« USB2.0 | トップページ | Windows の警告 »

2005年10月13日

WLI3-TX1-G54 その後

バッファローの無線 LAN で利用されている【AOSS】に関して、バッファローのイーサネットコンバータ「WLI3-TX1-G54」を利用する際、【AOSS】を利用するのが前提になるのか質問していました。本日バッファローのサポートより回答を頂きました。

結果、【AOSS】は利用しなくとも利用出来るとのこと。付属の CD-ROM に付いている、イーサネットコンバータマネージャーをインストールすることで、【AOSS】を利用しない設定が可能になるとのことでした。

以下のサイトを教えて頂きました。

Ethernetメディアコンバータを使用してエアステーション本体の設定(初期設定)を行う方法<AOSSボタンを使用しない場合の手順>

以前イーサネットコンバータを利用した際には、イーサネットコンバータマネージャーをインストールした記憶が有ります。今回は取説に案内も無く電波もすぐに受信が出来た為、【AOSS】が前提かと思ってしまいした。これで、「WLI3-TX1-G54」が安心して利用出来るようになりました。

バッファローのサポート方、有り難うございました。

|

« USB2.0 | トップページ | Windows の警告 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ウチでもこれに似たような機器を使って無線LANを利用していますが、基本的にはハブとの組み合わせで複数の機器がつなげるタイプですから、DHCP設定などをかけなければなりませんから、設定は、設定専用のマネージャの類のソフトを使うか、機器自体に入っているWebによる設定ができるようになっていないと、いろんな面で困ることがあります。
ウチでもそうでしたが、親機となる無線ルーターとのアドレスの競合で、無線はつながってもネットが使えない、ということもあります。
この辺は確実に設定できるように、同じメーカーであればAOSSのような仕組みがあるのでしょう。
ただ、メーカーサイトの記述を見てもわかるとおり、互換性をひとつの売りにしているわけですから、AOSSなしでもつなげることだけは間違いないと思います。

多分、説明書もしくは付属CDの電子マニュアルには書いてあると思うんですが…。

でも、最近時々、紙のマニュアルがなくて、電子マニュアルを見ないとわからないものってありますよね。
「困ったときには:パソコンが起動しないとき」なんていう項目が電子マニュアルにあったりして…(笑)

投稿: ささもと | 2005年10月15日 18時39分

maru と申します。

こんにちは。
電子マニュアルだけでは困ります(^^)。
紙のマニュアルなら、パラパラめくって情報を探せますが、どうも電子化された物だけでは判り辛いと思います。

多分今回の件も、ファイル化された電子マニュアルが有るのかと思いますが見つけ出せずに、メーカーにメールで質問しました。
紙のマニュアルでは簡単設定だけで、専用ドライバ不要は大きく書いて有りましたが、「イーサネットコンバータマネージャー」の記述が無く、もしかして AOSS 前提なのかな?と思ってしまいました。。

個人的には、電子マニュアルだけで無く、紙のマニュアルも付けて欲しいと思います・・・。実際マニュアルを読む人は少ないですから、難しいですよね。

投稿: maru | 2005年10月18日 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/6384078

この記事へのトラックバック一覧です: WLI3-TX1-G54 その後:

« USB2.0 | トップページ | Windows の警告 »