« 私は山本と申します。 | トップページ | KNOPPIX 3.4 »

2004年8月16日

廉価版Windows XP

IT media の記事にて

廉価版Windows XPに「価値なし」とGartner

先日発表になった廉価版 Windows XP Starter Edition に基づいた記事になります。
低価格版Windows XP、5カ国で導入へ

実際に、現物を見た事が無いので何とも言えませんが、プログラムの実行個数や開ける窓の数が制限されるような制限は利用者のスキルアップを妨げるような制限だと思います。
ただ、実際業務で有る特定のアプリケーションを利用されている方や、高齢の方は上記の制限有っても実際の利用それ程問題にならないかも知れませんが、少しまじめに PC を学ぼうとする人にはやはりこの制限は厳しい物が有るのではないでしょうか。

個人的には、各国ローカライズしていますので、マイクロソフトの全世界統一価格と言うのを見直して頂き、各国の物価に合わせた価格設定をし、Wibdoss の基本機能には制限を設けずユーザで今以上に子供や不慣れな方を対象にしたユーザ設定が出きるような仕組みにした方が良いと思います。

|

« 私は山本と申します。 | トップページ | KNOPPIX 3.4 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/1206704

この記事へのトラックバック一覧です: 廉価版Windows XP:

« 私は山本と申します。 | トップページ | KNOPPIX 3.4 »