« Yahoo!japan | トップページ | 正規表現 »

2005年9月 3日

民営化

郵政民営化が話題になっていますが、先に民営化した電電公社、現 NTT について思うことが有ります。
15年も前からパソコン通信を利用していると、電電公社には余り良い印象は無く、民営化されえて喜びましたが、現状を見て本当に良いことだったのか、最近疑問に思う事が有ります。現在は仕事の関係もあるのですが、お客様にお勧めする際には、NTT グループのサービスを勧めています。

基本的に電電公社は民営化して良かったと思います。
ただその反面競争が生まれユーザに混乱が起きていると思います。混乱の始めはマイラインでしょうか。

現在も事務所には、電話料金が安くなりますと営業の電話が有りますが、安くなるを強調し契約を結ばせる営業が多く、なぜ安くなるかを曖昧にするような営業でとても迷惑しています。ある意味「安くなる」だけ強調し、顧客をバカにしているようにも思います(安ければ良いのか?)。お客様のところにお伺いしてもよく相談されます。最近はインターネットの利用も有りとても混乱しています。

正直な所、適切に判断して契約をすれば電話代は安くなると思いますが、現状の電話でのテレアポ方式では敬遠してまっている人も多いのではないでしょうか。

このような競争は、民営化して良い点だと思いますが、営業方法が余りにも酷いと思います。
もう少し電話業界で、各社サービスの検討は判りやすくなるような情報の公開を望みます。

郵政も民営化したらやはり同じような混乱が発生するのでしょうか?

|

« Yahoo!japan | トップページ | 正規表現 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/5800110

この記事へのトラックバック一覧です: 民営化:

» TBS ネット戦略加速 [ネット社会、その光と闇を追うー]
◆電通・アマゾンと新型通販、NTTとはネット配信      [続きを読む]

受信: 2005年10月25日 22時27分

« Yahoo!japan | トップページ | 正規表現 »