« KNOPPIX | トップページ | SNS 化のメリット »

2005年11月13日

印刷がかすれる

お客様のご紹介のお客様から電話を頂く。

新しいインクを入れているにも関わらず、印刷がかすれるとの事、拝見しなければ判りませんのでお伺いして確認しました。
プリンタはキヤノンの BJF890 でした。ますはプリンタのプロパティから「テスト印字」を試みるが異常は有りませんでした、ただその際にC.M.Yのカラーインクが無いとのメッセージが表示されます。

実はこのお客様は、殆ど黒しか印刷しないとの事で、黒のインクは新規に交換していましたが、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)のインクを交換されておらず、印刷の際に毎回エラーが出ていたました。

今回印刷がかすれる原因は、黒インクに問題が有ったのでは無く、カラーインクが無くなっていた為にかすれていました。その理由は、黒インクで印刷されるのは、黒一色のテキスト等の場合に、純粋な黒インクが利用されますが、今回印刷がかすれたのはニュースサイトの印刷で、文字は黒だと思うのですが、写真やカラーの広告が入っています。このような印刷は純粋な黒インクが利用されるのでは無く、C,M,Yのインクを混ぜて黒色を作り印刷します。

ですので、カラーインクが減ると黒の印刷がかすれるという症状が発生しました。
どの部分に純粋な黒インクを使われるのか、C,M,Y 合成で黒を作るかは、メーカ、機種ごとに違います。黒しか使わないからと言ってカラーインクは不要とは思わないでください。

インクジェットのプリンタはインクが高価です。ワードでモノクロのテキスト印刷が多ければ、モノクロのレーザープリンタも用意して使い分けるのも良いかも知れません。

|

« KNOPPIX | トップページ | SNS 化のメリット »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/7193580

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷がかすれる:

« KNOPPIX | トップページ | SNS 化のメリット »