« 世界史講義録 | トップページ | aDesigner »

2004年7月12日

まず先生から

ITmedia の記事で

小中高のIT教育、まず先生から

e-japan 構想の元、小中高学校でもハード面が充実してきたそうですが、機材を利用して子供達に教える事ができる先生が少ないとの事。
また、一部の PC のスキルが有る先生には負荷が掛かってしまうと言う内容の記事です。
何も、学校だけの問題ではないと思います。一般の会社でも多くの場合、PC に詳しい社員は業務以外に PC の事も関わっており、負荷になっているのが現実だと思います。

今まで、企業等で有ればハードウェア販売会社や、ソフト開発及び販売会社が一手に引き受けて自社製品を販売するセールスの一貫で、アドバイスもしくはコンサルティングを行ってきた所が殆どだと思います。まぁ、多くは高い買物をさせられていたいと思いますが・・・。

現実的には、公立の学校においては予算が無いと聞いておりますし、学校1校の意思で自由に判断ができないとも聞いており、上記の記事のような状況になっているのではないでしょうか。

ただ思うに、学校の先生はパソコンのエキスパートで有る必要はないと思います。
パソコンは単に道具として使えるようになって頂ければ十分だと思います。

記事を一部引用します。

「PCが得意な教員は各校に数人しかおらず、負担が大きい」(吉田さん)。“たまたま詳しかった”だけでPC関連機器の整備まで任される。不具合や故障時には頼られ、自分の仕事時間を削られるケースもある。「学校のIT担当教員になるのは“はずれくじ”を引いたと捉えられ、なり手がなかなかいない」(吉田さん)。

パソコンのメンテナンス、ネットワーク設定、ネットワークのメンテナンス、パソコンの活用方法、インターネットの利用、活用、問題点等の指摘、機材の選択、購入等は先生の仕事ではないと思います。

また、以下の一文も引用します。

 全教員がPCをある程度使いこなせるようになれば、こういった現状も解消するだろうと同協議会では期待している。

との意見は少し疑問を感じます。機器を使いこなすスキルと、設定等のスキルは別です。

予算が有れば、大手のベンダー・コンサルティングに依頼するのも良いと思います。もしくは IT 担当の職員も必要な時代になったのではないでしょうか。現実的には、大手ベンダー・コンサルティングに依頼するなり、選任の方を準備するには予算がかかると思いますので難しいと思います(だから先生を教育と言う発想になるのでは?)。

今は地域で活動しているパソコンやネットワークに関するサポートを本業としている企業・業者も多くもいると思います。地域に根差した活動をしている企業・業者を活用するのも時代の選択ではないでしょうか、特に柵のない企業・業者を選択するのがお客様の立場になって考えて頂けるのではと思います。

柵の無い業者とは、ハード、ソフト等の販売・斡旋して見返りを受取っていないとの事です。

と、パソコンやネットワークのサポートを本業にしている業者の立場としての意見です。
この投稿は当然希望的観測も含まれております。ご意見やご要望が有れば、コメント、トラックバック、メール等で。

|

« 世界史講義録 | トップページ | aDesigner »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

実際その通りで 入れ物ばかり充実しても それを指導する教師がその方面に疎いと言う事実 決められたカリキュラムの指導はパソコンサポーターなる派遣業者からの派遣社員にサポート(おんぶに抱っこ)で 何とか時間は消化している様子ですが その実 自分のPCの事すらわからない状態では ネットエチケット等 教えられるわけも無い。
自分がネットを使わないのに 教えられるわけが無いのです。反対に 少々聞きかじっては 必要以上に怖がって・・・。ネットは怖いものと教える。
子供らのほうが どんなに進歩しているか?チャットだネットゲームだ 掲示板だと。。話していても それがどんなものなのか経験していない教師には理解不能だから 注意の与えようもない。
親も教師も 子供と一緒になって勉強すべきだと思う。「何やわからないことやってるけどPC使って家の子ってすごいわぁ」で ほっておくから・・・取り返しのつかない事件が起きたりするのだと思う。
実際 小学校の購買に勤めていたときは PCのメンテナンスから 先生方の文書の不具合の直しなど 色々と便利に使っていただきましたが・・聞けば良いという感じで ご自分で苦労してあれこれやった挙句解らないから聞く と言うレベルではなく安易に やってもらおうみたいな意識が見られました。
自分で体験し 苦労して身につけなくては 何事も生きた教育はできないし 子供たちにおいていかれるのは間違いないですね。 1校に一人でも精しい方が居ればいいけど 居ないのが実情。 簡単な購買業務で雇われた私が同じ条件でPCサポートまでするのはいかがなものかと・・・職を辞してしまいましたが 辞めて10日ほどで職員室のPCは起動不能になったそうです。。。そんなになる前に ちょっと解る方が居たらと思う瞬間でした。

投稿: y_ume | 2004年7月12日 13時34分

こんにちは。
コメントをありがとうございます。

学校の先生も普通の人なんですね。単に教師を仕事にしているだけと言う感じがします。
また、ご自身で余り経験せず、聞きかじり程度の知識で物事を判断し、本質を知ろうとしない行為はとても危ないと思います。

何もご自身で危ない思いをしなくとも、専門の人をに頼って頂ければと思いますが、現実的に難しい面も有るんでしようね。

是非とも教育の現場に教師以外のエキスパートを受け入れて頂けると嬉しいと思います。

サイトも拝見いたしました。
XOOPS を利用するなんて、凄いですね(^^)。これからも頑張ってください。是非とも先生方も見習って欲しいですね。

投稿: maru | 2004年7月13日 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6981/951162

この記事へのトラックバック一覧です: まず先生から:

« 世界史講義録 | トップページ | aDesigner »