« ウィルスバスター | トップページ | ウィルスバスター騒動 2 »

2005年4月24日

ウィルスバスター騒動

ウィルスバスター騒動のニュースを見ており、基幹業務に利用するでパソコンでウィルスバスターが利用されているのか伺われます。
思うに基幹業務を行うパソコンにウィルスバスターがインストールされいることに驚きです。

今回ウィルスバスター騒動でパソコンが止まり被害に有った企業では基幹業務を行うパソコンで、メールを利用していたのか、それとも何もハードウェアのファイヤーウォールが無い状態で運用されていたと思われ、ウィルスバスターが入っていれば安心と思っていたのでしょうか。

基幹業務を行うパソコンではメール・web の閲覧には利用しない、直接インターネットには接続しない。業務で利用するアプケーション以外はインストールしないのが望ましい。またマクロソフトを信じ確実にアップデートを行う。等々を守って頂ければウィルスに感染する確立はとても低くなると思います。

今回の騒動の原因はトレンドマイクロ社に有りますが、運用する側にも問題はなかったでしょうか?
何かウィルス対策ソフト等を入れて有れば大丈夫と言うのは間違った認識だと思います。あくまでも利用者が常に意識を持っているとことが大切ではないでしょうか。

24日追記
24日朝の番組で今回被害に有った方は、Windows XP の SP2 を利用しており、他にウィルス対策ソフトを入れている意識の高いユーザーが被害に遭ったと話していました。確かにその通りだと思いますが、基幹業務のパソコンにウィルス対策ソフトを入れることは有る意味パソコンの管理を放棄したような物で、本当に意識の高い人はウィルス対策ソフトなど利用せずに、運用面で工夫をしていると思います。
Windows で有れ、Macintosh で有れ、何かに頼るのでは無く利用者自身、もしくは管理者が意識を持って運用することが大切だと思います。

|

« ウィルスバスター | トップページ | ウィルスバスター騒動 2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/3847939

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルスバスター騒動:

« ウィルスバスター | トップページ | ウィルスバスター騒動 2 »