« ブログ考 | トップページ | ブログがもたらした物 »

2005年1月 5日

ブログの弊害

2004年はブログが普及し、ホームページ = ブログと言う風潮が見受けられます。ホームページをブログにと言う事は構わないのですが、情報検索の為に良く web 検索を利用する立場では、弊害も多く見受けられるます。

ブログは、プレーンな html と、CSS にて構成されている為に、検索エンジンにとてもヒットしやすくなっており、目的の情報を検索する場合、この頃はブログの記事が良くヒットします。実はこれが曲者なんです。正直な所ブログの情報の多くは、簡単な覚書き程度の物が多く中々目的の情報にたどり着けません。

また、ブログでは簡単にリンクが張れる為に、有る問題が発生して解決した場合、解決方法を自信のブログに記載するのでは無く、他のブログにリンクを張っている。そのリンク先も同じ問題を抱えて解決した報告が書かれていたりするのですが、具体的な解決方法は他にリンクが張れているだけと言う場合が多く、情報が薄まってしまっているケースが多い。きっとブログを書いているご本人は自分の問題解決の覚書き程度で書かれているので、ご本人様は問題無いのですが、検索を良く利用する立場とてはブログが普及する事で、情報が薄まってしまっているように思います。

正気な所、ブログは読み辛いと思う事も多々有ります。

次に、ブログの玩具と言うか、「こうさぎ」等の、JavaScript に設置に関して思うことが有ります。manabiBlog 自信「こうさぎ」は設置しておりますが、この手の JavaScript が多く設置されているとページの表示にとても時間が掛かってしまい、時にはブラウザが落ちてします事も有ります。正直な所、情報検索をしておりブログのリンクを追っている時は困り物だと思います。

ブログはわりと簡単に、色々な物が設置出来ます為に、せっかくプレーンな HTML と CSS で構成されているのも関わらず、多くの JavaScript が設置されてしまってはもったいないと思います。

せっかくのブログですので、もう少し見る方の配慮して頂ければと思います。
ブログの普及に伴い弊害も有ると理解して頂ければ幸いです。

|

« ブログ考 | トップページ | ブログがもたらした物 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/2478504

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの弊害:

« ブログ考 | トップページ | ブログがもたらした物 »