« DVD ドライブの選択 | トップページ | 1日のメール数 »

2005年11月28日

バックアップの方法

外置き DVD ドライブを設置したお客様で、データのバックアップをどのようにしたら良いのかご相談をお受けいたしました。

バックアップしたいデータは、約1.4GB 程有るとの事です。今まで DVD-RW に記録して、バックアップデータの更新は、DVD-RW の中身をいったん消去してから、記録をしていたと言う事です。

この方法で、気になるのがデータをいったん消去していることです。バックアップデータを消去すると言う事はケアレスミスでデータを無くす可能性が有ります。またバックアップデータとは保存するデータという認識が有りますので、消去する事は反対しました。消去する時間も無駄だと思います。また記録メディアは DVD-RW で記録している為、社内でメディアの互換性がない。保存の為のバックアップデータなのに、DVD-RW での繰り返し記録では信頼性の低下が心配、等々の問題が有ると思います。

バックアップ方法の提案
まず始めにバックアップを必要とするデータ容量の見直しをしました、バックアップをしている内容を確認した所、毎週バックアップを行わなくても良いデータも有り、確認した結果必要なデータは約 500MB 弱と確認出来ましたので、記録メディアを CD-R に変更し、毎週データを CD-R にバックアップ、月末に 4枚の CD-R を DVD-R にコピーという手順を提案しました。

メリット
1、CD-R ですのでメディアの価格が安価
2、CD-R ですので、ドライブの互換性が高い(社内の殆どのパソコンで確認出来る)
3、データ容量が少ないので記録時間が短くなった。
4、CD-R で1次バックアップ、DVD-R で月間データを2次バックアップ、バックアップの2重化行える。

デメリット
1、記録したメディアが増える。

お客様はどうしても、容量の大きなメディアに気持ちが傾きますが、本当に必要なデータの見極めが必要、また DVD-RW のメディアを利用しており、容量の大きさとメディアの価格で繰り返して使いたいと思っていました。

メディアは価格が安価な CD-R に変更し、毎回の使い切りとしました。その結果メディアの互換性も取れ、バックアップデータの2重化も行えるようになりました。

せっかくの DVD ドライブですので出来れば、DVD-R(+R) にデータが追記で記録が出来れば良いと思うのですが、DVD-R(+R) で追記するには、ライティングソフトに依存する為、長いスパンで見た場合不安です。無難な CD-R に落ち着きました。

|

« DVD ドライブの選択 | トップページ | 1日のメール数 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

DVDメディアはちゃんと読めるか不安ですよね。無難なCDRにするというのは賢明な方法ですね。CDRならほぼどのPCでも読めるでしょうね。メディアを消して入れ直したりしてるとついにはアクセス不可ですと出そうな予感がします。

投稿: prtwqq | 2005年12月 4日 02時34分

maru です。

prtwqq 様、いつもコメントをありがとうございます。
正直な所、バックアップに正解は無いと思います。光メディアの信頼性も判りませんしね。お客様毎にケースバイケースでアドバイスを心がけています。

投稿: maru | 2005年12月 4日 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/7441525

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップの方法:

« DVD ドライブの選択 | トップページ | 1日のメール数 »