

Windows のエキスパート方は何でも、ワード・エクセルでこなしてしまいますが、安価なドローソフトが有ればと思います。会社で座席表をエクセルで作成したり、お客様でテニスのトーナメント表をエクセルで作成される方はいますが、凄いと思います。

クラリスワークスには、ワープロ以外に、ドロー機能と、簡易なデータベースが有り Windows 版も有り良かったのですが、今は無くなってしまい残念に思います。

投稿: maru | 2006年1月12日 18時17分

確かにエクセルでいろんなアクロバティックな書類を作ってくれる人がいますよね(笑)。
すでにそれはエクセルで作る書類じゃないやろ!みたいな。
Windowsでドローに相当するのは、仰るとおりおそらくパワーポイントなんでしょうけど、どうもそういう使い方はまだ定着していないように思えます。
パワーポイントがいまだにプリインストールでないことが多いのが要因でしょうね。

クラリスワークス、Windows版もありましたよね。
ウチのMacOS8.6マシンにもAppleWorksを入れてますけど、ファイルメーカーProライクのカード型データベースもあったりで、すごい重宝してたんですよねー。
WindowsにもMicrosoftWorksとかあるんですが、ほとんど見かけませんね。
多分、Windowsな人に「ドローソフト」とか言ってもピンと来ないんじゃないでしょうかねぇ。
イラストレーターなんかは高すぎるのと「プロ用」と思われてるのとで一般的じゃないですしね。
ホント安いドローソフトがあるといいんですけどねぇ。

投稿: ささもと | 2006年1月13日 02時46分

maru です。

ささもと 様
Windows でドローソフトと言えば、「Visio」かなと思います。「Visio」もいつのまにか、マイクロソフトに買収されて、マイクロソフトの製品になってしまっていますが、中々一般の人には馴染みがないと思います。

個人的には、イラストレータの廉価版が有れば嬉しいと思います。
最近では、ワードでポスターなんて話が有れば、花子を進めています。花子もドローソフトですし、サンプルが多いのでポスター等には重宝します。

出来れば無理をしてワードとエクセルで終わらせるのでは無く、色々なソフトを使って欲しいと思うのですが、多くの人は新しい物を覚えるのを嫌いますよね(^^;;。、もったいない事だと思います 。

投稿: maru | 2006年1月13日 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/8112072

この記事へのトラックバック一覧です: iLife'06,iWork'06:

« MacBook Pro 発表 | トップページ | Intel Mac の波紋 »