« 互換性 | トップページ | YahooBB 調査 »

2005年4月30日

ファイル共有

Mac OS X と Windows のファイル共有に付いて書いて見たいと思います。
ちなみに、Tiger(10.4) が発売されていますが、まだ手元に無い為 Panther(10.3)を元に書きます。
今回は、Mac OS X から Windows の共有フォルダへのアクセスについて書きます。
ファイル共有を行う場合、共有を許可するマシンは必ず固定 IP アドレスにすることも忘れないでください。固定で無いとクライアントが迷う場合が有ります。ルータ等から DHCP で IP アドレスを受取っている場合は注意してください。

まず、始めに異る OS 間でファイル名に日本語(2バイト文字)を利用して文字化けが発生することは仕方がないと思います。文字化けが起こる原因は、各 OS の文字コードに原因が有ります。今後文字コードに関してはユニコード(UTF-8)が進めば解消されてくると思います。

基本的に複数のパソコンで、ネットワークを組んでファイルサーバを構築し利用する際に、ファイル・フォルダ名に日本語を使わない、ファイル・フォルダ名にスペースは入れない、ファイル・フォルダ名に"/" は入れない等のお約束が有りましたが、現在一台もしくは、Windows のネットワーク内に Macintosh が加わると文字化けの起きる可能性が有り、解決するは文字コードが共通されるまでは解決出来ないと思います。

Mac OS X で Windows とファイル共有を実現している技術は、Linux 等で利用されているオープンソースプログラムの、SAMBA を利用しており、日本 Samba ユーザ会からも、案内が出されています。

Mac OS X 10.1 から日本語のファイル/ディレクトリにアクセスできない

Linux を利用してファイルサーバを構築する際には、予め Linux ファイルサーバ側ににファイル・フォルダが記録される際に、文字コードを変更し、Macintosh , Windows 間で文字化けを起こさないように設定しますが、今まで単独、稼働もしくは Windows のネットワークで Windows マシンでファイルサーバが構築されていた場合、このような対策は実質無理です。(Windows Server 2003等ならモジュールを入れれば対応出来ます)

また、困ったことに、Mac OS X のバージョンによっても現象が異ります。基本的にバージョンが上がれば問題は少なくなるのですが、困惑したのが Mac OS X 10.3 にバージョンアップした際に問題が出たことが有ります。今までアクセス出来た日本語の共有フォルダにアクセスが出来なくなり、どうも10.3 では日本語の共有フォルダ名にアクセス出来ないと思っています。Tiger ではまたアクセス出きるようなったと言う報告も有ります。

日本語フォルダ名の罠
ここまで、読んで頂き 10.3 を利用しており、Windows XP のマイドキュメントや、共有フォルダに問題無くアクセス出来ていると思う方もいると思いますが、日本語の共有フォルダ名はエイリアスで有り、本名は日本語ではかく英語表記が正式名称です。

共有ドキュメント= Documents
マイドキュメント= My Documents

ですので、「共有ドキュメント」「マイドキュメント」にアクセス出来ても、自身で作成した日本語フォルダ名にアクセス出来ない場合が有ります。
問題になるのは、日本語のフォルダ名になっている共有フォルダです。共有フォルダ名の中にあるファイル・フォルダに日本語が使われていても文字化け以外は問題はないみたいです。

対策
現実的に、素の Mac OS X(10.3) と、素の Windows では現時点文字化けを避けることは無理だと思います。家庭で有れば無理して利用することも出来ないことはないと思いますが、職場では無理です。
個人的には、Mac 及び Windows に対応している、ネットワークハードディスクを準備するのが良い思っていますが、ソフト的に Macintosh で対策を行うことも出来ます。

ソフト的に対策を行う場合市販のユーティリティを利用します。元々は Mac OS 9 の時代に Winsows のネットワークに参加する為に開発された、ユーティリティですが、Mac OS X で活躍しています。

DAVE v5 日本語版
http://www.fli.co.jp/product/dave5/top.html
申込が必要ですがデモ版を入手することが出来ますので、困っている方は申込をしてみるのも良いと思います。

実際利用しているお客様が有りますが、クレームは出たことが有りません。

セキュリティ
近年 Windows XP でも SP2 になって、セキュリティ面で強化されており標準でファイヤーウォールを搭載しています。このファイヤーウォールを標準設定で利用しているとファイル共有が出来なくなることが有ります。
また市販のセキュリティソフトでもファイヤーウォール機能が搭載されていますので、初めて設定を試みる時は、全てのファイヤーウォールを OFF にしてから設定を行い、共有出きるようにしてからフフィャーウォールの設定を行ってください。

以下に、参考になるサイトを紹介しておきます。

Windows と Mac で ファイル共有
Mac とWindows のファイル共有

困った時に最初に見るページ
Apple サポート

再度書きますが、Tiger(10.4) 発売された現時点では、この情報は不要かも知れません。Panther(10.3) までの方は参考になると思います。

Windows ユーザから見ると、Macintosh は頻繁に無償、有償で機能面でアップデートしますが、アップデートすることで確実に使いやすくなります。悪口で言えば Mac OS の完成度が低いと思われると思いますが、常に進化しており随時公開していると理解して欲しいと思います。まぁこれもユーザが少ないのでこのような方法が取れるのかと思います。Mac ユーザで有れば常に最新のテクノロジーに触れて欲しいと思います。

参考になれば幸いです。
また、間違ったこと、勘違いしていることが有ればコメントにて指摘頂ければ幸いです。

|

« 互換性 | トップページ | YahooBB 調査 »

「Apple」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

軍曹であります!! そうでした忘れていました・・・・我輩の所にもLinuxがありますので、sambaユーザー会をみた時に書いてあった記憶があるであります!
もう少し勉強せねば・・・・

投稿: ts-laudada | 2005年4月30日 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/3918895

この記事へのトラックバック一覧です: ファイル共有:

« 互換性 | トップページ | YahooBB 調査 »