« 秋葉原 | トップページ | ホームネットワーク »

2005年9月12日

Debian Sarge

時間を見つけ、コツコツとサーバの環境を再構築しています。
久しぶりの、インストール、設定で戸惑っていますが、今回は Debian Sarge に対応した、徹底入門が有りますので、とても助かっています。

Debian のインストールは必要な物を必要なだけインストールするスタイルで、慣れていない方は戸惑いも有ると思います。また日本語版では無く、基本的に Debian は国際版と言うスタンスで開発されている為、インストール直後では日本語が利用出来ません。

困った事に、インストール時は日本語が使えていたのに、インストール後再起動させると日本語が表示出来ません。またエラー等のメッセージは日本語表示されますので、コンソール上では文字化けを起こします。

コンソールで日本語の処理に関しては、Debian ML の投稿を参考にしてください。

Sargeにお けるコンソールの日本語処理

と、言う事でインストール直後はそのままでは、日本語が利用出来ません。
インストール直後は日本語が表示できないのが標準です。

ちなみに、この状態で他のマシンからターミナル(文字コードは EUC)で SSH でログインすると、日本語のメッセージが表示されます。正直な所無理してコンソールで日本語も表示させなくてもと思います。

コンソールに日本語を表示させるには
UNIX な生活 日本語コンソールの設定
を参考にするか、徹底入門本に付いてくる、jconsolewrapper を使うのが良いと思います。
上記 ML では jconsolewrapper も紹介されていますが、現在はダウンロード出来ないみたいです。

Debian を初めてインストールする方は是非とも 「Debian GNU/Linux 徹底入門 Sarge 対応」を用意するのをお勧めします。Dbian に関して情報が余りネット上に無く、徹底入門本が有ればまず困る事は無いと思います。

4798102865Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
武藤 健志

翔泳社 2005-08-04
売り上げランキング : 1,315
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 秋葉原 | トップページ | ホームネットワーク »

「Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/5910786

この記事へのトラックバック一覧です: Debian Sarge:

« 秋葉原 | トップページ | ホームネットワーク »