« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日

ファイル共有

Mac OS X と Windows のファイル共有に付いて書いて見たいと思います。
ちなみに、Tiger(10.4) が発売されていますが、まだ手元に無い為 Panther(10.3)を元に書きます。
今回は、Mac OS X から Windows の共有フォルダへのアクセスについて書きます。
ファイル共有を行う場合、共有を許可するマシンは必ず固定 IP アドレスにすることも忘れないでください。固定で無いとクライアントが迷う場合が有ります。ルータ等から DHCP で IP アドレスを受取っている場合は注意してください。

まず、始めに異る OS 間でファイル名に日本語(2バイト文字)を利用して文字化けが発生することは仕方がないと思います。文字化けが起こる原因は、各 OS の文字コードに原因が有ります。今後文字コードに関してはユニコード(UTF-8)が進めば解消されてくると思います。

基本的に複数のパソコンで、ネットワークを組んでファイルサーバを構築し利用する際に、ファイル・フォルダ名に日本語を使わない、ファイル・フォルダ名にスペースは入れない、ファイル・フォルダ名に"/" は入れない等のお約束が有りましたが、現在一台もしくは、Windows のネットワーク内に Macintosh が加わると文字化けの起きる可能性が有り、解決するは文字コードが共通されるまでは解決出来ないと思います。

Mac OS X で Windows とファイル共有を実現している技術は、Linux 等で利用されているオープンソースプログラムの、SAMBA を利用しており、日本 Samba ユーザ会からも、案内が出されています。

Mac OS X 10.1 から日本語のファイル/ディレクトリにアクセスできない

Linux を利用してファイルサーバを構築する際には、予め Linux ファイルサーバ側ににファイル・フォルダが記録される際に、文字コードを変更し、Macintosh , Windows 間で文字化けを起こさないように設定しますが、今まで単独、稼働もしくは Windows のネットワークで Windows マシンでファイルサーバが構築されていた場合、このような対策は実質無理です。(Windows Server 2003等ならモジュールを入れれば対応出来ます)

また、困ったことに、Mac OS X のバージョンによっても現象が異ります。基本的にバージョンが上がれば問題は少なくなるのですが、困惑したのが Mac OS X 10.3 にバージョンアップした際に問題が出たことが有ります。今までアクセス出来た日本語の共有フォルダにアクセスが出来なくなり、どうも10.3 では日本語の共有フォルダ名にアクセス出来ないと思っています。Tiger ではまたアクセス出きるようなったと言う報告も有ります。

日本語フォルダ名の罠
ここまで、読んで頂き 10.3 を利用しており、Windows XP のマイドキュメントや、共有フォルダに問題無くアクセス出来ていると思う方もいると思いますが、日本語の共有フォルダ名はエイリアスで有り、本名は日本語ではかく英語表記が正式名称です。

共有ドキュメント= Documents
マイドキュメント= My Documents

ですので、「共有ドキュメント」「マイドキュメント」にアクセス出来ても、自身で作成した日本語フォルダ名にアクセス出来ない場合が有ります。
問題になるのは、日本語のフォルダ名になっている共有フォルダです。共有フォルダ名の中にあるファイル・フォルダに日本語が使われていても文字化け以外は問題はないみたいです。

対策
現実的に、素の Mac OS X(10.3) と、素の Windows では現時点文字化けを避けることは無理だと思います。家庭で有れば無理して利用することも出来ないことはないと思いますが、職場では無理です。
個人的には、Mac 及び Windows に対応している、ネットワークハードディスクを準備するのが良い思っていますが、ソフト的に Macintosh で対策を行うことも出来ます。

ソフト的に対策を行う場合市販のユーティリティを利用します。元々は Mac OS 9 の時代に Winsows のネットワークに参加する為に開発された、ユーティリティですが、Mac OS X で活躍しています。

DAVE v5 日本語版
http://www.fli.co.jp/product/dave5/top.html
申込が必要ですがデモ版を入手することが出来ますので、困っている方は申込をしてみるのも良いと思います。

実際利用しているお客様が有りますが、クレームは出たことが有りません。

セキュリティ
近年 Windows XP でも SP2 になって、セキュリティ面で強化されており標準でファイヤーウォールを搭載しています。このファイヤーウォールを標準設定で利用しているとファイル共有が出来なくなることが有ります。
また市販のセキュリティソフトでもファイヤーウォール機能が搭載されていますので、初めて設定を試みる時は、全てのファイヤーウォールを OFF にしてから設定を行い、共有出きるようにしてからフフィャーウォールの設定を行ってください。

以下に、参考になるサイトを紹介しておきます。

Windows と Mac で ファイル共有
Mac とWindows のファイル共有

困った時に最初に見るページ
Apple サポート

再度書きますが、Tiger(10.4) 発売された現時点では、この情報は不要かも知れません。Panther(10.3) までの方は参考になると思います。

Windows ユーザから見ると、Macintosh は頻繁に無償、有償で機能面でアップデートしますが、アップデートすることで確実に使いやすくなります。悪口で言えば Mac OS の完成度が低いと思われると思いますが、常に進化しており随時公開していると理解して欲しいと思います。まぁこれもユーザが少ないのでこのような方法が取れるのかと思います。Mac ユーザで有れば常に最新のテクノロジーに触れて欲しいと思います。

参考になれば幸いです。
また、間違ったこと、勘違いしていることが有ればコメントにて指摘頂ければ幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月29日

互換性

新たに Mac ユーザになろうとしている方がいます。
今まで、Windows を利用していたが、Mac ユーザになった際にファイルの互換性に関して書いてみたいと思います。

ファイルの互換性の前に、ディスクフォーマットの互換性が有ります。
ディスクとは、フロッピーディスクを始め、ハードディスクや MO、CD-R 等を指します。
ディスクを利用する際に下準備をするのがフォーマットです。教科書的にはハードディスクを畑に見立て、耕すことをフォーマットと解説していることが有ると思います。

フォーマットに関しては過去の経緯も有り、Windows 及び Macintosh において様々な種類が存在して多くは、OS で色々なタイプのフォーマットに対応しています。
フォーマットに関して興味を持った方は、ググッてください(^^)。

実は、Macintosh は昔から少数派の悲しさで Windows で利用されいるフォーマットをサポートしています。
どう言う事かと言うと、Windows でフォーマットされた FD はそのまま、Macintosh でもマウントが出来て読み書きが出きると言う事です。但し一度 Macintosh でマウントした Windows フォーマットのディスクには、不可視のファイルが作成され、Windows で再度マウントした場合見覚えの無いファイルとフォルダが出来ています。基本的に捨ててしまって構いませんが、Macintosh に再度マウントすればまた出来ます。そのような物と理解してください。

Macintosh が Windows のフォーマットを理解出きると言う事は、ネットワークで接続した場合、Windows のハードディスクをマウント出きると理解してください。

Windows のハードディスクがマウント出来れば、次にファイルの互換性です。基本的に画像ファイルで有れば、汎用フォーマットの、jpeg や gif は問題なく見ることが出来ます。

文章に関しては少し曲者で、ワードやエクセルで作成されたファイルで有れば、Manintosh でも基本的にワード、エクセルが必要と思ってください。Windows と Macintosh のワード、エクセルで見た目を出きる限り整えるので有れば、MS 明朝、MS ゴシック等を利用すればほぼ完璧な互換は取れると思います。(但しマクロは互換が無いと思います。エクセルでマクロを組んでいる物は利用できないと思ってください)。

Macintosh をワード文章、エクセルファイルを利用するには、マイクロソフトオフィスは別途購入しなければなりません。とても高価です。大体が Windows ユーザが何でもかんても、ワード、エクセルでファイルを作成するにも問題が有ると思いますが、これはマイクロソフトが仕掛けた罠ですので仕方がないと諦めるしかないと思います。

Macintosh の購入と同時にマイクロソフトオフィスを購入出来れば良いと思いますが、購入するには勇気が必要だと思います。そこで登場するのが標準で付いてくるエディタの「テキストエディット」です。実はこの「テキストエディット」はワードの文章が読めて、リッチテキストフォーマットで保存すれがワードでも読めるテキストファイルを作成出来ます。
但し、複雑な罫線を利用したファイルでは罫線情報が反映されませんので、あくまでもテキストレベルで互換性が有るとご理解ください。
個人的には、今 Macintosh を利用するので有れば、iWork に付いて来る Pages と言うワープロソフトがお勧めです。ワードの文章も読めるし、ワードの文章でも保存が出来ますので。

エクセルに関しては、標準でそのまま読込めるソフトはないと思います。

実は、オフィスソフトに関してはマイクロソフトオフィス互換を歌った、OpenOffice が有りますが実際利用したことが無いので、互換性に関しては知りません。

個人的には、ワード、エクセルの利用に関しては、無理して Macintosh で利用するのでは無く、ファイルはWindows に渡して素直に Windows 環境で利用した方が幸せだと思います。

オフィスソフトに関してはこの辺で。
所で、マイクロソフトの、ワードやエクセルって始めは Macintosh に開発されていた物だと言う事を知っていましたか?

参考になるサイト
Web&Mail&Mac講座
Mac OS Xにインストールする
NeoOffice/J

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年4月28日

サイトスニーカー試用記

サイトスニーカーをダウンロードして使ってみました。現時点ではまだβ版になります。
開発日記を見てみると、トップページのコンテンツが変更になったようで実際変更になっていました。Yahoo!Japan へのリンクは無くなってしまったのででしょうか。開発日記にトラックバックを投げておきます。

テスト環境
P900i

実際ダウンロードして第一印象はスクロールが早い、使った感じは jig ブラウザと同じで十時キーでマウスカーソルを動かします。とてもスムーズに動き、特に上下のスクロールは早いと思います。
ただ現時点ではサーバの負荷が高いのか、google で検索した際に時間切れ(相手のサーバが反応してない、もしくはサイトスニーカーのサーバで変換に時間を要している)でページが表示されないことが多いように思います。今後は改善されると思いますが・・・、実際に利用者が多くなるとどうなるでしょうか。

今まで発表された携帯フルブラウザは、携帯電話で全て表示しているのでは無く、ブラウザを提供している会社のサーバで一度、web データを受取り、携帯電話へデータを転送する仕組みになる為、どうしてもサーバーの能力が問われます。

サイトスニーカーでは、CSS に対応とのことで期待して、自分で作成した CSS のサイト見た所、CSS は完全に無視されており、現時点のβ版ではまだ、対応していないようです。
サイトスニーカーには正式版でも出きる限り無料にしたいと言う事で、広告を出る仕組みになっており現時点ではデータを読込む際に画面下に小さく出ていました。サイトが表示されれば表示されなくなり好印象です。

実際使った感じでは、レスポンスが良く好印象を持ちました。今後の開発に期待します。
個人的には月額300円位で有ればユーザが負担して良いのでは?と思いました。サーバを介するのでサーバの負荷がオーバーロードになれば利用出来ません。サーバの運営費用に当てるので有れば良いと思います。

最後に
個人的には、jig Scope サイトスニーカーとも、提供会社のサーバ経由でデータを受信します。サーバを経由することでパケットが圧縮される等のメリット有りますが、提供会社のサーバを経由することにはやはり抵抗が有ります。早く携帯キャリア自身が携帯電話にフルブラウザ搭載を望みたいと思います。
でも、その前にパットが定額にならなければ利用出来ないと思います(^^)。現時点でのパット定額は高価過ぎると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月27日

web メール

多くの人はメールを利用しています。メールは大きく分けてパソコンを中心としたインターネットメールが主流だと思います。また近年携帯電話でもインターネットのメールが利用出きるようなってきましたので、若い世代とだメール = 携帯電話を思い浮かべる人が多いと思います。個人的にはメールはパソコン通信時代を思い浮かべます。

これから書く内容は、パソコンでのメール利用に関して書いてみたいと思います。
パソコンで利用するメールは、パソコンにメールソフトを設定してパソコンでメールを受信したり、送信します。メールの管理は普段利用しているパソコンで無ければ基本的に利用出来ません。自宅に来ていたメールを会社で再度見てみたいと思った方も多いのではないでしょうか。

フリーメール
マクロソフトの、Hotmail や Yahoo!Japan 等で提供しているフリーのメールを利用されている方も多いと思います。Hotmail は outlook Express 等で利用出来ますが、基本的にはブラウザで特定ページにログインしてメールを利用します。この場合メールデータは利用しているパソコンに記録されているのでは無く、サービスを提供して会社のサーバに保管されています。利用者はインターネットに接続出きる環境が有れば、メールが利用出来ます。このようなメールシステムを web メールと呼びます。
実は、web メールのシステムは、Hotmail や Yahoo!Japan だけで無く、最近では大手のプロバイダではサービスされています。

web メールのススメ
web メールの利用に関しては、ご契約しているプロバイダ(ISP) サービスをご確認ください。私自身 @nifty を利用していますので、@nifty の web メールに関して少し説明します。基本的に @nifty を契約していれば、メールアドレスは1個利用出来ます。家族でメールアドレスが必要な場合、オプション(有料)でメールアドレスを5個まで追加出来ます。また @nifty 側で送受信したメールに関してウィルスチェックをして頂くサービスもオプションで用意されています。

@nifty の web メールを利用する場合、@nifty のトップページよりログインすることが出来ます。機能として登録してあるメールアドレス以外はメールを受信しない、迷惑メールと判断したメールは自動で「迷惑メール」フォルダに移動等の機能が有ります。
個人的には、RSS リーダの機能も有り普段から読んでいるブログのチェックが行えるのは便利だと思います。@nifty の web メールの機能は、基本料金に含まれています。今までパソコンでメールソフトを設定して利用するのも良いと思いますが、大手のプロバイダでは web メール機能は基本機能としてサービスしています。ご自身が利用されているプロバイダのサービスをご確認することをお勧めしたいと思います。

フリーメールの弊害
Hotmail、Yahoo!Japan のメールをアドレスを利用されている方は多くいると思います。まだプロバイダの web メールが充実していない時代、インターネット環境が有れば世界中何処でも利用出きるメールサービでした。ただ Hotmail や Yahoo!Japan でのメールは匿名で簡単に利用出来てしまう為に、スパムメール(迷惑メール)の送信元として良く利用されてしまい。Hotmai や Yahoo!Japan のメールアドレスは個人の利用では良いでしょうが、ビジネスの利用ではお勧め出来ません(フリーのメールアドレスを受信しない人も多いと思います)。フリーのメールアドレスには弊害も有ります。今までフリーのメール利用しており、プロバイダのサービスを利用していなかった人は、是非ともプロバイダの web サービスを検討して見るのも良いかと思います。

@nifty web メール
基本的には、@nifty の会員サービスになりますので、@nifty を利用していない方は利用出来ません。
実は、無料で @nifty の ID が取得出来ます。
@nifty ID 無料登録
但し、メールを利用するには月額210円(税込)が必要になります。ID 取得は無料でも、サービスを利用するには有料とのことです。個人的には @nifty ID 取得は有料にしてメールは @nifty ID を取得すれば利用出きる基本サービスにして頂いた方がすっきりするのでは?と思いますが・・・。

web メールの弊害
web メールを利用される際の注意点を、ネットカフェや、ホテルから web メールでメールを利用した際、利用の終了時には必ず、web メールからログアウトしパソコンも再起動させるくらい注意してください。パソコンは閲覧したホームページのデータを一定期間保存します。web メールを利用してログアウトしないでそのままだと悪用されてしまう可能性も有ります。共用のパソコンを利用される場合は注意してください。

web メールのススメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業モラル

某ラジオ局買収から、サーバのクラック等のニュースを見ており、自分達が良ければ良い、クラックされたサーバが「最高のセキュリティ」を保っており、自社には「過失責任はない」と平然で言ってしまう企業モラルに疑問を感じます。
またお客様を騙す訳では有りません。勘違いさせたり必要な説明が無かったり、思い込みで仕事を進めてしまい、原因はお客様にと平然と言ってくる会社・・・、企業にもモラルは必要です。最近つくづく思います。

Google ニュース

Google ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日

サイトスニーカー

携帯電話用フルブラウザーがまた登場しました。

ITmedia の記事にて

無料フルブラウザ「サイトスニーカー」β版公開開始

本家から搭載される前に、サードパーティーの製品が3種類も出てきました。
サイトスニーカーは HTML3.2 に準拠(ちょっと古いと思いますが)し、JavaScriptやFLASH、SSL には対応しないが、CSS に対応するとのことです。ちょっと楽しみです。

サイトスニーカー
現在サイトスニーカーでは、βテスターを募集中とのことです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月25日

ウィルスバスター騒動 2

前のエントリーでは、基幹業務を行うパソコンにウィルス対策ソフトがインストールされていることは如何なことでしょうかと書きましたが、トレンドマイクロの製品ラインナップで、法人向けの製品も出しています。

法人向け製品・サービス

今回の障害は、上記企業向けの製品でも発生したのでしょうか、サポート情報を見てもプラットホームに関しては一時削除になっています。

前回のエントリーでは、基幹業務で利用してるパソコンをイメージしましたが、トレンドマイクロの製品は企業向けの製品も多く出しています。また実際の話 @nifty でもトレンドマイクロの製品で、ウィルスチェックを行っていますが、今回の障害は大丈夫だったのでしょうか。少し気になります。

今回の原因が単に人的なミスとの事がですが、ウィルスのパターンファイルにミスが有っただけで、ウィルスバスタ自身コントロール不能になってしまうような、プログラムの作り方に問題は無かったのでしょうか。今回の事件でウィルスバスターの製品自体の信頼性を失ってしまったと思います。

先日お客様の所で、ウィルスバスター2005のインストール、セットアップを行い行いましたが、パターンファイルの更新がパソコンの電源が入っていれば一定時間ごとにチェックするようになっており、特定の曜日・時間で設定できないことに少し驚いた記憶が有ります。今回はこのようにパターンファイル更新の自動化が進んだ為の弊害も有るのではと思います。

幸いなことに、週末の土曜日朝だった為、被害が少なかったと思いますが、平日の昼間で有れば大変なパニックになったのではないでしょうか。

今回の事故で、ウィルス対策ソフトを利用していればよい時代は終わったのか知れません。 

参考リンク
@IT
【技術解説】トレンドマイクロは何を誤ったのか

スラッシュドット
ウイルスバスターの定義ファイル更新で、CPU使用率が100%になる不具合

上記の記事を読んで見ると、企業のサーバ用製品でも同じ障害を発生するみたいです。
今回の事件で、サーバに関しては管理者の見識が問われた結果になったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月24日

ウィルスバスター騒動

ウィルスバスター騒動のニュースを見ており、基幹業務に利用するでパソコンでウィルスバスターが利用されているのか伺われます。
思うに基幹業務を行うパソコンにウィルスバスターがインストールされいることに驚きです。

今回ウィルスバスター騒動でパソコンが止まり被害に有った企業では基幹業務を行うパソコンで、メールを利用していたのか、それとも何もハードウェアのファイヤーウォールが無い状態で運用されていたと思われ、ウィルスバスターが入っていれば安心と思っていたのでしょうか。

基幹業務を行うパソコンではメール・web の閲覧には利用しない、直接インターネットには接続しない。業務で利用するアプケーション以外はインストールしないのが望ましい。またマクロソフトを信じ確実にアップデートを行う。等々を守って頂ければウィルスに感染する確立はとても低くなると思います。

今回の騒動の原因はトレンドマイクロ社に有りますが、運用する側にも問題はなかったでしょうか?
何かウィルス対策ソフト等を入れて有れば大丈夫と言うのは間違った認識だと思います。あくまでも利用者が常に意識を持っているとことが大切ではないでしょうか。

24日追記
24日朝の番組で今回被害に有った方は、Windows XP の SP2 を利用しており、他にウィルス対策ソフトを入れている意識の高いユーザーが被害に遭ったと話していました。確かにその通りだと思いますが、基幹業務のパソコンにウィルス対策ソフトを入れることは有る意味パソコンの管理を放棄したような物で、本当に意識の高い人はウィルス対策ソフトなど利用せずに、運用面で工夫をしていると思います。
Windows で有れ、Macintosh で有れ、何かに頼るのでは無く利用者自身、もしくは管理者が意識を持って運用することが大切だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日

ウィルスバスター

23日のニュースで、トレンドマイクロ社のウィルスバスターにてウィルス定義ファイルをアップデートすると問題が発生するとニュースが報道されています。

トレンドマイクロ サポート情報

とのことです。現在は問題無いととのことですが、ウィルスバスターを利用しており、PC の処理スピードが極端に遅くなった人がいれば確認してみてください。


24日追記

IT Pro
「ウイルスバスター」のパターン・ファイルに不具合、大規模パソコン障害が発生
【続報】トレンドマイクロ事件、7時間超のロングラン会見も「テスト漏れ原因は不明」
ウイルスバスターによる障害を解消するツールが公開,セーフモードでの起動が必要

CNET Japan
トレンドマイクロ、ウイルス対策ソフトの更新ファイルに不具合

ITmedeia
トレンドマイクロ、PCを守るはずのパターンファイルに不具合
ウイルスバスター不具合でPCメーカーも対応に追われる

@IT
ウイルスバスター原因でシステムダウン、月曜朝は注意を

PCWEB
ウイルスバスターのアップデートで不具合、PCが使用不能に

読売新聞
「ウイルスバスター」でPC障害、原因はチェックミス

毎日新聞
システム障害:トレンドマイクロのウイルスソフトが原因

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日

次世代 DVD

少し前の記事になりますが、次世代 DVD の規格に関してニュースが流れていました。

ITmedea
ソニー、次世代DVD規格統一に前向きな姿勢

DVD の規格に関しては家庭用テレビに利用されて来た、DVD-RAM や主に PC に普及して来た DVD-R/RW 等の規格で互換性が問題になり。最近ではマルチドライブ等でハードウェア側で互換性を取られているのが現実だと思います。

DVD も大容量の次世代規格が出ており、ソニー陣営のブルーレイディスク(BD)と、東芝陣営の高品位DVD(HD DVD)の普及で競い合っています。確かにメーカー側として覇権を握る事は大切な事だとは思いますが、このような争いはビデオの β と VHS の争いとなんら変わらないと思います。つきる所は利用者不在の争いでありとても不毛に思っていましたが、今回のニュースは喜ばしい事だと思います。ただ両陣営とも生産設備が整いつつ有る現在本当に歩み寄りが出来るかも疑問を感じます。

個人的には、BD 陣営の方が今の所有利かと思っていますが、実際はどうなんでしょうか。

以下に参考リンクを掲載しておきます。

asahi.com
次世代DVD統一交渉、値下げ競争嫌う

読売オンライン
ソフト業界が後押し、次世代DVD規格統一へ

ITmedeia
ほんとなの?——次世代光ディスク統一規格報道の「真相」 (1/2)

スラッシュドット
ソニーと東芝が次世代DVD規格統一にむけ交渉へ

今回の次世代 DVD 規格に歩み寄りに関しては「読売オンライン」ではコンテンツを持っているソフトウェア業界からの後押しも有ると記事に書かれていますが、背景にはアジアメーカの台頭も有ると言われています。光メディアの技術に関しては日本が世界をリードしてきましたが、国内で覇権争いをしている間に、アジアメーカが台頭してきており、次世代 DVD の覇権を握られてしまう可能性も有ると危惧されています。

メーカも毎回毎回覇権争いを繰り返すのでは無く、ユーザ本意で開発を進めて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月21日

cocoa

cocoa と言うと、Macintosh の開発環境をイメージされる方も多いと思いますが、NTT コミュニケーションズ提供のコンテンツになります。

NTT コミュニケーションズより電話セールスを受けて、お試しのご提供をしますとのことだったので申込みしました。後日封書でお試しの ID とパスワードが送られてきました。
実は放置していたのですが、再度NTT コミュニケーションズより電話を頂き、どうですか?と感想を聞かれました。

熱心にセールスを行っているので、期待を込めてサイトを開いてみました。

http://cocoa.ntt.com/

サイトを開いて、ログインしてみた感想は・・・・。
う〜〜ん、グループウェアなんですが機能として

1,スケジュール表
  個人のスケジュール管理と、グループのスケジュール
  が有ります。思うに、グループ内で共有出来るのでは
  ないでしょうか。
  感想:Yahoo のスケジュール表の方が高機能です。

2,ダイアリー
  日記を公開出来ます。公開はグループ内だけみたいです。
  感想:・・・

3,マネー
  お小遣い帳日々の現金管理が出来るそうです。
  感想:いくら個人有っても日々の厳禁管理他人のサーバ
     で管理するのはどうかと・・・。

4,フォト
  写真を保存して公開することが出来ます。携帯でも見る
  ことが出来るみたいです。
  感想:写真が公開出来るのはグループ内だけ?

5,ファイル
  ネット上にファイルを保管出来る領域が利用出来ます。
  多分写真と含めて 100MB の領域が利用出来ます。
  感想:Yahoo でも同じようなサービスが有ったかと・・・。

6,コンテンツ
  自分が良く利用する web サービスの登録管理が出来る
  みたいです。
  感想:ネット上のブックマーク??

ざっと見た感じでは、ネット上で無償サービスされている内容を、NTT ブランドで利用出来るようになった感じです。多くのサービスは cocoa の会員で無ければ共用出来ないと言う点は、安全面では良いですが利用する友人・知人が cocoa の会員でなければならいのはどうかと思います。

料金は月額310円です。一見安価のようですが長く利用するサービスですので考えてしまいます。お試しを利用してみて、特に驚くようなサービスでも無く、 NTT のブランドと営業力があるから成立つサービスなんだろうかと個人的には思いました。
  
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日

PDF

ちょっと現実逃避で書込み。
また、アドビネタです。

CNET Japan の記事で
PDFでも急成長するアドビの日本戦略、次の一手は

の記事にて、アドビは PDF 関連の売上が大きなウェイトを占めているのが判りました。パソコンの世界ではほぼマイクロソフトが独占状態で有り、文章ならワードで流通しています。ワードの文章を受取ったらワード無ければ読めません。
その際にワードの文章、もしくは独自フォーマットの文章を、「Acrobat」で PDF 化出来れば、PDF を読むソフト Acrobat Reader はアドビより無償で配付されていますので、PDF ファイルなら誰でも読むことが出来ます。
もう少しマイクロソフトがワード等の文章のフォーマットを公開していたのであれば、PDF もここまで普及はしなかったのも知れません。私自身ファイルを PDF ファイルにしてお渡しすることが多々有ります。

他に PDF 化にすることで複数の独自フォーマットの生類を1個の PDF ファイルに纏めたり、PDF ファイルにすればセキュリティ制限(パスワード、印刷の許可)等も設けることが出来ます。フォントも埋込みが出来ますので見て頂く側にフォントが無くとも見た目のイメージが変わらない等のメリットも有り普及したのだと思います。

また、PDF のメリットは web との親和性がとても良い、ワードでレイアウトした文章を web で公開する際は、ワード文章を PDF 化すればワードのイメージ通り程再現出来ます。これはとても便利です。

ファイルを PDF 化するには、基本的にアドビの「Acrobat」と言うソフトが必要になりますが、アドビでは PDF 生成フォーマットを公開しており、フリーの物から安価な製品まで出そろっています。ただ日本語を扱う場合フォントの問題も有り、フリー製品や安価な製品では不安定な場合も有るのと、基本的な仕様はアドビが全て制定している為に、将来の互換性まで考えた場合フリーの製品や、安価な製品は一抹の不安が残ります。

「Acrobat」はバージョン6になってから、製品のファミリー化し価格を高価になってしまいました。バージョン6より企業向けには廉価版の Elements を用意するようになりましたが、一般では購入出来ませんでした。
今回バージョン7になり、一般でもダウロード販売で購入出来るようになったとのことです。価格は安価な市販製品よりは高価になりますが、単に PDF 化したいだけで有ればアドビ純正の「Acrobat」は魅力があります。

個人的には、アプリケーションソフト、OS の壁を越えて利用出来る PDF ファイルには魅力を感じます。
また Mac OS X では標準の機能でファイルを PDF 化出来るのを付け加えておきます。

4月22日追記
PDF は web との親和性が良いと書きましたが、少し古いマシンでは起動時間がかかります。簡単なワードのファイル(テキストだけのファイル)等の PDF 化は勘弁してください。
また大量のファイルや、大きなデータを PDF 化するにはパソコンのスペックを要します。メモリーが少ないマシンや、Windows XP より前の世代のパソコンで厳しい物が有るかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月19日

Adobe

Adobe が Macromedia を飲み込んだ。

CNET Japan の記事にて
アドビ、マクロメディアを34億ドルで買収

昨日の夕方報道され、ネットの世界で大わらわです。国内でも坊インターネット企業と民放放送局の M%A の和解が報道されており、結局は単なるマネーゲームだったと言う事が判りましたが。

アドビのマクロメディア買収はとてもインパクトが有ります。アドビは実質 DTP の世界を構築した企業になり、マクロメディアはディレクレータを始め、インタラクティブの世界はアドビより何歩も先を歩んでおり、インタラクティブ及び、インターネットの世界ではマクロメディアが主役でした。

個人的には、Dreamweaver & Fireworks が気になりますが、アドビの狙いは Flash だそうで、PDF と Flash の融合を目論んでの合併だと思います。

PDF と Flash と言えば、OS を乗越え利用出来るアプリケーションソフトで有り、ソフトウェア業界に於て巨人マイクロソフトを意識した側面の有る合併ではないでしょうか。

個人的には今後、Dreamweaver & Fireworks がどのような形アドビに吸収されているのかとても気になります。
もともと GoLive はアドビ生れでは無く、Dreamweaver に対抗為べき買収されたソフトでした。Dreamweaver と、GoLive 今後どのように融合していくのか気になります。

今まで Dreamweaver を利用しており一番気に入っているのは、自分が書いたソースに勝手に手を加えない、書き出すソースがきれいだったことが大きなポイントでした。

GoLive が初めて世の中に出た時は有る意味衝撃的でした、table タグを利用して仮想グリットを作りだし文章、画像を配置すると言うコンセプトは驚きを感じましたが、結果ソースが読める物で無く、アドビに買い取られてからは、グリットシステムは廃れ、Dreamweaver を追いかけるようになったと思います。但しソースは余り綺麗でないと言われていました。

今まで、Adobe と Macromedia は切磋琢磨してきた所が有ると思いますが、2社が合併したことで今後のソフトウェア業界の動向が気になります。

今後、Macromedia のようなソフトウェア会社が生れ、生き残れる時代なんでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日

Macintosh を選ぶ

ブログを読んでいて Mac の選択基準を悩んでい方がいましたので、個人的な思いで Macintosh のラインナップを考えてみたいと思います。

Macintosh の基本的なラインナップは、Apple Store を見てみると、ノート PC の iBook , PowerBook , デスクトップの Mac Mini , eMac , iMac , PoweMacG5 となっています。

ノート PC で iBook と PowerBook は大きく分けて、iBook は家庭用を前提に CPU は G3 で始まり現在は、G4 になっています。、PowerBook は業務用と言う位置づけになっており、CPU はG4 で発売され、発売当初は PowerBookG4 と言う事で、G4 パワーを全面的に出していました。
iBook は全般的にお買い得感が有り、PowerBook は高性能高価になります。

PowerBook は CPU パワーを要する作業を前提に、モニターも大きなサイズが採用されています。
iBook は家庭、もしくは学校での利用を前提に考えられており、処理能力よりは価格を優先し、また乱暴に扱われる可能性が有るのを前提に丈夫に作られています。
PowerBook はデザインでも厚さに拘り、CPU の処理能力、モニターの大きさ、デザイン等に拘った機種になります。日本での利用を考えると PowerBook を持って混雑している電車に乗るのは怖いと思います。

PowerBook でも 12インチが発売されたり、iBook の14インチ、また iBook の CPU G4 化に伴い PowerBook の優位性が揺らいでおり、現在では明確な差が少なくなって来たと思います。
また PowerBook のハードウェアアーキティクチャ(設定)も今となって古さを感じ、デスクトップで G5 は発売されている現在、PowerBook の G5 化が待たれています。今 PowerBook の購入は待ちかも知れません。
但し、iBook の 12インチモデルを考えた場合、PowerBook の 12インチモデルに魅力を感じます。問題は価格差になります。スーパードライブを希望するので有れば、PowerBook になります。

デスクトップ
eMac の e は Education の e になり、教育市場用のモデルで、日本では安価なデスクトップの位置づけになります。eMac は今となってはアーキティクチャも古いので余りお勧めはしたく有りません。

Mac Mini は Windows ユーザをスイッチさせる為の意欲的なモデルです。価格も衝撃的なプライスが付いています。基本的に Windows で利用しているモニター、キーボード、マウスが使えるとのことですが、日本語のキーボードでは少し問題が有るようです。また Mac mini 本体だけではメモリーも足りず、メモリー、キーボード、マウス等まで揃えると iBook の 12インチが購入出来るような価格になってしまいます。個人的には初めての Mac にはお勧めしたく有りません。Windows がメインで、Mac もちょっと触ってみたい人向けのモデルだと思います。

iMac は家庭での利用を前提とした初代が発売された頃は意欲的なモデルでした。現行の iMac は以前程先進的なデザインでは無くなりましたが、省スペースデスクトップと見た場合、魅力があると思います。CPU も G5 を搭載し、アーキティクチャも最新の物を採用しています。
ただし、デスクトップの G5 も控えていますので、コストとの引換えに、拡張性、ハードウェアの作り等コスト優先で設計されています。iMac の20インチモデルは心揺れます。

PowerMacG5
Macintosh で制作を行うので有れば、最新のアーキティクチャ、拡張性を含めて他に選択肢は有りません。大きさを気にしないので有れば、PowerMacG5 シングル 1.8GHz のモデルはお買い得だと思います。
ただ PowerMacG5 を購入するので有れば、デュアル2.5MHz を購入しておけば長く利用出来ると思います。デザイン業界では過去のしがらみも有るのですが、Macintosh は拡張されて10年位は現役で利用されており、購入価格は高価かも知れませんが、Windows マシンよりは長く活用出来ると思います。

ざっと考えてみました。
間違い、勘違い、思い込みも有ると思います。気になった点が有ればコメント、もしくはトラックバックを頂ければ幸いです。

明日はデータの互換性について考えてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年4月17日

CSI 2

地元のツタヤに、CSI の DVD が無いと以前ここに書いたことが有ると思いますが、少し前から地元のツタヤに置かれるようになりました。

実は、借りることが出来ませんでした。何度行っても借りられており中々借りられません。やっぱり人気が有るからでしょうか?、それとも価格が2本で1本価格だからでしょうか?、他の連載物 DVD を借りていますので、行くたびにチェックしていました。

今日行ったら、借りたい号(番号、巻数)??DVD の場合なんと呼ぶのか判りませんが、借りたい DVD が有りましたので借りました。2本で1本価格、1本に3話入っています。18日月曜日は定休日ですので、明日の夜は CSI 三昧です(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月16日

M1000

ドコモより新型 FOMA が発売になりました。ビジネス FOMA M1000
もう多くのニュースが流れていると思いますが、デザインからして携帯電話と言うより、PDA に電話機能を付けたような携帯電話だと思います。

M1000 はモトローラの A1000 をベースにしていると言う事で、i モードは無し、メールも通常の POP を利用します。またブラウザはドコモ初のフルブラウザの opera を搭載しています。
個人的には、i モードに拘らず、メールは POP 、ブラウザは opera と言うには清い仕様だと思います。流石モトローラー製??

実際の利用を考えると、i モード未対応ですのでパットパックは利用出来ません。フルブラウザ搭載だからと言って web のブラウジングをするととても怖い思いをすると思います。
また、電話機と見た場合ハードウェアの数字キーが無く、全てソフトウェアーキーになるのは好みが判れるのでは?と思います。

他に M1000 の売りとして海外の携帯電話の規格に対応しており、M1000 を海外に持ちだしても今の電話番号のまま利用出来るメリットが有ります。良く海外に出かける人にはお勧めかも知れません。

以下に参考サイトをリンクしておきます。

ドコモからFOMA+無線LANが使えるPDAタイプの端末登場

ドコモ、ビジネスユーザー向けのモトローラ製FOMA「M1000」

ドコモ、海外でも使える無線LAN+フルブラウザFOMA「M1000」

4月22日追記
ドコモもフルブラウザ端末を投入—PDAライクな「FOMA M1000」を発表

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月15日

GoLive CS2

少し古いニュースになりますが、CNET Jpan の記事にて

GoLive CS2にMovable Typeのテンプレート作成機能が新搭載

と言う記事が有りました。
個人的に今後、ブログサイトは普及すると思います。当然の流れだと思います。
個人的には、Dreamweaver のバージョン 4 を利用していますが、スタイルシートに余り対応出来ておらず、Movable Type のデザインを変更するのは手作業ですし、CSS ベースのサイトを作成する場合は、Dreamweaver は使わず手書きです。
GoLive CS2 が Movable Type に対応したと言う事は、スタイルシートに対応して、Movable Type の独自タグに対応したと言う事だと思います。

今まで GoLive は使った事が有りませんが是非とも使ってみたいと思いました。
ちなみに、Dreamweaver MX2004 ってスタイルシートにどの位対応しているのでしょうか、インストール出来るマシンは無いのですが興味本位です。
また、Dreamweaver は Movable Type に対応しないでしょうか?無理かなぁ?

参考リンク
シックス・アパートがウェブログ・ツールをアドビのウェブサイト構築ソフトに統合

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月14日

Tiger 2

Mac OS X 10.4 Tiger で少し調べていたら、ショックな事が・・・。
供給されるメディアが DVD です・・・。

Apple Store に電話してみました。
まず、箱のパッケージを購入し、その後にチェンジプログラムにて有償(1,980円)にて CD-ROM に交換だそうです。
有償は我慢しましょ、箱のパッケージを購入後に再度の手間をかけて変更にするのは何とかして欲しい。せっかくアップルの直営店が有りますので、せめて直営店及び大手販売店で対応して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日

Tiger

Apple より時期 OS Mac OS X10.4 通称「Tiger」の発売日が発表になりました。発売日は4月29日金曜日、まるで日本のゴールデンウィークに合わせたような発売です。

Apple の発表

また、CNET Japan の記事を紹介しておきます。
Mac OS X 「Tiger」、ついに登場へ--4月29日に発売決定

個人的には、新機能の Spotlight や Dashboard に興味が有ります。

パソコンを利用されている多くの方は、OS のバージョンアップもしくはソフトのバージョンアップに興味を持っていない人の方が多いと思いますが、特に OS のバージョンアップは新しいテクノロジーを手に入れることが出来るので、是非とも興味を持って欲しいと思う。

Apple の場合は Mac OS X になり約2年ごとにメジャーバージョンアップしており、有る意味お布施のようにバージョンアップ費用を要求されますが、確実に進歩していると思います。今から思えば Mac OS X が出た時は酷い物でしたが、現在の 10.3 になってから動作も軽くなり、少し古いマシンでもメモリーを搭載すればそれ程ストレス無く動くようになったのは嬉しい記憶が有ります。

Tiger は入手しますが、有る意味 10.3 を利用される方で Spotlight や Dashboard に興味を持たない方は、導入はしなくても良いと思います。ただ10.3 以前を利用されている方は、周辺機器の対応等含めて導入を検討する価値は有ると思います。

Tiger がどのように進化しているのか楽しみです。是非とも発売日に入手したいと思います。
インストールが出来るマシンが iMac 333MHz では少し悲しいけどまだまだ現役です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月12日

ファイルの分割

永遠のテーマかも知れません。昔はフロッピーディスクでした。今は CD-R にデータが入りきらなくなっています。
CD-R で有れば記録容量は、700MB 有りますので容量に困ることはないと思いましたが、最近はファイルの容量が 1GB 位ある場合も有り、CD-R では記録が出来なくなっており、またファイルの分割が必要になってきました。

ファイルの分割
ベクターや、窓の杜を探して見れば色々見つかります。
機能としては高機能である必要は無く、指定のファイルを分割、復元できれば良いと思います。
基本的にファイルの分割、復元に関しては同じソフト同士でなければ分割した物を復元できませんので注意が必要です。

最近は窓の杜で紹介されている。
Jydivide ファイル分割を利用しています。使い勝手は少し慣れを必要としますが、現在でもメンテナンスが続いていますので、安心感が有ります。

他に良い物があればアドバイスをください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日

ETV 特集

9日土曜日の夜、何気なくチャンネルサーフィンしていたら、NHK 教育テレビの ETV 特集にチャンネルが止まった。普段から意識して ETV 特集は見ていませんが、何気なく見ていた番組が ETV 特集だった事が多いと思う。

今回の内容は「新”科楽”のススメ」でした。番組では「米村でんじろう」氏と、「古田貴之」氏が紹介されていました。2人とも教員では無く科学者になります。

「米村でんじろう」氏は各地を回り、科学の面白さを伝えています。
米村でんじろうサイエンスプロダクション
以前テレビで紹介されていた事が有り、科学は面白い物だと実験を通して体験させてくれます。子供だけで無く大人も楽しめると思います。

「古田貴之」氏は、子供の頃から鉄腕アトム、マジンガーZ 等に影響を受け、鉄腕アトム、マジンガー Z を作った博士に憧れロボット道にのめり込み、その後ご自身が中学生の頃の車イスでの生活を強いられ、人の約に立つロボットの開発に力を注いでいます。

未来ロボット技術研究センター  古田貴之さん - インタビュー - 環境goo

のインタビューで「古田貴之」氏の考え、実績が判ると思います。
未来ロボット技術研究センター furo

今の教育現場では、理科、数学が疎かになっており、「古田貴之」氏の元にロボットを作りたいと集まった若者が余りにも、数学が出来ずがく然とした。理系の学生で有りながら、理科、数学が苦手でだと・・・。

日常、私達の生活では理科、数学は必要しない事が多い為に、教育現場では疎かになりがちなのか、もしくは理科、数学を学んで何になると言う学生の思いが有るのかと思います。

「米村でんじろう」氏も「古田貴之」氏も、目的を実現する為のツールとして、理科、数学に限らず、学ぶ楽しさを伝えようとしていると思います。実際の教育現場は知りませんが、自分自身小中学校の勉強は余り面白いと思った記憶は有りません。「古田貴之」氏は高校に出向いて高価なロボット(morph3)を分解し、仕組みを学生に見せて説明したのはとても素晴らしい試みだと思います。学ぶ基本はやっぱりバラシからでしょ。

是非とも、小学生の頃から「科学」の面白さに気づかせてくれるような授業を行って頂き、子供達に学ぶ面白さを知って欲しいと思います。自分の場合 30 才になって Macintosh を入手してから初めて学ぶ面白さを知ったと思います。学ぶ面白さを知ったが遅いと思いませんが、もっと早く知りたかったと言うのが本音です。
また、社会に出た時に初めて学校で学んで来た事が如何に必要か痛感した記憶も思い出しました(^^;;;。

morph3 が欲しいなぁ〜。
morph3 の量産キットが発売しないかなぁ〜、出たら絶対に買いたいです(^^;;;。

そういえば、ココログで
fuRo ---未来ロボット技術研究センター と言う「古田貴之」氏所長をしている研究センターのブログが有りました。今回調べて初めてしりました。トラックバックをお送りしておきます。

追伸
日本科学未来館 にもぜひ行ってみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日

Wireless Mouse

Office 2003 Editions を購入したら「Microsoft IntelliMouse Explorer」というマウスが付いてきた。

Windows Me のマシンに付けてみました。初めは調子が良かったのすがマウスポインタが動かなくなり、マニュアルを読んでみたら、Me は対象外、何で??マウスなのに??どうもユーティリティが対応していないみたいです。

仕方が無いので、Windows XP マシンに付けて、ユーティリティもインストールしてみました。ユーティリティではマウスのボタンの割り当てや、電波の強度を確認できる機能が有ります。

初めは問題なく利用出ていましたが、2,3日使っているとマウスポインタが動かなくなってしまい。ユーティリティが立ち上がって、電波が障害を受けていますと表示され、チャンネルを変更すれが回復するかも?とメッセージが表示され、マウス本体のボタンを押して変更してみます。

その時は動作が復活しますが、直ぐに利用できなくなります。

う〜ん。ワイヤレスマウスなんてこんな物なの?ちなみにマウスと受信機の距離は 30cm 位で、障害物は無い状態です。ロジクールの製品ならこんなことは無いと思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 9日

Mac mini 5

ITmedeia の記事で以前から気になっていた記事が有りました。覚書に書いておきます。

ボクが初めて触るMac──Windowsユーザーが使うMac mini(その1) (1/2)
ボクが初めて触るMac──Windowsマシンと連携させてMac miniを使いやすく (1/2)
ボクが初めて触るMac──Mac miniをメディアクライアントにする「環境設定編」 (1/3)

以前から Mac が気になっていたライターが Mac mini を購入し記録です。Mac に興味が有る人には参考になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日

ECサイト構築システム

インターネットで物品を販売したいと言う要望は有ると思います。
ホームページを公開すれば取りあえず販売の為の準備は出来ます。簡単な物はフォームを利用して申込を行い、メールで連絡を取り合うのは一番簡単です。

ただ、希望としては楽天のようなシステムが有れば嬉しいと思います。
少し前なら、ショッピングカートシステムの CGI をカスタマイズ等すればそれなりに利用出来ました。
最近では、レンタルサーバにもオプションにて安価にショッピングカート機能が付けるサービスが充実してきました。

ファーストサーバオンラインサービス
Eストア

市販ネット通販サイト構築パッケージ基本的には、CGI プログラムになります。
通販開業 X

他に、最近知ったのですがボランティアベースで開発されている、ECサイト構築システムが有ります。
osCommerce
ただ、設置するサーバには、MySQL や PHP が要求されるようで、ちょっと敷居が高いかも知れません。まだ設置した経験は有りませんが、大規模なサイトなサイトでも構築が出来そうな感じがします。
ちょっと気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日

ココログバージョンアップ

何だか長いメンテナンスだったと思いますが、メンテナンス後ココログがバージョンアップしました。

●新しい機能として
1,リッチテキストエディター(HTML エディター機能)搭載
2,画像アップロード変更(画像をアップロード先を管理出来る)
3,ラブリンク(同じテンプレートを利用しているリンク)
4,トラックバック一覧

リッチテキストエディターは、Mac OS 9 の環境で IE 5.17 では【この編集画面の表示を変更する】は反映されません。思うに Mac OS 9 での IE はサポート外だと思います。サポート外ならサポート外と記述して欲しい(書いてありました。基本的に Windows の IE でしか利用が出来ないとの事です)。

画像アップロード先の管理は以前から多くの方が希望を寄せられていた事だと思います。と言うより以前は出来ていたいと思うけど・・・。

ラブリンク・・・・、何も言うこと有りません。

トラックバック一覧に関しては、出来て当然の機能で有り今まで無かったのが不思議な位です。

やっぱり目玉は、「リッチテキストエディター」だと思います。Mac の環境では利用出来ませんでしたので、Windows の環境で試してみました。機能としては素晴らしいと思います。 Dreamweaver 等の HTML エディター機能を持ちました。これは凄い事だと思いますが、利用者にとって新たに「リッチテキストエディター」の機能を理解する必要が有ると思います。

「リッチテキストエディター」と通常の「プレーテキストエディター」の切換えは、記事を投稿する画面で【この編集画面の表示設定を変更する】をクリックする事で、切換えることが出来ます。

リッチテキストエディターの特徴

1,改行 Enter キーを押すと、<p> タグが挿入される。当然ながら行間が1行空く。Shift キーを押したまま、Enter キーを押せば <br /> が挿入されるので行間が空かない。
Enter キーは改行だから段落が変わるので <p> タグが挿入、Shift + Enter で強制改行になるので <br />が挿入される。

2,コピー & ペースト(貼付け)、他の文章(web やワード等)をコピーして、ペースト(貼付け)を行うと、フォント属性、リンク先情報までコピーされてしまう。画像もリンクされていればリンク先もコピーされる。

3,HTML が編集出来るのは素晴らしい。

まだ少ししか触っていませんので良く理解出来ていませんが、ファーストインプレッションとして上記の機能に気が付きました。個人的には余り使わない(Mac OS 9 では利用出来ませんし・・・)と思います。
機能が有れば表現力はアップしますが、多くのブロガーはここまでの機能は必要としないのでは?

最近ココログは押され気味ですので、機能面での差別化だと思います。個人的には機能アップ前に携帯電話の対応を始め様々な環境で見る事が出来る環境を構築するのが先決ではと思います。

追伸
ココログがバージョンアップしましたが、どうやら本家の TypePad がバージョンアップし、ココログは新しいバージョンになっただけみたいです。CNETjapan の記事知りました。

シックス・アパート、TypePad 1.5日本語版でブログデザイン機能強化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 6日

毎日新聞 MSN

ネット上で多くの新聞媒体が情報を公開して頂いております。
その中で個人的によく読んでいるのは毎日新聞です。IT関連の記事も多いと思います。

毎日新聞 MSN

ただ、MSN と提携してから過去記事が2ヶ月間しか読めなくなりました。以前はそのようなことが無かっただけにとても残念です。

毎日新聞の記事で特に気に入っているのが、「トラブルたずねて三千里」です。同業として思いは同じです。「トラブルたずねて三千里」は長いことで今回連載192回目で、以前は過去ログを全て公開していましたがとても残念に思います。企業の思惑も分かりますが、「トラブルたずねて三千里」の過去記事が読めなかったのがショックでした。書籍化しないかな~ぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日

Sarah Brightman

実は以前から気になっていたアーティストがいました。

Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)
初めて知ったのは、ニュースステーションのオープニングで曲が使われていたときでした。

ある種のショックを感じました。
気になっていましたが初めてCDを聞いてみました。

聞いてみたCDは
Dive
Time to Say Goodbye
La Luna

全般的に、ソプラノ歌手ということでクラシック調の曲が多いように思います。個人的にはポップな物が好みなんですが、クラシック調な作品も、普段クラシックを余り耳にすること無い人がクラシックに馴染みを持つきっかけになると思います。

また、多くのテレビCMで利用されているようで、聞き覚えのある曲も多いと思います。
個人的には、ニュースステーションのオープニングで使われていた曲が気になります。

以下参考資料

サラ・ブライトマンオフィシャルサイト

Sarah Brightman

アマゾン サラ・ブライトマン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 4日

ブログって何?

今更なんですが、ブログって何?ホームページ?ホームページを利用した日記のような物?
ブログって、ホームページを構築するツールの総称が正解だと思っていますが、多くは利用者の側面でとらえていると思います。

毎日新聞(msn)で
ブログ:今さら聞けない基礎知識

が参考になると思います。ご紹介しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日

ホームページの品質

ホームページの品質ついて書いてみたいと思います。
以前も同じようなことを書いた記憶が有りますが、最近ホームページを納品して考えることが有りました。

ホームページに求める、品質とはなんでしようか。
デザインは当然だと思いますが、デザイン以外に大きな要因が有ります。最近はユーザビリティを要求されます。デザインに関してはデザインを追及してしまうと全て画像もしくは、フラッシュになってしまいます。画像なら、今までのグラフィックデザイナーに取って一番簡単です。でも全て画像だけでユーザビリティは確保は出来ません。

また、最近はホームページは誰でも簡単に出来るので、社員の方が片手間に制作したり、制作費用を出したく無い為に社員に作らせているような場合が見受けられますが、デザインはもちろんユーザビリティも配慮されていません。

現在ホームページは会社、お店の顔になる物なのに何も配慮されてない物が多すぎると思います。
ホームページの制作を考えている場合、品質の観点からデザインだけで無く、ユーザビリティを始め、納品後のメンテナンスを含めて、ソースレベルの品質も要求されます。当然ならソースレベルの品質にも最近は気にして制作しています。是非とも業者とお話をする場合、見た目のインパクトだけに惑わされずに、ユーザビリティを始め、ソースまでの品質に気を使って頂きたいと思います。

また、ユーザビリティ、ソース等のお話をして別料金を求められるような場合、そのような業者に依頼するのはお勧めしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日

セカンドメール

パソコンのセットアップにお伺して、@nifty で2個目のメールアドレスを取得し、セカンドメールを設定しました。
nifty のメールに関しては資料を見なくとも行えますが、今回ハマリました。
どうしても pop サーバの認証が通りません。パスワード設定の際に何度かエラーが出て変更した為に、パスワードを間違ったのかと思いましたが、web メールには問題なくログイン出来ます。
時間は経過するのみで焦り、気分転換に他の作業を行ったりしましたが、やっぱり pop サーバーの認証が通りません。オプションでウィルスチェックを受けたので設定に間違いでも?

うん〜。
あ!、セカンドメールですので、pop サーバの設定は
pop.nifty.com では無く
mb*.nifty.com になります。
この事に気が付かず悩んでいました・・・・、まだまだ修業が足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日

納品

今日は2箇所に制作したデータ(web データ)を納品いたしました。一箇所は半年以上、あーでもない、こーでもないとやってきました。手間は余りかかっていませんでしたがとにかく長かったです。
もう一箇所は、一ヶ月間位の期間でしたが、一度作り直しが入り納期が厳しかったのですが、何とか作り直し結果喜んで頂けたと思います。時間が掛かったり、作り直しになったりしましたが、最終的にお客様に喜んで頂けるのは製作者冥利です。色々有っても、最終的にお客様が喜んで頂けるのが1番嬉しです。

さぁ、次の制作が待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »