« 2.5inch HDD | トップページ | NIFTY-Serve »

2005年2月21日

Outlook Express

Outlook Express のデータバックアップは日常的に行っております。
PC が新しい物に変更した時や、PC をリカバリする際に Outlook Express データのバックアップを行います。以下に手順を示しておきます。環境は、Windows XP をイメージして記載しますが、基本は全て同じだと思います。

Outlook Express は Windows に標準のメーラーになり、バックアップ環境が貧弱です。Outlook なら簡単にバックアップを取れますが、Outlook Express ではアドレス帳、メールアカウント、メール本文と個別にバックアップを取る手順が必要です。

バックアップ手順

1,アドレス帳
ファイルメニューの、【エクスポート】から行います。その際に、ファイル形式を「テキスト ファイル(CSV)」にしてください。CSV にすることでデータの汎用性が出来ます。

2,メールアカウント
ルーツメニューの、【アカウント】から行います。メールタブを開き、バックアップを取りたいメールアカウントを選択し、「エクスポート」を選択

3,メール本文
基本的に、バックアップを取るメニューは準備されておらず、保存されているデータの在りかを確認し、データを保存します。データの保存を先を確認するには。
ツールメニューの、【オプション】から行います。メンテナンスタブを開き、「保存フォルダ(F)」ボタンをクリックすると、保存場所の小窓が開きデータ保存されているパスが表示されます。パスで表示されているフォルダをバックアップします。ちなみに、保存場所のフルダは不可視のフォルダになっていますので注意してください。

上記の手順で、Outlook Express のデータをバックアップすることが出来ます。

他にネット検索すればより詳しい解説のページが沢山あると思います。参考にしてください。

|

« 2.5inch HDD | トップページ | NIFTY-Serve »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/3019623

この記事へのトラックバック一覧です: Outlook Express:

« 2.5inch HDD | トップページ | NIFTY-Serve »