« Wireless Mouse | トップページ | ファイルの分割 »

2005年4月11日

ETV 特集

9日土曜日の夜、何気なくチャンネルサーフィンしていたら、NHK 教育テレビの ETV 特集にチャンネルが止まった。普段から意識して ETV 特集は見ていませんが、何気なく見ていた番組が ETV 特集だった事が多いと思う。

今回の内容は「新”科楽”のススメ」でした。番組では「米村でんじろう」氏と、「古田貴之」氏が紹介されていました。2人とも教員では無く科学者になります。

「米村でんじろう」氏は各地を回り、科学の面白さを伝えています。
米村でんじろうサイエンスプロダクション
以前テレビで紹介されていた事が有り、科学は面白い物だと実験を通して体験させてくれます。子供だけで無く大人も楽しめると思います。

「古田貴之」氏は、子供の頃から鉄腕アトム、マジンガーZ 等に影響を受け、鉄腕アトム、マジンガー Z を作った博士に憧れロボット道にのめり込み、その後ご自身が中学生の頃の車イスでの生活を強いられ、人の約に立つロボットの開発に力を注いでいます。

未来ロボット技術研究センター  古田貴之さん - インタビュー - 環境goo

のインタビューで「古田貴之」氏の考え、実績が判ると思います。
未来ロボット技術研究センター furo

今の教育現場では、理科、数学が疎かになっており、「古田貴之」氏の元にロボットを作りたいと集まった若者が余りにも、数学が出来ずがく然とした。理系の学生で有りながら、理科、数学が苦手でだと・・・。

日常、私達の生活では理科、数学は必要しない事が多い為に、教育現場では疎かになりがちなのか、もしくは理科、数学を学んで何になると言う学生の思いが有るのかと思います。

「米村でんじろう」氏も「古田貴之」氏も、目的を実現する為のツールとして、理科、数学に限らず、学ぶ楽しさを伝えようとしていると思います。実際の教育現場は知りませんが、自分自身小中学校の勉強は余り面白いと思った記憶は有りません。「古田貴之」氏は高校に出向いて高価なロボット(morph3)を分解し、仕組みを学生に見せて説明したのはとても素晴らしい試みだと思います。学ぶ基本はやっぱりバラシからでしょ。

是非とも、小学生の頃から「科学」の面白さに気づかせてくれるような授業を行って頂き、子供達に学ぶ面白さを知って欲しいと思います。自分の場合 30 才になって Macintosh を入手してから初めて学ぶ面白さを知ったと思います。学ぶ面白さを知ったが遅いと思いませんが、もっと早く知りたかったと言うのが本音です。
また、社会に出た時に初めて学校で学んで来た事が如何に必要か痛感した記憶も思い出しました(^^;;;。

morph3 が欲しいなぁ〜。
morph3 の量産キットが発売しないかなぁ〜、出たら絶対に買いたいです(^^;;;。

そういえば、ココログで
fuRo ---未来ロボット技術研究センター と言う「古田貴之」氏所長をしている研究センターのブログが有りました。今回調べて初めてしりました。トラックバックをお送りしておきます。

追伸
日本科学未来館 にもぜひ行ってみたいと思いました。

|

« Wireless Mouse | トップページ | ファイルの分割 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/3654354

この記事へのトラックバック一覧です: ETV 特集:

« Wireless Mouse | トップページ | ファイルの分割 »