« Adobe | トップページ | cocoa »

2005年4月20日

PDF

ちょっと現実逃避で書込み。
また、アドビネタです。

CNET Japan の記事で
PDFでも急成長するアドビの日本戦略、次の一手は

の記事にて、アドビは PDF 関連の売上が大きなウェイトを占めているのが判りました。パソコンの世界ではほぼマイクロソフトが独占状態で有り、文章ならワードで流通しています。ワードの文章を受取ったらワード無ければ読めません。
その際にワードの文章、もしくは独自フォーマットの文章を、「Acrobat」で PDF 化出来れば、PDF を読むソフト Acrobat Reader はアドビより無償で配付されていますので、PDF ファイルなら誰でも読むことが出来ます。
もう少しマイクロソフトがワード等の文章のフォーマットを公開していたのであれば、PDF もここまで普及はしなかったのも知れません。私自身ファイルを PDF ファイルにしてお渡しすることが多々有ります。

他に PDF 化にすることで複数の独自フォーマットの生類を1個の PDF ファイルに纏めたり、PDF ファイルにすればセキュリティ制限(パスワード、印刷の許可)等も設けることが出来ます。フォントも埋込みが出来ますので見て頂く側にフォントが無くとも見た目のイメージが変わらない等のメリットも有り普及したのだと思います。

また、PDF のメリットは web との親和性がとても良い、ワードでレイアウトした文章を web で公開する際は、ワード文章を PDF 化すればワードのイメージ通り程再現出来ます。これはとても便利です。

ファイルを PDF 化するには、基本的にアドビの「Acrobat」と言うソフトが必要になりますが、アドビでは PDF 生成フォーマットを公開しており、フリーの物から安価な製品まで出そろっています。ただ日本語を扱う場合フォントの問題も有り、フリー製品や安価な製品では不安定な場合も有るのと、基本的な仕様はアドビが全て制定している為に、将来の互換性まで考えた場合フリーの製品や、安価な製品は一抹の不安が残ります。

「Acrobat」はバージョン6になってから、製品のファミリー化し価格を高価になってしまいました。バージョン6より企業向けには廉価版の Elements を用意するようになりましたが、一般では購入出来ませんでした。
今回バージョン7になり、一般でもダウロード販売で購入出来るようになったとのことです。価格は安価な市販製品よりは高価になりますが、単に PDF 化したいだけで有ればアドビ純正の「Acrobat」は魅力があります。

個人的には、アプリケーションソフト、OS の壁を越えて利用出来る PDF ファイルには魅力を感じます。
また Mac OS X では標準の機能でファイルを PDF 化出来るのを付け加えておきます。

4月22日追記
PDF は web との親和性が良いと書きましたが、少し古いマシンでは起動時間がかかります。簡単なワードのファイル(テキストだけのファイル)等の PDF 化は勘弁してください。
また大量のファイルや、大きなデータを PDF 化するにはパソコンのスペックを要します。メモリーが少ないマシンや、Windows XP より前の世代のパソコンで厳しい物が有るかも知れません。

|

« Adobe | トップページ | cocoa »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 CNET JAPANから来ました。PDFの事情が上手くまとめられていて素晴らしいです。

投稿: RyuichiXP | 2005年4月22日 08時13分

maru と申します。

RyuichiXP 様、コメントありがとうございます。

先程追記も書いたのですが、PDF ファイルは web との親和性が良いのですが、アクロバットリーダを起動させるだけでも時間を要すると思います
。簡単な文章等、何でも PDF 化するもの問題だと思っています。
特に官庁はでは簡単なテキストファイルでも、PDF 化されており
ユーザビリティを下げていると思います。

簡単なテキスト文章で有れば、html で公開して欲しいと思います。

今後も宜しくお願いいたします。

投稿: maru | 2005年4月23日 12時54分

またまた勉強させていただいております。私自身、PDF化はフリーの物を使用していました。仕事として使用しているわけでないのでそれでもいいのかなーと思ってましたが、ちゃんとした知識があって使用すべきですね。ところで、MacOSXには標準でPDF化がついているんですね、すごいです。うれしくなってきました。

投稿: まるは | 2005年4月28日 13時01分

maru と申します。

こんにちは、まるは様、いつも読んで頂きありがとうございます。
PDF に関しては DTP 業界揺るがす程大きな力を持ち始めたと思います。基本的にアドビは PDF の技術を公開していますので、フリーの製品でも問題はないと思いますが、いち私企業で制定していることが気掛かりになります。今回 Elements 版を出すことは喜ばしいことだと思います。
ただ、マクロメディアを飲込み巨大化して行くアドビには一抹の不安も感じます。

Mac OS X ではOS レベルで PDF をサポートしていますので、印刷を行う感覚で、PDF エンジンを選択すれば、書類を PDF 化出来ます。お試しください。

投稿: maru | 2005年4月28日 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/3781391

この記事へのトラックバック一覧です: PDF:

« Adobe | トップページ | cocoa »