« ポッドキャスティング | トップページ | gyao »

2005年6月 9日

IntelMac

少し前から、Apple がインテルの CPU を採用するのではないかと憶測が流れていました。
Mac ユーザーの多くはそんなことは絶対に無いと思っていましたが、先日の WWDC の基調演説にて jobs 氏より、正式発表があり正直な所大きなショックだったと思います。自分自身そんなことは無いと思っていただけショックでした。

WWDC 発表後各所で話題になっていますが、個人的に Apple が IBM 陣営の PowerPC から離れることに関して、長年慣れ親しんだ PowerPC 陣営と決別することは考えれないことでした。

ただ、発表後少し時間がたった今、多くの記事を読み Apple の将来を考えたら、このまま PowerPC 陣営では、Apple の新製品は中々出せない状態になっていたのだと思います。G5 のクロック 3GHz オーバーや、PowerBook 用の G5 の開発が滞っている現在 Apple の苦渋の選択だったと思います。

ただ、Apple 苦渋の選択と言っても、現在 CPU 以外は殆ど AT マシンのパーツを流用していますし、Mac OS X の前進になる、Next も x86 アーキテクチャで動いていました。故に今まで何度も IntelMac の噂が出ては消えていましたが、現実になったと言うことです。

正直な所、CPU がインテルに移行することに関して、不安が大きかったのですが、現在決定事項で有るなら今後、インテルの CPU を搭載した Macintosh が出てくるのが楽しみです。
実際のところ、パソコンの CPU はインテルが独占状態で、色々なタイプが出ています。今後 Macintosh に特化した CPU が出てくればと思います。

最後に jobs 氏が今まで、PowerPC の方がインテルの CPU より優秀だったことを散々強調しておきながら、乗り換えることに関しては今まではなんだっただろうかと疑問を持ちます。

きっと単純に CPU の優劣なんて決められる事ではなく、Apple としてはその時代の毎に優秀な CPU が選択してマシンを作ってくれればと思います。

|

« ポッドキャスティング | トップページ | gyao »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/4512485

この記事へのトラックバック一覧です: IntelMac:

« ポッドキャスティング | トップページ | gyao »